竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
首の具合はもう大丈夫です..
by isao1977k at 00:00
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 19:45
みんな見たことのあるお花..
by pc-jinko at 21:49
綺麗な花が沢山ですね。 ..
by isao1977k at 21:24
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:23
お誕生日おめでとうござい..
by isao1977k at 23:53
jinkoさま  小佐..
by pcnmitsuko at 21:05
あ~~!まさにこの通りの..
by pc-jinko at 00:17
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 23:51
あってよかったですね~。..
by isao1977k at 00:24
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング( 532 )
傘をさして
今日の山は 魚津の大平山(おおだいらやま)と濁谷山です。

朝は小雨だったので集合場所へ。
しかし雨足が強くなり、天候の回復は見込めないと判断し中止となる。

ほとんどの人は濁谷山(にごりだにやま)狙いだったようで、お帰りです。

このまま帰るには勿体ない!
同じ気持ちの3人は傘をさして登る事が出来る小佐波御前山へ。

 8:40 御前山駐車場を出発

途中、同じく中止となった他のグループが早々と下りて来るのに遭遇。
あ~~ら、声をかわす。(^O^)

我ら3人は急ぐ必要もないので、
のんびりとお喋りしながら山歩きを楽しむ。

帰りには "ぱんだぱんだ” でどっさりパンを買い息子宅へ届ける。

カツサンドを美味そうにペロッと食べてくれた。
a0104890_2012877.jpg

ババ満足な一日でした。

獅子ヶ鼻岩に這うように咲いていました。 君の名は?
a0104890_20321533.jpg

a0104890_20323793.jpg

ウツボグサとホタルブクロ
a0104890_20335079.jpg

ササユリ
a0104890_20341120.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2017-06-25 20:35 | 登山・ハイキング | Comments(1)
楽しみ色々
今日は山菜山行でした。

山の幸は、あとの始末を考えてほんの少しだけ。
あとは写真を撮ったり、景色を眺めたり、ラジオを聴いたり。

お山で、の~んびり過ごしてきました。(^v^)
a0104890_21103825.jpg

a0104890_2111111.jpg

a0104890_21111975.jpg

a0104890_21113656.jpg

a0104890_211149100.jpg

a0104890_21121921.jpg

a0104890_2112493.jpg

a0104890_21131043.jpg

a0104890_21132711.jpg

a0104890_21134441.jpg

ダートな道の奥には・・・・・。

面白かったです。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-06-22 21:21 | 登山・ハイキング | Comments(3)
軽めのトレーニング登山
旧大山町の高頭山(1210m)へ行ってきました。

熊野川の上流を目指し行き止まりの橋を渡った所に登山口があります。
(下山時に撮影)
a0104890_2132979.jpg

 8:10 登山口出発(390m) 
a0104890_2184137.jpg

 8:35 突然目の前にコンクリート建屋が出現 奥は導水管です。
a0104890_2193120.jpg

ここまでかなりの急登でしたよ。汗たらたら状態で休憩。
a0104890_2113360.jpg

中央奥の山が高頭山ではないかな?
a0104890_21181119.jpg

導水管に沿って進みますが、時には脇道に入ったりします。
a0104890_21261368.jpg

a0104890_21235259.jpg

 9:05 脇道に入る事3回。 登山道は導水管を渡り右へ。
a0104890_21375887.jpg

 9:10 分岐 左の斜面へ取り付きます。 直進は三枚滝へ。
a0104890_21403073.jpg

この斜面は急登のうえ鉄杭の頭が出ているのでつまづかないよう慎重に! 

