竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
jinkoさま  倶利..
by pcnmitsuko at 17:02
ここは通った気がしないで..
by pc-jinko at 01:01
春にお祭りがあるんですね..
by isao1977k at 23:31
試し歩きは気持ちよかった..
by isao1977k at 23:52
春ならではですね。 海..
by isao1977k at 00:45
つ君、すごいね。 勉強..
by isao1977k at 00:50
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 22:21
川縁の桜、とても綺麗です..
by isao1977k at 23:46
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 19:46
61名とは大所帯ですね!..
by pc-jinko at 18:00
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング( 526 )
再び
2週間前に登った搭倉山へ間をおかずにまた行ってきました。
メンバーも違えば登山口も違います。


前回は目桑(めっか)登山口から登りましたが、今回は長倉登山口から入山します。
a0104890_21303328.jpg

 9:20 長倉登山口出発
a0104890_21305239.jpg

 9:55 600m地点 双嶺会の石柱あり
a0104890_2133256.jpg

塔倉山は、白岩川上流にある山で、双嶺山の会が中心となって
登山道を整備なさったそうです。

10:10 670m地点 展望が良い
a0104890_21462965.jpg

10:20 目桑登山口と合流地点

10:30~11:40 山頂  東峰往復(15分)  昼食

素晴らしい景色が広がっています。(山の写真は拡大します)

剱岳 大日岳 大辻山
a0104890_22155794.jpg

鍬崎山をズーム
a0104890_22162463.jpg

毛勝三山 高峰山
a0104890_2284984.jpg

東峰から剱岳 大日岳 立山
a0104890_229867.jpg

絶景を眺めながらの昼食は贅沢だよ!

11:40 下山

12:00 600m地点
a0104890_22241174.jpg

12:30 登山口着

このあと前回と同じく池田城跡に寄って帰りました。

登山道で見つけたササバギンランです。
a0104890_22263692.jpg

他にシライトソウとカンアオイの地味~なお花もありました。
a0104890_22584462.gif

暑くなりそうだったので、それを見越して夏仕様の服装で出かけたのですが、
(ブラの上にファイントラックの薄~~い吸汗速乾性のシャツ1枚)
効果ありましたよ。

異常な程の汗かきなのに、我慢できましたもの。

珍しく懸命な選択に気分の良い事!

昨日の運動会は、暑くて山登りよりも疲れたからなぁ。

その疲れを払拭できた山歩きでした。(^v^)
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-21 23:02 | 登山・ハイキング | Comments(0)
里山ハイキング つづき
12:15 ここは龍が峰城跡公園の入り口です。
a0104890_17123838.jpg

ジグザクの階段を上りきると、あ~ら展望の良い事!

皆さんはお昼なので場所取りに向かわれますが、
自分は予想外の展望に嬉しくなり写真撮影です。

医王山の奥に雪をかぶった白山 (写真数枚はクリックで拡大します)
a0104890_17182231.jpg

左に目を移せば中央に・・・・あぁどこの山かわからない!
a0104890_17254531.jpg

さらに左には富山方面のお山が
a0104890_1726585.jpg

左端のお山はカールがあるので薬師岳のような気がするのだが・・・
中央は笠ケ岳?  あぁ、同定出来ない!
全く違っていたら・・・恥ずかしいなぁ。
どなたかスッキリさせてもらえませんかね。

皆さんより遅れをとりましたが東屋の席を空けてもらい
愉しく食事が出来ました。 嬉しいねぇ。 
a0104890_1941145.jpg

東屋の傍に四等三角点もあります。
a0104890_19423188.jpg

反対側は内灘や日本海ですがよく見えます。
a0104890_19454089.jpg

龍ケ峰城跡は
a0104890_19472590.jpg

a0104890_1947444.jpg

ですってさ。 (^_-)

13:20 タイムリミット これ以上先に進めません。 戻りま~す。。 

北陸道を挟んで公園の向かい側にはトイレと休みどころがあります。
そこから龍ケ峰山頂を見上げると、今居たばかりの東屋が見えます。
a0104890_2093281.jpg

