竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 20:45
見た目鰻に見えるかもしれ..
by isao1977k at 00:01
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:29
わたしにも来ました!記念..
by pc-jinko at 00:59
メールや郵便で時々届きま..
by isao1977k at 23:39
jinkoさま  三角..
by pcnmitsuko at 22:25
楽そうな山に見えますが実..
by pc-jinko at 01:14
jinkoさま  ji..
by pcnmitsuko at 11:17
うちも風呂に入る時は行っ..
by pc-jinko at 19:57
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 19:42
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング ( 487 )
再び
二週間前に登った高頭山へ、再度行ってきました。

週末の東北遠征の足慣らしと、
前回撮ったツチアケビの写真が余りにもボケボケだったので
汚名返上を兼ねてです。(これでも一番良い写真ですよ)
a0104890_2044292.jpg


a0104890_21204428.gif

今日は、登り2時間  山頂で25分 下り1時間50分でした。

下りに時間がかかったのは、
非常に滑り易かったのと、一服も二服もしての~んびりしていたからです。

青葉目にしむ楽しい山行でした。
a0104890_20572139.gif


ところで、例の写真はそこそこ撮れました。
見た事ありますか? 異様な雰囲気で一本だけヌッと立っているのです。
a0104890_2049782.jpg

ツチアケビの蕾です。秋にはソーセージのような果実がぶら下がるそうです。
見たいような見たくない様な・・・。
a0104890_20492192.jpg


a0104890_21225745.gif

帰りには道路沿いにある播隆上人の生家跡に寄りました。
a0104890_21312417.jpg

a0104890_21315663.jpg

a0104890_21322335.jpg

ですって。

天気は徐々に回復し、良い足慣らしになりました~♪
a0104890_21421872.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2016-06-26 21:36 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
おまけ付きの富山の百山
今日のお山は、上市町の高峰山(957・7m)です。 が、
その前に三角山(538m)と釜池に寄ります。

7:30 上市町役場出発

8:05 東種から骨原に入り三角山の登山口へ。
    頂上は直ぐそこなので、空身で行きます。
a0104890_2133628.jpg

8:13 山頂着 本当に直ぐそこでした。
毛勝連山から剱岳展望  大倉山や千石城山も見えます。
a0104890_1940292.jpg

北側に目を移すと、種集落と峠山~ハゲ山の山並みが見えます。
a0104890_17597.jpg

長閑ですね~。 何故かほっとした気分になります。
ほっとしたところで下山し、高峰山へ移動します。

8:56 駐車地点から林道を進むと、直ぐに分岐があります。
    先ずは右の釜池へ行きましょう。
a0104890_2101559.jpg

8:59 林道をわずかに歩くと、左側に釜池への道があります。
    何の表示もないので、分かる人でないと分かりませんよ。
a0104890_17174192.jpg

9:20 釜池着   かっては重要な用水だったのでしょうが、
           今は整備されていないようです。
a0104890_17184096.jpg

a0104890_1718526.jpg

9:40 林道に戻り休憩。
a0104890_1954484.jpg

9:48 分岐に戻り高峰山に向かいます。
a0104890_19541825.jpg

9:52 前方に盛りを過ぎたお花のようなものが沢山見えます。
a0104890_203378.jpg

あれまぁ! モリアオガエルの泡々卵です。
a0104890_21365195.jpg
 
その数たるや半端じゃありません!!!
沼を囲む木々に、これでもかこれでもかと生み付けているのです。
驚きの光景でした。

10:00 高峰山登山口
a0104890_2017968.jpg

10:17 遭難碑    休憩
     (昭和35年3月に、高校生2名が遭難したそうです)
a0104890_20174118.jpg
 
尾根道の登山道から毛勝連山・剱岳・大日岳が展望できます。
a0104890_2021665.jpg
  
ブナ林は気持ちが良いですね。
a0104890_2022587.jpg
 
見上げれば夏椿の可愛い花も。
a0104890_202522100.jpg
 
10:50 山頂着
a0104890_20275455.jpg

そのまま奥に進むと大辻山
a0104890_2034444.jpg

もっと奥に進むと、薬師岳・鍬崎山と三座揃い踏み
a0104890_20373888.jpg

東には剱岳・大日岳
a0104890_20382332.jpg

二等三角点もありました。

11:45 下山開始

12:23 登山口
a0104890_2142191.jpg

今日は3ヶ所も回って、楽しみながら歩く事が出来ました。
夏山に向けて着実に体力を付けていこう!