 9:45 大きな切り株で休憩

ブナが見え始めました。
a0104890_222453.jpg

しばらくブナ林が続くので写真を撮りながら登ります。
a0104890_2231328.jpg

a0104890_2233068.jpg

10:45 登山道から左に少し入ると三角点
a0104890_22524992.jpg

10:50 山頂着 ブナに標識あり
a0104890_2285058.jpg

頂上はブナで囲まれているので展望はなし。 
小さな虫の歓迎(?)をを受けながらゆっくりと昼食。
a0104890_22113495.jpg

12:00 下山開始

12:40 大きな切り株で休憩
a0104890_22235122.jpg

13:15 導水管渡る
a0104890_22243453.jpg

脇道に入ったとたん蝶が数頭頭上を舞い踊っています! アサギマダラだ~(^v^)
a0104890_22282528.jpg

a0104890_2234167.jpg

嬉しい出会いでした。

13:50 登山口着
a0104890_2235755.jpg

標高差800m強は結構な運動になりましたが、暑かったなぁ!!! 
風がなかったので汗汗でした。 でも痩せないのだ。

帰路吉峰のお風呂で汗を流し、スッキリ気分で帰宅しました。
今日も充実した日を過ごす事が出来ました。(●^o^●)




[PR]
by pcnmitsuko | 2017-06-18 22:54 | 登山・ハイキング | Comments(0)
きらり/里山ハイキングⅢ
里山ハイキング6月の企画は大沢野の小佐波御前山です。

参加するにあたり少々悩みました。
馴染みの山であり、先月も単独で登っているからです。

しかし、楽しいお喋りに期待し人の輪を広げようと参加しました。

今日の参加者は49人です。

10:25 猿倉山の駐車場を出発
a0104890_21333165.jpg

目の前の階段を上ると猿倉山ですが、初っ端から階段は辛いです。
右へ舵取りし猿倉山は下山に通ります。
a0104890_2136065.jpg

東屋の前に出ました。
a0104890_21363218.jpg

10:35 ふるさと歩道から御前山へ向かいます。
a0104890_21374978.jpg

a0104890_21432673.jpg

11:30 御前山前の林道で大休憩
a0104890_21501921.jpg

ササユリ いつ見ても可愛いね。
a0104890_21545168.jpg

a0104890_2155175.jpg

ホタルブクロ
a0104890_21565459.jpg

11:50 小佐波御前山登山口 
a0104890_21592422.jpg

12:00 獅子ヶ鼻  獅子が谷を見下ろしているように見えるかな?
a0104890_2212156.jpg

a0104890_22222142.jpg

12:40 登山道右側には二等三角点
a0104890_22273770.jpg

左の奥には祠
a0104890_2228671.jpg

12:40 山頂広場 富山平野を眺めながら昼食
a0104890_22334171.jpg

a0104890_22345696.jpg

a0104890_22351583.jpg

13:40 下山開始

14:30 御前山まえ通過
a0104890_22443871.jpg

東屋の前で
a0104890_2250111.jpg

15:15 猿倉山 風の城
a0104890_2249207.jpg

富山平野、神通峡が一望できるビューポイント
a0104890_22514121.jpg

a0104890_22515715.jpg

15:20 駐車場着
a0104890_22532252.jpg

登山に慣れていない人もいたので隊列は長く
最後の人が下山するまでかなりの時間がかかりました。

でも、予定どおりの時間配分だったそうです。
しっかりとした計画を立てておられたのですね。

自分はと言えば、
初めての方ともお話が出来て輪を広げる事ができました~(^^♪

心地良い山歩きができて良かったです。。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-06-16 23:13 | 登山・ハイキング | Comments(2)
山日和
富山県と新潟県の県境に位置する今年の干支の山
白鳥山(1286.8m)に行ってきました。

 8:55 坂田峠にある登山口を出発(620m)
a0104890_22182536.jpg

いきなりの急登で、階段やハシゴやロープの登場です。
a0104890_2219962.jpg

金時坂らしいのですが何が金時なのかわかりません!
階段、ハシゴ、ロープは次々と現れ、標高差300mを登りきると

 9:50 金時の頭と思しき場所を通過 
a0104890_2311851.jpg

10:00 うっかり見過ごしてしまいそうだったシキワリの水場
a0104890_2246374.jpg
 
一旦雪渓に下りて直ぐに左に取り付くと斜面にシラネアオイが。
a0104890_2251432.jpg

a0104890_22512711.jpg

a0104890_225141100.jpg

お花の種類が多いので、名前の言い合いっこをしながら楽しく進みます。
写真は面倒になり肉眼に収めてきました。

カタクリの多いのには驚きましたよ~!
a0104890_23102028.jpg

a0104890_23103567.jpg

11:20 山姥道と合流

11:35 白鳥小屋の建つ山頂に到着
a0104890_2316344.jpg

登山道からは山々がスッキリくっきりと見えていたのに、
山頂では雲が下りてしまいました。

あぁ途中で写しておけばよかった!(>_<)