13:55 北陸道入り口まで戻ってきました。
a0104890_20131221.jpg

雰囲気のある道なので、
がさつな自分でもチョッピリ歴史に触れたような気分になりました。

14:20 道の駅倶利伽羅着 
a0104890_20492981.jpg

登山スタイルの我らを観て、バスツアーの団体客から
どちらの山へ行って来られたの?と尋ねられたとか。

あっちゃ~お恥ずかしい。

でも、これが我が里山ハイキングのスタイルなのです。
健康で長生きするために自然と対峙しながらみんなで歩きましょう。

14:45 道の駅出発 
a0104890_20362514.gif

2回の参加で感じた事

参加者が多いのでバスをチャーターしています。
駐車場、トイレ (女性が多い!!!) の確保は絶対条件です。

企画段階で既に行事が制限されてしまうのです。

お世話役は大変だなぁと思います。。

お世話役のご苦労に報いるよう愉しいハイキングをしましょう。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-20 20:49 | 登山・ハイキング | Comments(0)
きらり/里山ハイキングⅡ
きらり主催・里山ハイキングの2回目です。

事前の案内では「西之坊鳳凰殿方面 石川県津幡市 道の駅近く」
となっていました。

これは旧北陸道を歩くに違いない。 しめたぞ!

旧北陸道は石川県津幡町と富山県小矢部市にまたがる
倶利伽羅峠」を越える歴史国道です。

小矢部側から不動寺までは何回も歩いていますが、
反対側は初めてなので喜んで参加しました。

歩く前に道の駅裏にある西之坊鳳凰殿の見学です。
a0104890_2217257.jpg

a0104890_22194667.jpg

裏山の古墳には金きら金の大日如来像。 まぶしくて近寄りがたいなぁ。
a0104890_2214915.jpg

11:00 鳳凰殿の横から出発します。
a0104890_22284179.jpg

お行儀よく隊列を組んで進みますよ。
a0104890_22295879.jpg

ぼちぼち崩れ始めました。 56人も居りゃこんなもんですね。
a0104890_22302884.jpg

11:30 旧北陸道の入り口です。 雰囲気あるなぁ。
a0104890_223214.jpg

おっ、可愛いお花。 ムラサキサギゴケ
a0104890_22364349.jpg

オーレンの実
a0104890_2237872.jpg

11:35 休憩 この石の造り物は何だ? 理解に苦しむ。
a0104890_22453553.jpg

シライトソウ
a0104890_22524368.jpg

12:15 何処かしら。
a0104890_22572472.jpg


眠くなってきました。 明日は孫の運動会です。
つづきは明日の夜になります。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-19 23:08 | 登山・ハイキング | Comments(2)
移動しながら
総勢31名、車7台に分乗して立山町の里山など
4ヶ所を歩いてきました。
 
