竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
運動会楽しそうですね。も..
by pc-jinko at 21:41
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:19
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:16
今は初夏に運動会をやると..
by isao1977k at 21:16
のどかですね。 雪山登..
by isao1977k at 00:21
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 23:21
jinkoさま  祭り..
by pcnmitsuko at 23:17
ホタルカズラって優しいお..
by isao1977k at 01:13
口上聞きたいです~!!!..
by pc-jinko at 00:56
kagoさま  うちの..
by pcnmitsuko at 21:19
メモ帳
最新のトラックバック
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ヘリコプター
from スイミー日々色々
訓練
from 智恵子の日記
天使
from かごの鳥
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite
カテゴリ:登山・ハイキング
  • 山菜採り
    [ 2015-05-24 23:59 ]
  • つづき
    [ 2015-05-22 23:11 ]
  • 風薫る日は
    [ 2015-05-21 23:43 ]
  • 自然を愛でながら
    [ 2015-05-10 23:58 ]
  • 山座同定
    [ 2015-05-06 21:04 ]
  • 満足度ピカ一
    [ 2015-05-05 23:59 ]
  • 見~つけた!
    [ 2015-04-29 22:29 ]
  • 手軽なお山
    [ 2015-04-29 21:14 ]
  • 春見っけ
    [ 2015-04-27 23:58 ]
  • 春探し
    [ 2015-04-26 20:17 ]
山菜採り
毎年恒例になっている唐堀山(1160m)ススタケ採りです。

7:05 出発

登山道沿いのススタケを採りながら登っていきます。

7:50 第2鉄塔にて休憩

山は新緑。気持ちがいいですよ~。
とは言え、急登なので楽ではありません。

8:20 分岐 
ここからは自由行動です。 待ってました~!とばかりに
皆さんススタケの藪の中へ消えていきます。(ネットから借用)

自分は籔には入らずに、一人唐堀山の頂上へ向かいます。

ヘリポートを過ぎると何となくうさんくさい雰囲気になり、
何度か来ているにもかかわらず回りを伺うように進みます。
前方に三角点が見えたのでホッとしました。

8:45 山頂
 
振り返ると、木の上にどこかの山の会が作った看板があります。


10時30分にヘリポートへ集合なので、それまではススタケを探します。
ただし自分は首と腰に負担がかかるので薮の中へは入りません。

10:30~11:20 ヘリポートで昼食

ぼちぼち下りましょう。

ザックはそこそこ膨らんでいるようですしね。

12:05 下山

ススタケは4人の人に分けてもらったのでそこそこの量に。
他にコシアブラ・コゴミ・ノブキも少々採りました。

楽しんだ山菜採りでした~♪ 
出合ったお花の選抜隊です。

※何だっけ? は、サワハコベだそうです。

by pcnmitsuko | 2015-05-24 23:59 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
つづき
清水山に向かうと直ぐにササユリ発見!

わずか2輪でしたが、まだ早いと思っていたのでラッキーでした。

頂上手前には千手観音が祀られています。

数珠、錫杖など色んなものを持っておられるのですね。

祠の近くで昼食を済ませ、下りは整備された遊歩道を行くのではなく
わざわざ籔こぎを選択します。

祠の後ろへ回って let's Go!

清水山の頂上は祠から少し奥まった所。この辺のようです。

籔こぎ中です。 引っ掻かれないようにね。

わずか30分弱でしたが、愉しかった~♪ 


自然に身をゆだねた爽やかなひと時を過ごす事が出来ました。

何とかラン

何とかカラマツ



by pcnmitsuko | 2015-05-22 23:11 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
風薫る日は
県西部にある城ヶ平山(172m)と清水山(174m)で
植物観察をしながらミニ彷徨してきました。