登山道にたくさん咲いていたツルアリドウシ
a0104890_21182124.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2016-06-19 21:22 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
富山の百山巡り
富山の百山の一つ、
高頭山(たかずこやま1210m 大山町)へ行ってきました。

熊野川(神通川の支流)を渡った所が駐車場です。(下山時に撮影)
a0104890_2053110.jpg

8:05 あの鉄塔の脇を通ります。
a0104890_1958772.jpg

初っ端から杉林の急登を歩くので汗が噴き出します。暑いよ~!

8:33 導水管に出合う。
a0104890_2173332.jpg

ここからしばらくは導水管に沿って登りますが、
左へ大きくカーブして直線に入ると前方にお山が見えます。
a0104890_21124425.jpg

中央奥に見えるのが高頭山ではないかと思うのですが・・・。
a0104890_21112182.jpg

導水管には階段があります。 しかし階段は足の負担が大きいので、
左手の草道へ入ったり出たりと2回繰り返します。
a0104890_2120055.jpg

8:50 導水管の上の建造物が見えるところで大休憩した後、
    右側に渡ります。
a0104890_2137370.jpg

9:02 導水管を離れ山道を3~4分歩くと三枚滝との分岐です。
     左の登山道を登っていきます。
a0104890_21405957.jpg

ここからが本格的な登山です。

9:40 立山杉の大きな切り株のある場所で休憩。
a0104890_21511128.jpg

10:15 ブナ林の中で休憩。
a0104890_21512525.jpg

10:43 登山道の右に少し入った処に二等三角点。
     お触り自由とか。
a0104890_21571816.jpg

10:44 山頂到着  ゆっくり登って2時間40分です。
a0104890_2204646.jpg

ブナ林が広がる山頂です。
a0104890_225445.jpg

11:30 下山開始

12:09 切株でチョッと休憩
a0104890_229149.jpg

12:30 分岐で三枚滝へ向かいます。

12:50 行き止まりのようですが、滝あった?
a0104890_22102589.jpg

戻りま~す。2~3分戻ると谷底に滝らしきもの発見! これか~★
a0104890_22153393.jpg

この辺りから分岐に戻るまでは、訳あって自由行動です。

13:25 皆さん揃ったところでLet’s Go!

13:33 カモシカさんに見送られ、足取りも軽やか~。
a0104890_2246124.jpg

13:57 登山口着 結構登り甲斐がありました。

登山口のある河内村(廃村)は、
槍ケ岳を開山した播隆上人生誕の地です。記念碑があるのですが、
今回は何故かスルーしてしまい残念でした。

機会があればトレーニングがてら行ってもいいかな。
a0104890_2318620.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2016-06-12 23:13 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
遠征Ⅲ 地元愛
下八石山の山頂には、2棟の建物が建っています。
a0104890_21574634.jpg

2棟とも太陽光発電で無料開放され、驚くほどに充実しています。

やまぼうし
a0104890_22669.jpg

食器や救急箱まで置いてあり、2階には寝具らしきものもあるので
普通に生活できるのではと勘違いするほどです。

豆の木小屋
a0104890_2213246.jpg

目の前のガスコンロとやかんに優しさが漂っています。
ロフトもあり洒落た感じがします。

小屋だけではありません。
登山道も良く整備され、それが全てボランティアの協力に
よるものだそうです。

八石山に多くの人に訪れてもらいたい。
気持ち良く登山をしてほしいという想い。
そんな優しい気持ちを充分に感じたお山でした。

気持ち良く登りましたよ~☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-06-05 22:50 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
遠征Ⅱ
新富観光の中型バスをチャーターしての遠征なので
速やかに移動できます。