①池田城址 375m 立山町池田
  
 9:05 立山町役場を出発 

 9:35 入り口 (林道に車を停め空身で)
a0104890_21125465.jpg

山城に相応しく、結構な急登を登っていくと開けた場所へ出ます。

 9:55~10:05 主郭のあった所で、わずか20分で到達しました。
a0104890_2133993.jpg

池田城址は立山町指定文化財の史跡だそうです。
a0104890_2136120.jpg

池田城は越中の武将が築いたお城で、
見る人が見ればその造りは1級の城郭だそうです。

地元の人たちによって大事に守られているなと感じました。

下りは滑るので慎重に下ります。

10:25 次へ移動。 

②搭倉山 726.5m

11:10 搭倉山 目桑(めっか)登山口出発
a0104890_2202645.jpg

11:47 長倉登山口と合流

11:53 搭倉山山頂(西峰)着
a0104890_223653100.jpg

展望が開けているのですが、如何せん黄砂の影響かぼやっとしています。
a0104890_22591010.jpg

a0104890_22592480.jpg

a0104890_11214888.jpg

西峰から一旦下って登り返すと東峰です。 往復15分ぐらいで行けます。

東峰の山頂は展望が利かないと聞いていましたが、
なんのなんの大辻山がデーンと目の前に。 おらが天下だよ!
a0104890_233347.jpg

12:50 下山

13:25 次へ移動

③岩室の滝 落差24m 滝壺の直径10m 水深5m

13:50 滝の入り口
a0104890_2318333.jpg

a0104890_23191596.jpg

OH! なかなかのものですぞ。
a0104890_23202333.jpg

名前の由来となった滝壺右側の横穴。
a0104890_23215711.jpg

14:10 移動

14:20 大観峯 自然公園 標高325m キャンプ場あり
a0104890_2328355.jpg

昔はにぎわっていたのだろうなぁ。 今は・・・・ね。

15:00 立山町役場着

ゴールデンウィークの最終日。
健康で暇な中高年は、仲間と一緒に楽しい日を過ごしましたとさ。
笑顔笑顔の一日でした~☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-07 23:37 | 登山・ハイキング | Comments(0)
試し歩き
退院後週一で肩のリハビリに通っていましたが、
リハビリ期間は、手術日から150日以内だったので
5月1日で終了しました。

肩も首も順調に回復していますが、
負担をかけるのはまだ早いので、やわやわとしか動いていません。

そこで、
どの程度の運動でどの程度体に負担がかかるのか確かめたくて
一人で小佐波御前山へ行ってきました。

猿倉山駐車場→50分→御前山→15分→獅子ヶ鼻→35分→山頂広場着

山頂広場(昼食)発→70分→猿倉山駐車場

登り100分 昼食休憩30分 下り70分 

ペースはまずまずですが、
山頂直下の登りの階段では脚が上がりにくかった。
左肩が痛くなった。
下りでは首に少なからず負担があった。

現状を把握できたので、今日の単独行は良かった。

a0104890_22153236.gif

カメラの電池表示が赤の点滅だったので写真は少しです。

登山道から剱岳
a0104890_22161846.jpg

獅子ヶ鼻
a0104890_228055.jpg

山頂広場奥の展望台から
a0104890_229853.jpg

選ばれしお花たち
a0104890_221341.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2017-05-03 22:17 | 登山・ハイキング | Comments(1)
癒しのゾーンへ
北飛騨の池ヶ原湿原と種蔵集落を散策してきました。

池ヶ原湿原の見どころは水芭蕉!

国道41号線から360号線に入り、宮川町塩屋から案内板に従って
湿原へ。

 8:30 湿原入り口は白樺林が広がり、別世界へ。
a0104890_1722851.jpg

a0104890_173452.jpg

あれっ、20年ほど前に訪れた時は咲き誇っていたのですが、
今日はおとなしく静か~に咲いています。
a0104890_1793812.jpg

咲き始めだからでしょうかね。

左奥に黄色と白の群生が見えます。 木道から離れているのでズームで捉えると
a0104890_17174571.jpg

水芭蕉とリュウキンカの共演でした。

決して出しゃばらず、楚々とした佇まいに魅かれます。 岩名も泳いでます。
a0104890_19244925.jpg

a0104890_19272993.jpg

a0104890_19274735.jpg

なかなかポーズをとってくれなかったザゼンソウ
a0104890_1932345.jpg

木道から山道に入ると、青空の下マンサクが泳ぐように咲いています。
a0104890_19362931.jpg

一面の水芭蕉ではありませんでしたが、
癒しの空間に身を置き穏やかな気持ちで湿原を後にしました。

360号線をさらに進んで種蔵集落へ向かいます。

種蔵集落は、山と棚田と板倉(蔵)に囲まれた村です
a0104890_21492551.jpg

収穫を終えたエゴマ畑
a0104890_21521454.jpg


石積み造りの棚田と板倉
a0104890_2214452.jpg

板倉
a0104890_2211192.jpg

石積みの美しい事!
a0104890_2254918.jpg

懐かしい景色を眺めながらランチ
a0104890_226857.jpg

休憩広場の案内板から抜粋
a0104890_22124580.jpg

今日は自然の美しさ、優しい景色に癒され
心温まる一日でした。

良かった~♪
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-04-30 22:20 | 登山・ハイキング | Comments(0)
爽やか
今日は絶好のお出かけ日和です。(^v^)