福岡町のこぶし荘手前の広い路肩に駐車。

登山口は、
車道を少し戻り赤丸城址と城が平横穴古墳の看板が有るところです。

いかにも里山らしく自然に富んだ雰囲気です。

横穴古墳3基が、斜面にお行儀よく横一列に並んでいます。


人骨や器など、考古学上貴重な発見だったのでしょうね。

今日のメインゲスト発見!!! ホタルカズラです。 
初めての出会いなので撮るのにも緊張しました。

山野草は豊富で、あちこちで嬉しそうな声がします。
覚えようという姿勢はあるものの聞き慣れないものが多いのです!
メモもとらないものだからほとんど忘れてしまいました。(>_<)

またお会いしましょう。

城ヶ平山の頂上は戦国時代の山城、赤丸城址となっています。
のどかな田園風景から富山湾に至る穏やかな景色が広がっています。

山頂で寛いだあとは、一旦下りて城ヶ平山をあとにします。

さぁ清水山に向かいましょう。


どうも集中できません。 こんな時は つづく です。

by pcnmitsuko | 2015-05-21 23:43 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
自然を愛でながら
材木坂は、立山ケーブル駅の後から美女平まで
標高差500メートルを登る立山への旧登山道です。

ケーブルを使えばわずか7分で美女平駅に着きますが、
今日は自然探訪が目的なので、2時間コースを2時間30分かけて
ゆ~~~くりと、の~~~んびりと歩く予定です。

余裕があるので、焦らずに写真が撮れるはずです。
ところが、登山口で昨日充電しておいたカメラの替えバッテリーを
忘れてきた事に気付きました。

そうなると、数撃ちゃ当たる方式でどんどん撮るわけにはいきません。
残量が気になり気はそぞろ!
数少ないお花の写真はピント外れと、蹴ったり踏んだりです。
まぁ・・・、自分らしいかな。 (前置きはこれくらいにして)

登山口

足元には二輪草とルイヨウボタンが群生


登り始めからず~~と急登が続いています。

カンアオイの葉裏にギフチョウの卵。

わずか2mしか離れていないのに、どうしてこんなに色が違うの?
紫陽花のように土が影響しているのかな。

写真はありませんが、たくさんのお花があったのですよ!

樹林帯は幻想的

予定より早く2時間20分で美女平に着きました。

休憩してから美女平探勝歩道に入りバードウォッチングです。

まだ雪が残ってますよ~。

鳴き声が聴こえてきましたが、何の鳥なのかさっぱり分かりません。
が、心地良いですね~。

キビタキだそうですが、目で追いきれません。

止まったところを撮ったつもりなのに残念。

森の中はこんな感じです。

自動車道に出ると目に付いたのが『子育て杉』

お子さまはブナですよ。樹木愛だなぁ。

春を実感しながら美女平駅に戻って来ました。
さぁクールダウンしましょうね。 ケーブル利用です。

今日は母の日とか。リラックス出来ていい日でしたよ~♪

by pcnmitsuko | 2015-05-10 23:58 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(3)
山座同定
今年の自分はチョッと違うよ! さて何でしょう。

山勘がなくて地理にも疎い。山にも詳しくない。
当然仲間との山話に付いていけない。

そんな自分ですから、素晴らしい展望を前にした時
感動はするものの何か足りない物を感じていました。

そこで、無知な自分でも山座同定ができるように、
山の角度を事前に調べるようにしました。

これが意外と当るのです。
そうなると面白さも増し、自然と山も覚えていきます。

戸倉山から白馬連峰の同定です。(大きく大きくなります)

登山への取り組みが違ってきた今、単細胞は非常に気を良くしています。


by pcnmitsuko | 2015-05-06 21:04 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(1)
満足度ピカ一
新潟県糸魚川にある戸倉山(975.5m)は、
1000メートルに満たない低山でありながら魅力満載のお山でした。