仕方がないので今まで上った事がなかった小屋の屋根に上り憂さ晴らし!
a0104890_2325384.jpg

青梅黒姫山と青梅の街
a0104890_23261335.jpg

12:20 下山

13:40 シキワリの水場

13:50 往きに確認出来なかった金時の頭はここかな?
a0104890_23372291.jpg

さぁ金時坂ですよ。気をつけて下りましょう。
a0104890_2340589.jpg

14:35 坂田峠着

今日の風は爽やかで心地良く登山日和でしたが、
期待した山の写真が撮れなかったので昨年の4月に登った記録を
載せておきます。

H.16.4.30 白鳥山の記録←ここをクリック
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-06-11 23:55 | 登山・ハイキング | Comments(0)
籔歩き
久しぶりに籔こぎしてきました。
しかも撤退というおまけ付きです!

細入村の洞山(8318m)は積雪時に登る山だと思っていたのに
こんな時期とはなぁ・・・・。

もしかして登山道が整備された? 
いやいや、籔こぎは必至だろうと覚悟しての参加です。

的中しましたよ~!!!

41号線を南下して庵谷集落の日枝神社先の簡易水道建物の前に
登山口があります。

先ずは念入りに準備体操。
a0104890_21143763.jpg

 9:35 出発 
a0104890_21155935.jpg

歩き始めてすぐにしっかりと枝打ちされた杉林
a0104890_21153364.jpg

お花を眺めながら順調に登って行きます。

ナルコユリ?
a0104890_21301974.jpg

ウラジロヨウラク
a0104890_21304574.jpg

400メートル付近の鉄塔跡で休憩。 神通川流域と小佐波御前山。 
a0104890_21333652.jpg

目指すは前方の鉄塔と反射板。
a0104890_2137190.jpg

このまま登り続けるのかと思いきや林道に出ました。
林道を左に少し下がった右斜面に取り付き口があります。

10:25 取り付き
a0104890_21501753.jpg

ロープと階段の急登
a0104890_21484714.jpg

カンアオイの地味~なお花が沢山ありました。 
チョッと前はギフチョウが舞い踊っていたのだろうなぁ。
a0104890_21535079.jpg

10:35 鉄塔と反射板 
a0104890_2157478.jpg

正面は洞山のようです。 
行く手に何が待ち構えているかも知らず先を急ぎます。
a0104890_2224246.jpg

この辺りまでは鉄塔の工事車両が入った気配はあるのですが、
登山道は分かりずらいですよ。

10:45 杉林が現れ、右側に赤いテープを見つけました。
a0104890_226656.jpg

とんでもない所に突入です! しかし道間違いではなさそうです。

踏み跡があるようなないような・・・。
微かに刈った跡があるので、泳ぐように前へ前へと進みます。
a0104890_22124953.jpg

a0104890_221371.jpg

11:15 撤退!!!
a0104890_22134585.jpg

籔の中は登りよりも下りの方が道迷いし易いので要注意です。
前と間隔を空けないように声を掛け合って下りました。

11:40~12:20 展望の良い所で昼食

12:25 鉄塔と反射板通過

12:35 林道横断
a0104890_22231268.jpg

何回も目にした美しい眺めです。
a0104890_22251486.jpg

13:05 簡易水道前の登山口着

やっぱり積雪時に登るお山でした。
頂上は踏めませんでしたが、籔歩きの訓練だと思えばそれなりの
成果は有ったかな?