能登の野山と海、そして締めに温泉を巡ってきました。

先ずは七尾市の伊掛山(252.2m)へ。

百海(どうみ)町の海岸線を走ると道路沿いに登山口があります。
a0104890_20292732.jpg

5枚葉のアケビの花です。
a0104890_20301590.jpg

振り返ると、水の張られた田んぼや海が美しく光り輝いています。
a0104890_20315963.jpg

30分で伊影神社へ。
a0104890_2041114.jpg

鳥居の横には神木のイチョウの大木が。 
a0104890_20444879.jpg

石川県指定天然記念物で、
幹周10.87m、樹高27m。石川県内第一位だそうです。

神社を過ぎるとそこそこの急登になり
低山とは言え登っているなぁという実感があります。

1時間で頂上です。
周りは木が生い茂り展望はほとんどなく二等三角点があるだけ。
a0104890_20495195.jpg

戻ります。 長閑でしょう!
a0104890_20524723.jpg

農作業中の地元の方々と触れ合ったりして里山の良さを実感!

2時間でピストンし、次の目的地能登観音崎灯台へ向かいます。

七尾湾の入口に建ち、七尾湾や付近を航行する船舶の道しるべとして
重要な役目を果たしています。 
a0104890_21112484.jpg


昼食後5分程で行ける観音島へ。  
コンクリートの遊歩道がつけられています。 左は能登島です。
a0104890_21152693.jpg

鹿渡島観音が祀られているのですが、女性群はあまり興味を示さず。
a0104890_21301523.jpg

ここでは嬉々としていました。
a0104890_21321292.jpg

a0104890_21343145.jpg

さっきまで居た灯台です。
a0104890_213518100.jpg

ズームで
a0104890_21355574.jpg

海の向こうには立山連峰! いいねぇ。
a0104890_21395342.jpg

春先の自然を存分に味わい、
うみあかりの天然岩風呂で汗を流し帰路に着きました。

山良し、海良し、人好し。 心温まる一日でした。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-04-23 21:56 | 登山・ハイキング | Comments(1)
きらり/里山ハイキング1
ここ2週間、自分の体が空いている時はお天気に恵まれず、
都合の悪い日に限って良い天気という皮肉な日が続いていましたが、
ようやく出かける事が出来ました~♪

今年から
『こすぎ総合スポーツクラブきらり』 の "里山ハイキングサークル”
に加入しました。

月1で、4月~11月までの7回コースです。

今日は1回目で、花見ウォークと称し
婦中ふるさと自然公園~常西用水プロムナード~常願寺公園と
3カ所も回ります。

婦中ふるさと自然公園駐車場から賑々しく出発。
a0104890_17414684.jpg

総勢61名。 過去最多の参加者だそうです。

頑固なお顔の石仏ですねぇ。
a0104890_20401391.jpg

葉っぱさん態度でかいねぇ。
a0104890_20492574.jpg

勅使塚古墳 県内最古の前方後円墳だそうですよ。
a0104890_20521336.jpg

昼食をとりながら花見を楽しみ、次へ移動します。

常西用水沿いの桜並木
a0104890_211676.jpg

流れも心地良いねぇ。
a0104890_21163142.jpg

土手へ上がるとお山がきれい。
a0104890_21192145.jpg

a0104890_21193691.jpg

お山と用水の共演です。
a0104890_21212582.jpg

そろそろお疲れの方も見受けられます。

近くにある富山地区広域圏クリーンセンターの展望台で一息入れましょう。
360度の大パノラマは、富山は山だけではないよと主張しているようです。
(写真を撮るのをすっかり忘れていました)

富山を再認識したところで常願寺公園へ移動します。

初めて訪ねたので、何処をどう歩けば良いのか要領を得ません。

駐車場周辺をぶらつき
休憩所で血圧を測りクールダウンして帰路に着きました。

暖かい日差しの下、お喋りも弾み楽しいバス&ウォークでした。(^v^)
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-04-14 21:58 | 登山・ハイキング | Comments(3)
復活しました
5か月間ほど休んでいた山歩きが復活しました。

全快したわけではないので軽い山から始めて
体を慣らししていこうと思います。

ところが、準備段階で戸惑ってしまいました。

今の時期どんな恰好で山へ行ってたかなぁ・・・。
何を持って行けばいいの?
a0104890_21432634.png

まるで初心者みたいです。
しばらく離れているとこんなもんなんですね。 呆れますよ!