八石山の登山ルートは数多くありますが、
昨年と同じ南条(みなみじょう)登山口から峰コース経由で
下八石山(南条八石513.8m)、中八石山(518m)へと登ります。

12:30 広い駐車場から直ぐに登山口へ。
a0104890_2032283.jpg

a0104890_20335100.jpg

12:47 上の林道登山口で、登山道整備用の砕石を袋に詰め
     上へ運びます。 小さなお手伝いです。
a0104890_20102496.jpg

a0104890_20103649.jpg

13:02 峰コースと沢コース・三ツ小沢分岐  峰コースを選択
a0104890_20181151.jpg

13:10 米山展望
a0104890_20182742.jpg

13:20 峰コースから沢コースへ行く分岐

13:30 辛抱の登りですが、柏崎市街の眺めにほっと一息。
a0104890_20191931.jpg

a0104890_20244513.jpg

13:40 下八石山山頂
a0104890_2025717.jpg

広い山頂には、地元愛溢れる小屋2棟と祠と二等三角点があります。

ここで、ほとんどの人は中八石山を目指しますが、
若干名は三ツ小沢コースを下りる事にして、ゆっくりと寛ぎます。

南方向には中八石山と登ったばかりの刈羽黒姫山
奥には薄っすらと苗場山が見えましたが、写真では残念です。
a0104890_20545881.jpg

a0104890_20551729.jpg

反対方向には、原発とたぶん弥彦山ではないかと思われます。
a0104890_2104935.jpg

a0104890_2111070.jpg

14:25 中八石隊と別行動となるので、時間調整しながら下山します。 

14:40 赤尾八石山(474m)
a0104890_2182669.jpg

展望台では若者が宴会をしています。
若者と話をすると、若返ったような錯覚を覚え自然と声が弾みます。

展望台から越後三山( 駒ケ岳・中ノ岳・八海山)
a0104890_21141641.jpg

14:58 見晴観音
a0104890_21154227.jpg

15:18 駐車場へ早く下りてもつまらないので、
     分岐でゆっくりとお喋りをしていると中八石隊が下りてきました。
a0104890_21272786.jpg

15:35 共に下山します。

15:56 登山口着 

今回は首への負担を考えて、のんびり登山を心がけました。
必死登山に比べ余裕があるので、山の景色も違って見えました。

今後の取り組み方を示唆されたような気がします。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-06-05 22:45 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
遠征
刈羽三山とは新潟県柏崎市にある
米山、刈羽(かりわ)黒姫山、八石山(はちこくさん)の三つの山の総称です。