下山後、楽今日館で汗を流して帰りました。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-28 22:41 | 登山・ハイキング | Comments(2)
再び
2週間前に登った搭倉山へ間をおかずにまた行ってきました。
メンバーも違えば登山口も違います。


前回は目桑(めっか)登山口から登りましたが、今回は長倉登山口から入山します。
a0104890_21303328.jpg

 9:20 長倉登山口出発
a0104890_21305239.jpg

 9:55 600m地点 双嶺会の石柱あり
a0104890_2133256.jpg

塔倉山は、白岩川上流にある山で、双嶺山の会が中心となって
登山道を整備なさったそうです。

10:10 670m地点 展望が良い
a0104890_21462965.jpg

10:20 目桑登山口と合流地点

10:30~11:40 山頂  東峰往復(15分)  昼食

素晴らしい景色が広がっています。(山の写真は拡大します)

剱岳 大日岳 大辻山
a0104890_22155794.jpg

鍬崎山をズーム
a0104890_22162463.jpg

毛勝三山 高峰山
a0104890_2284984.jpg

東峰から剱岳 大日岳 立山
a0104890_229867.jpg

絶景を眺めながらの昼食は贅沢だよ!

11:40 下山

12:00 600m地点
a0104890_22241174.jpg

12:30 登山口着

このあと前回と同じく池田城跡に寄って帰りました。

登山道で見つけたササバギンランです。
a0104890_22263692.jpg

他にシライトソウとカンアオイの地味~なお花もありました。
a0104890_22584462.gif

暑くなりそうだったので、それを見越して夏仕様の服装で出かけたのですが、
(ブラの上にファイントラックの薄~~い吸汗速乾性のシャツ1枚)
効果ありましたよ。

異常な程の汗かきなのに、我慢できましたもの。

珍しく懸命な選択に気分の良い事!

昨日の運動会は、暑くて山登りよりも疲れたからなぁ。

その疲れを払拭できた山歩きでした。(^v^)
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-21 23:02 | 登山・ハイキング | Comments(0)
里山ハイキング つづき
12:15 ここは龍が峰城跡公園の入り口です。
a0104890_17123838.jpg

ジグザクの階段を上りきると、あ~ら展望の良い事!

皆さんはお昼なので場所取りに向かわれますが、
自分は予想外の展望に嬉しくなり写真撮影です。

医王山の奥に雪をかぶった白山 (写真数枚はクリックで拡大します)
a0104890_17182231.jpg

左に目を移せば中央に・・・・あぁどこの山かわからない!
a0104890_17254531.jpg

さらに左には富山方面のお山が
a0104890_1726585.jpg

左端のお山はカールがあるので薬師岳のような気がするのだが・・・
中央は笠ケ岳?  あぁ、同定出来ない!
全く違っていたら・・・恥ずかしいなぁ。
どなたかスッキリさせてもらえませんかね。

皆さんより遅れをとりましたが東屋の席を空けてもらい
愉しく食事が出来ました。 嬉しいねぇ。 
a0104890_1941145.jpg

東屋の傍に四等三角点もあります。
a0104890_19423188.jpg

反対側は内灘や日本海ですがよく見えます。
a0104890_19454089.jpg

龍ケ峰城跡は
a0104890_19472590.jpg

a0104890_1947444.jpg

ですってさ。 (^_-)

13:20 タイムリミット これ以上先に進めません。 戻りま~す。。 

北陸道を挟んで公園の向かい側にはトイレと休みどころがあります。
そこから龍ケ峰山頂を見上げると、今居たばかりの東屋が見えます。
a0104890_2093281.jpg

13:55 北陸道入り口まで戻ってきました。
a0104890_20131221.jpg

雰囲気のある道なので、
がさつな自分でもチョッピリ歴史に触れたような気分になりました。

14:20 道の駅倶利伽羅着 
a0104890_20492981.jpg

登山スタイルの我らを観て、バスツアーの団体客から
どちらの山へ行って来られたの?と尋ねられたとか。

あっちゃ~お恥ずかしい。

でも、これが我が里山ハイキングのスタイルなのです。
健康で長生きするために自然と対峙しながらみんなで歩きましょう。

14:45 道の駅出発 
a0104890_20362514.gif

2回の参加で感じた事

参加者が多いのでバスをチャーターしています。
駐車場、トイレ (女性が多い!!!) の確保は絶対条件です。

企画段階で既に行事が制限されてしまうのです。

お世話役は大変だなぁと思います。。

お世話役のご苦労に報いるよう愉しいハイキングをしましょう。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-20 20:49 | 登山・ハイキング | Comments(0)
きらり/里山ハイキングⅡ
きらり主催・里山ハイキングの2回目です。

事前の案内では「西之坊鳳凰殿方面 石川県津幡市 道の駅近く」
となっていました。

これは旧北陸道を歩くに違いない。 しめたぞ!