復活最初の山は、尖山です。
誰でも手軽に登る事が出来、展望の良さでも人気があります。

林道に残雪が無く
夏椿峠登山口前まで車が入りました。

夏椿峠経由で登頂し下山は本道を下りて周回します。

10:00 出発
a0104890_21465069.jpg

残雪はほとんどありませんがぬかるんでいるので汚い!

10:30 夏椿峠着
a0104890_21494217.jpg

峠には少々の雪が残っていますが、
ロープの張られた急登にはほとんどありません。

5分ほど休んでから滑らないようにゆっくりと登って行きます。
a0104890_21584048.jpg

11:00 尖山山頂着  ゆっくりペースでもわずか1時間です。
a0104890_229284.jpg
 
それなのにこんな素晴らしい景色が待っています。 
a0104890_22135466.jpg

a0104890_22101064.jpg
            
富山平野もきれいに見えましたが、山にばかり目が行きました。

11:50 本道へ下山
     滑り易い場所があるので下山もゆっくりと下ります。

12:20 滑滝  えっ、こんな名前だったけ?
a0104890_22243237.jpg

渓流沿いをのんびりと
a0104890_2225476.jpg

立派な看板が設置されていました。
a0104890_22253770.jpg

12:40 登山口着
a0104890_22345968.jpg

軽い山でしたが、動きに5か月間のブランクは感じました。
ぼちぼち行こう! (^^♪
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-03-25 22:35 | 登山・ハイキング | Comments(1)
ウォーキング
地元の人か、関係者以外は立ち入らないような山道を歩いてきました。

空き地に車を停め(振り返って)歩き始めます。
a0104890_22113223.jpg

新しい架橋工事をしているのでしょうか? 立派ですよ!
a0104890_22203676.jpg

皆さん植物に関心が深く、勉強熱心です!
a0104890_222141100.jpg

自分は、ほとんど分かりません!
a0104890_22315485.jpg

お花も咲いていないのに葉っぱだけで、実だけで、
どうしてわかるんでしょうねぇ。 頼もしい学者さんばかりです。 

国道も見えています。
a0104890_22391622.jpg

歩き始めて1時間20分。 

左を見上げれば導水管。 湖面を見おろすと変電所のようです。
a0104890_22435972.jpg

ここを過ぎて直ぐに山奥へつづく道へと入ります。

土砂崩れもなんのその。 前進あるのみです。
a0104890_22583879.jpg

何やら、うさん臭い小屋のようなものが出現。
a0104890_22595691.jpg

不気味ですが気になります。 
a0104890_234441.jpg

数ヶ所から生温かい水が勢いよく流れ落ちています。わずかに硫黄の匂いもします。
a0104890_236375.jpg

もしかしたら、近くの温泉の源泉かもしれません。

源泉らしき小屋からは踏み跡があるようなないような、細い道になります。
a0104890_23101460.jpg

廃道マニアになった気分だったのに、何のときめき感も無い!
a0104890_23184766.jpg

わずか10分で撤退命令!戻りますかね。
a0104890_23191174.jpg

戻りましょう。 
a0104890_23201242.jpg

お腹も空いてきた事だし青空の下、大自然の中で昼食にしましょう。
a0104890_23261842.jpg

橋はいつごろ完成するのでしょうねぇ。 
a0104890_2329998.jpg


手にはムカゴやくるみのお土産をぶら下げながら4時間歩いてきました。
しかし、まだ12時過ぎですよ。

早過ぎると思ったのですが、 
適当に寄り道をしたのでそこそこの時間に帰宅できました。

ちょこちょこと脱線しながらのウォーキングでした~♪
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-11-13 23:55 | 登山・ハイキング | Comments(0)