7:40 しろ池の森・原の館で用を済ませてから出発。
  林道を歩かずに塩の道のどんぐりの小径へ。 中央は雨飾山

一旦林道に出ますが再び山道へ。 前方に構えるは戸倉山

7:50 直ぐその先に東屋がありますが素通り

8:05~8:20 しろ池で休憩

水面に映る逆さ雨飾山

海谷三山(駒ケ岳、鬼ヶ面岳、鋸岳)

ブナ林が続きます。


8:45~8:55 角間池で休憩 雰囲気のある池ですよ~

ここで塩の道と別れ戸倉山の登山道に入ります。

9:05 尾根道へ

足元にはイワウチワ、イワカガミ、イワナシの花。
見上げれば青空に映えるタムシバ。快歩です。

9:20 左側に展望の良い所があり
  白馬連峰の真っ白な山並みにしばし見とれました~!

乗鞍岳、小蓮華山、白馬岳(頭だけ)、旭岳、鉢ヶ岳、雪倉岳、朝日岳

9:35~10:40 山頂 絶景です!!! 昼食と山座同定

駒ケ岳、鬼ヶ面岳、鋸岳、焼山、雨飾山

高妻山(中央左)、大渚山(中央右)

白馬連峰

明星山、黒姫山~日本海

山座同定もできたので下山開始です。

11:00 角間池 改めて新緑美を堪能 


ぼちぼちと隊列が崩れ始め自由行動をする輩が増えてきます。
それもまた楽しみの一つですね~♪

しろ池の水の色がきれいなきれいなエメラルドグリーンに
変わっています。 思わず感嘆の声が出ましたよ~。


ここからは思い思いの目当てを求めながら自由行動です。

12:15 満足げな顔をした輩が駐車場に帰って来ました。

戸倉山は、再び来たくなるような魅力あるお山でした。

続編はまた後日に


by pcnmitsuko | 2015-05-05 23:59 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
見~つけた!
夫婦山・お花編です。

お断りしておきますが、
見つけたと言っても、大半は見つけてもらったようなものです。

では登場してもらいましょう。

ヤマルリソウ


キケマン

オオミスミソウ


ナガハシスミレ?

フデリンドウ

ツルシキミ

シュンラン

イワウチワ

おまけ ギフチョウ
     女峰山頂ではランデブーしていましたよ~。

おしまい

by pcnmitsuko | 2015-04-29 22:29 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
手軽なお山
手軽に登る事が出来る夫婦山は、
八尾の名峰で双児峰です。
登山口は2ヶ所ありますが、東松瀬から登りました。

神社前の駐車場を出発し、
9:00 林道を15分程歩いて自然歩道に入ります。

9:20 祖父岳の絶景ポイントでチョッとだけ休憩

岳に相応しい山容です!

出発時、山菜採り禁止令が発令されたので
穏やか~な気持ちでゆっくりと登っていきます。

オオミスミソウ発見! シュンラン発見!
所々で写真を撮りながらのんびりと歩く里山は、
せわしくないから良いねぇ。

9;50 松瀬峠到着  あぁいい風だ! 気持ちがいいねぇ。
     先ずは女峰に向かいます。

10:05~10:15 女峰で休憩  残念ながら展望はありません。

一旦松尾峠に戻り男峰を目指します。

そこそこの登りやアスレチックな箇所もあって面白~♪



10:50~11:30 男峰(昼食)
           方位盤と二等三角点があります。

たぶん戸田峰~白木峰~仁王山だと思います。

大きな岩を巻いて下ります。低山とは言え下りは要注意です。

12:45 祖父岳に見守られながら駐車場に着きました。


4時間の歩きは、心穏やかで愉しかった~!