昨年の4月、米山と下八石山へ登っているので
昨日は刈羽黒姫山と中八石山へ行ってきました。

6:00 富山を出発し先ずは刈羽黒姫山へ。

8:50 磯之辺登山口(一番短時間で登れるコース)。
a0104890_23221344.jpg

直ぐにトイレつきの広場があり用を済ませてから登り始めます。

9:00 登山開始

9:23 結構な勾配の階段が続く上、
    樹林帯なので暑くて暑くて汗が滴り落ちます。
a0104890_23353083.jpg

9:26 5合目辺りまでは我慢の登りが続きます。 ここで休憩
a0104890_2346910.jpg

9:42 グリーシャワーは気持ちが良いですね~☆
a0104890_23501278.jpg

9:57 9合目の鵜川神社前の広場 皆さんそわそわしています。
a0104890_23571463.jpg

休憩かと思いきや、異様な動きも気になります。
a0104890_23542367.jpg

10:00 その辺で切り上げて頂上へ行きましょうね。

10:10 山頂着 
a0104890_061276.jpg

山が何段にも重なって見えます。
鮮明には見えませんが、八海山や苗場山、妙高・火打の方まで見えました。
a0104890_094253.jpg

下の広場へ下りて昼食

11:00 下山開始

11:35 トイレのある広場着
a0104890_0135952.jpg

ギンリョウソウ
a0104890_026652.jpg

ヒメシャガ
a0104890_0263357.jpg

登りの前半は暑さとの闘い、
後半はグリーシャワーに癒され、春の恵みに大いに心騒いだのでした。
遠征に来てまでお土産ゲットとは嬉しいですね。

気分の良い所で八石山へ移動しましょう。

つづく



 
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-06-05 00:41 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
体力作りにはもってこいの山
無積雪時での大倉山(1443・2m 上市町)は初めてです。

参加者30名・大部隊です。10名づつ3班に分けて登る。
前の班とは3~4分の間隔を開けて進む。自分は最後の3班です。

8:30 登山口出発(標高595m)

駐車地点の奥を5mほど進むと左側に登山口
a0104890_22385997.jpg

a0104890_22392077.jpg

いきなりの急登が1000メートル近くまで続く

9:37 1000m
a0104890_22455059.jpg

11:08 大倉山山頂 三等三角点と祠
a0104890_22543330.jpg

もう少し奥へ進むと、剱岳 雄山 奥大日岳 大日岳
a0104890_22492158.jpg

籔に拒まれこれ以上進めず 山を眺めながら昼食とする
a0104890_2310187.jpg


12:00 下山開始 滑らない様にゆっくりと

13:50 登山口着

展望は期待していませんでしたが、
剱岳から雄山・大日岳が目視出来ただけでもラッキーでした。

展望はさておき、1000メートルまでは急登が続くので
トレーニング効果は絶大でしたが、その急登もススタケ狙いで
ゆっくり登ったので、それほど苦にもならず今日も楽しいお山でした~♪

タムシバ ひかり輝き美しかった~
a0104890_23255410.jpg

a0104890_23263345.jpg

ムラサキヤシオ
a0104890_23271389.jpg

コヨウラクツツジ 果実のようなお花 (初めて教えてもらいました)
a0104890_23363879.jpg


2013年 積雪時の大倉山←クリック
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-05-22 23:58 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(1)
食材確保
明日の宵祭りの食材がゲットできるのでは? と、
淡~い期待を背負ってのお山です。

8:53 出発
a0104890_17574145.jpg

a0104890_1758444.jpg

9:11 御前山登山道入り口
a0104890_17584781.jpg

左方向を見ると、あれは剱岳だね。
a0104890_19185965.jpg

9:20 毛勝三山 剱岳 立山 竜王岳
a0104890_19174319.jpg

鍬崎山や薬師岳も見えたのに・・・パノラマ機能が欲しいなぁ。

10:05~10:15 御前山で一服
a0104890_19241276.jpg

10:28 小佐波御前山の登山口  (林道終点)
a0104890_19322336.jpg

10:35 獅子ヶ鼻  いつ眺めても絵になるなぁ。
a0104890_19304785.jpg

a0104890_19323831.jpg

11:14 登山道を挟んで右に二等三角点 
a0104890_19362411.jpg

左に祠
a0104890_19364654.jpg

広場を素通り、避難小屋も素通りして展望台へ

11:25 展望台 立山が正面に輝いています。
a0104890_19474576.jpg

積雪時にはもっと広く見えるのになぁ。

11:30~12:07 広場へ戻り昼食
a0104890_2013341.jpg

12:37 小佐波御前山登山口

12:50 御前山入り口

13:22 御前山登山口

風の城を通らず手前で樹林帯へ入り、
探し物をしながら階段の下へ出ました。

13:49 無事下山
a0104890_208157.jpg


ほど良い運動は出来たし、ほどほどの食材は確保出来たし、
めでたし・めでた~し。

一足早い祭り気分です。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-05-13 20:22 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
春の里山
5月1日 