旧北陸道は石川県津幡町と富山県小矢部市にまたがる
倶利伽羅峠」を越える歴史国道です。

小矢部側から不動寺までは何回も歩いていますが、
反対側は初めてなので喜んで参加しました。

歩く前に道の駅裏にある西之坊鳳凰殿の見学です。
a0104890_2217257.jpg

a0104890_22194667.jpg

裏山の古墳には金きら金の大日如来像。 まぶしくて近寄りがたいなぁ。
a0104890_2214915.jpg

11:00 鳳凰殿の横から出発します。
a0104890_22284179.jpg

お行儀よく隊列を組んで進みますよ。
a0104890_22295879.jpg

ぼちぼち崩れ始めました。 56人も居りゃこんなもんですね。
a0104890_22302884.jpg

11:30 旧北陸道の入り口です。 雰囲気あるなぁ。
a0104890_223214.jpg

おっ、可愛いお花。 ムラサキサギゴケ
a0104890_22364349.jpg

オーレンの実
a0104890_2237872.jpg

11:35 休憩 この石の造り物は何だ? 理解に苦しむ。
a0104890_22453553.jpg

シライトソウ
a0104890_22524368.jpg

12:15 何処かしら。
a0104890_22572472.jpg


眠くなってきました。 明日は孫の運動会です。
つづきは明日の夜になります。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-19 23:08 | 登山・ハイキング | Comments(2)
移動しながら
総勢31名、車7台に分乗して立山町の里山など
4ヶ所を歩いてきました。
 
①池田城址 375m 立山町池田
  
 9:05 立山町役場を出発 

 9:35 入り口 (林道に車を停め空身で)
a0104890_21125465.jpg

山城に相応しく、結構な急登を登っていくと開けた場所へ出ます。

 9:55~10:05 主郭のあった所で、わずか20分で到達しました。
a0104890_2133993.jpg

池田城址は立山町指定文化財の史跡だそうです。
a0104890_2136120.jpg

池田城は越中の武将が築いたお城で、
見る人が見ればその造りは1級の城郭だそうです。

地元の人たちによって大事に守られているなと感じました。

下りは滑るので慎重に下ります。

10:25 次へ移動。 

②搭倉山 726.5m

11:10 搭倉山 目桑(めっか)登山口出発
a0104890_2202645.jpg

11:47 長倉登山口と合流

11:53 搭倉山山頂(西峰)着
a0104890_223653100.jpg

展望が開けているのですが、如何せん黄砂の影響かぼやっとしています。
a0104890_22591010.jpg

a0104890_22592480.jpg

a0104890_11214888.jpg

西峰から一旦下って登り返すと東峰です。 往復15分ぐらいで行けます。

東峰の山頂は展望が利かないと聞いていましたが、
なんのなんの大辻山がデーンと目の前に。 おらが天下だよ!
a0104890_233347.jpg

12:50 下山

13:25 次へ移動

③岩室の滝 落差24m 滝壺の直径10m 水深5m

13:50 滝の入り口
a0104890_2318333.jpg

a0104890_23191596.jpg

OH! なかなかのものですぞ。
a0104890_23202333.jpg

名前の由来となった滝壺右側の横穴。
a0104890_23215711.jpg

14:10 移動

14:20 大観峯 自然公園 標高325m キャンプ場あり
a0104890_2328355.jpg

昔はにぎわっていたのだろうなぁ。 今は・・・・ね。

15:00 立山町役場着

ゴールデンウィークの最終日。
健康で暇な中高年は、仲間と一緒に楽しい日を過ごしましたとさ。
笑顔笑顔の一日でした~☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-07 23:37 | 登山・ハイキング | Comments(0)