お花編に続く



by pcnmitsuko | 2015-04-29 21:14 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
春見っけ
八石山は、中八石(518m)、下八石(南条八石513.7m)、
赤尾八石(474m)からなる山の総称だそうです。

その山容は大仏様の寝姿に似ていると言うありがた~い山なのです。
(帰路車中から撮影 それなりに見えるでしょ)

今回は南条登山口から峰コースを登って下八石山へ。
下りは沢コースで戻ります。

14:25 下の駐車場から出発

登山口からオオバキスミレの群生が出迎えてくれます。

15分ほどで林道の登山口に出るのですが、
ストックがストックされているのですよ! 優しいですねぇ。

登山道にはお花がたくさん咲いているので
登り一辺倒で辛くても気持ちが和みます。

15:00 米山が見えましたよ~。 

この山のショウジョウバカマは上品な色合いなんですよ。
白花もあったそうですが残念ながら見落としました。

15:30 頂上着  山頂には二等三角点と小さな祠(神社?)と
無料のお休み処と避難小屋が建っています。
双方とも太陽光発電のきれいな建物でした。

15:50 沢コースを下山
結構な急勾配を緊張しながら下りると、歓喜のカタクリロード出現!

何処までも何処までも続くカタクリの道。



16:40 駐車場着

出合ったお花です
イカリソウ、カタクリ、チゴユリ、キクザキイチゲ、エンレイソウ、シラネアオイ、
ショウジョウバカマ(白花も)、イワカガミ、キジムシロ、スミレサイシン、
テングスミレ、オオタチツボスミレ、ミヤマエンゴサク、シオデ、ツクバネウツギ、
ヒトリシズカ、オオバキスミレ、シュンラン、ヒロハテンナンショウ、ケマンソウ、
キランソウ、キジムシロ、アマドコロ、ネコノメソウ、マンサク、キブシ、アブラチャン、
ユキツバキ、オオカメノキ、ヤシオツツジ、ミヤマザクラ
(自分の眼には留まらなかったものも多々あります)

八石山は、自然を守ろうとする地元愛が強く感じられるお山でした。
そして、多くの可愛いお花たちに出会う事が出来て嬉しかったです。


by pcnmitsuko | 2015-04-27 23:58 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(4)
春探し
世の中春だと言うのに、カンジキだのアイゼンだの
春そっちのけの山三昧でしたが、
昨日ようやく可憐なお花を求めて新潟へ。

柏崎市にある米山(よねやま992.6m)と
下八石山(しもはちこくやま 別名南条八石山513.8m)です。

多くの参加があったのでバスをチャーターしてやって来ました。
バスの良い所は登山口と下山口が違っていても
ちゃ~んと迎えに来てもらえる事です。

最初は米山です。
登山コースは色々あるようですが、柿崎コースの下牧口から登ります。

8:15 いきなり階段か?と思いましたが一安心。

歩き始めて直ぐに可憐なお花たちのオンパレード。
お花に飢えていたのか嬉しくって写真を撮るのも忘れていました。

こちらのイワカガミは色が濃くて、葉っぱがやたらとデカイ!

この先、写真はほどほどにして春山を楽しむ事に。

最初の休憩地点では桜が満開です。

歩き始めて1時間。丁度いい具合にブナ林が癒してくれます。


二度目の休憩地点からは山頂が望めます。

ズームしてみると山小屋の屋根がはっきりと見えます。


500mほど登って来たのですが、一旦下ってから
また200m程登らなければなりません。頑張っていますね~。

10:25~11:20 山頂
 山小屋の後ろに米山薬師堂がありその前には一等三角点もあります。
 

お天気は良いのですが霞んでいて山の確認が難しく
写真を見てもどこをどう写したのかさっぱり分かりません。

下山は大平コースです。
海の方向に下りるのでその辺の写真でも載せておきましょう。


結構な急降なうえ残雪もあるので足元要注意ですが、
花を愛でたり、前が詰まった時などは景色を眺めて一息つきます。



米山さんともお別れです。



13:10 大平登山口に下山しました。

可愛いお花と共に歩いた5時間でした~♪

ではバスにて八石山へ移動しましょう。 つづく


by pcnmitsuko | 2015-04-26 20:17 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(3)