5月最初の歩きは、誰でも気軽に登る事が出来る
尖山(559m)と吉峰山(370m)です。
      
8:40 横江の駐車場を出発

集落を抜け橋を渡るとショートカットの近道があります。
a0104890_2395861.jpg

8:57 夏椿峠登山口から入山し、峠経由で山頂へ。

新緑は気持ちが安らぎますねぇ。
a0104890_23134499.jpg

9:28~9:34 夏椿峠で一休みして次に備えましょう。

登山道は歩き易かったこれまでとは一変し、直登の急登となります。
しかも滑り易いのでよじ登る感じです。

9:50 通常の登山道に出ました。 
a0104890_23131716.jpg

9:55 山頂着  
 山は霞んでいましたが、看板を頼りに山座同定。
a0104890_23201795.jpg

10:15 下山 沢沿いを下ります。
a0104890_23211815.jpg

滝の音を聞きながら足取りも快調快調!
a0104890_2322123.jpg

11:15 駐車場着

次の目的地、グリーンパーク吉峰に移動します。
a0104890_034317.gif

皆さんお腹が空いてきたようなので、とりあえず憩いの広場へ。
11:40~12:20 藤棚の下で昼食。
12:55~13:05 アーバンタワー
a0104890_013740.jpg

13:26~13:36 展望台
14:55 解散

のんびりとお喋りしながら、お花を愛でながら
心地良い散策でした。 楽しかった。

では、お花を少々。

オオデマリ
a0104890_0301146.jpg

ミツガシワ
a0104890_0262386.jpg

イエロースカンク(黄色いミズバショウ)
a0104890_0282019.jpg

ハンカチノキ
a0104890_0274181.jpg

フジ(尖山の林道で)
a0104890_0425068.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2016-05-03 00:43 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
不安を払拭
昨日のお山は天候が今一だったので、
今日に順延となりました。

春の彷徨と違い今回は一応登山です。
痛みが出ないかなぁ。
迷惑をかける事にならないかなぁ。と、
不安が先に立ち、夜は眠る事が出来ませんでした。

しかしスローペースだったので、
体に優しく無理なく歩く事が出来ました。良かったぁ。(^v^)

今日のお山は、新潟県との県境にある白鳥山(1287m)です。

7:55 坂田峠の駐車場を出発(標高600m)山も春めいてきました。
a0104890_22332736.jpg

直ぐに登山口ですが、のっけから急登(金時坂)が始まります。
a0104890_22364431.jpg

900m辺りまでは辛抱の登りです。

1時間ほどで急登を登り終えると残雪の上に出ます。
ここからはアップダウンを繰り返しますが、
お山が一緒なので退屈はしません。

おっ、見慣れた山容に心ときめきます。
左の山は青海黒姫山。そして海谷三山に頸城の山々では?
a0104890_22591786.jpg

a0104890_23183565.jpg

ズーム
a0104890_23184811.jpg

右奥に山頂小屋が見えます。
a0104890_2325302.jpg

小屋が見え始めて1時間ほど経ちます。
急登は辛いけど高度が稼げるのに、小さなアップダウンは
距離が長いです。なかなか頂上に辿りつきません。

一生懸命歩いているのですよ。
a0104890_2333628.jpg

10:30 山頂着  自分なりの山座同定。
a0104890_23482435.jpg

右に目を向けると、中央右に何やらアピールするものが。
a0104890_23493622.jpg

ズーム 剱さまじゃありませんか。 初雪山もどっしりと立派。
a0104890_23503885.jpg

お山の名前は自己満足の域をでませんので、
違っていたらごめんなさい。

11:15 山頂を後にして下山開始。

残雪もありましたが、山は芽吹きが進み優しく微笑んでいます。
a0104890_063670.jpg

13:00 坂田峠着

心配したほど体に負担がかからなかったので、
ほっとしています。 良かった~(^^♪

マンサク
a0104890_011316.jpg

イワナシ
a0104890_014448.jpg

カタクリ
a0104890_03312.jpg

イワウチワ
a0104890_032161.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2016-04-30 23:57 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(3)