竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 22:08
なんだか酷いですね。 ..
by isao1977k at 00:29
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:32
私も小学校の時、蟻の研究..
by isao1977k at 00:01
かずみさま  貴重なお..
by pcnmitsuko at 20:47
こんにちは。 今日はお..
by かずみ at 17:04
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 01:49
お疲れ様! 竹ちゃん夜..
by isao1977k at 12:28
10歳ですか、おめでとう..
by isao1977k at 23:00
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 20:57
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite
カテゴリ:登山・ハイキング
  • お花と岩屋
    [ 2015-08-24 22:03 ]
  • 立山へ行こう(単独行)
    [ 2015-08-23 21:36 ]
  • 変化に富んだ縦走④ 烏帽子小屋~高瀬ダム~七倉
    [ 2015-08-20 00:46 ]
  • 変化に富んだ縦走③ 不動岳~南沢岳~烏帽子岳~烏帽子小屋
    [ 2015-08-18 23:11 ]
  • 変化に富んだ縦走② 船窪小屋~船窪岳~不動岳
    [ 2015-08-18 00:15 ]
  • 変化に富んだ縦走① 七倉~船窪小屋(船窪新道)
    [ 2015-08-17 00:09 ]
  • 記憶を辿る
    [ 2015-08-11 13:08 ]
  • 静かでキツイ山行
    [ 2015-08-10 23:50 ]
  • これも散策
    [ 2015-08-02 22:16 ]
  • 有峰散策
    [ 2015-08-02 20:50 ]
お花と岩屋
一ノ越から室堂までに出合ったお花です。

ヒメクワガタ

ハクサンポウフウ

ヨツバシオガマ

ウサギギク

ミヤマリンドウ

ミヤマダイコンソウ

ミソガワソウ

トリカブト

ミヤマキンバイ

立山室堂山荘から東に10分ほど下るとあります。


だそうです。

今まで玉殿岩屋があると言う事は知っていましたが、
登山道から外れているので行きそびれていました。

時間に余裕があれば、
一度は足を運び、開山伝説に親しむのも良いでしょう。

by pcnmitsuko | 2015-08-24 22:03 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
立山へ行こう(単独行)
県民感謝キャンペーン中です。
アルペンルートの乗り物が2割引きですよ!

来月、キツイ山行を2つ予定しているというのに
多忙だったとは言え2週間身体を動かしていません。

そこで2割引きの恩恵に預かろうと
とりあえず室堂まですっ飛んで行きました。


視界は今一です。  さぁ、どこへどのようにして行きましょう・・・。
視界は悪くても、

そこそこの歩きをしないとやって来た意味がありません。

時計回りに縦走するかな?
室堂→雷鳥沢→別山乗越→別山→真砂岳→富士ノ折立→大汝山
→雄山→一ノ越→玉殿岩屋→室堂ターミナル

はい、決定です!

6:10発の立山ケーブル臨時便に乗り、美女平からは
7:30発の高原バスで室堂へ

7:25 室堂ターミナル出発
7:35 みくりが池

りんどう池の周囲は緑・緑していたのに
黒々としてこの有さま。 

7:55 雷鳥荘前  ガスの匂いでむせましたが、
    今日はおとなしい方だと思いますよ。

キャンプ場の真ん中を通ってお気に入りの橋を渡り
左の大日岳方向へ少しだけ進みます。

8:15 新室総乗越  剱御前へ。

お花を愛でながら、振り返りながら登っていきます。




9:35 剱御前小屋前(休憩)  剱方面真っ白け

10:15 別山  剱が見えないので北峰はパス

11:00 真砂岳 
11:10 大走り
稜線はトウヤクリンドウが花盛り

腹へった~! 富士ノ折立まで持ちません。
岩岩の狭い登山道の脇で腰をおろしました。こんなところで食べるなんて・・・、
呆れるわね~。 注目の的でした。

11:55富士ノ折立
12:10 大汝休憩所
突然降って湧いた様な賑わいです。
若者がはしゃいでいました。 雄山からのピストンのようです。


12:40 雄山  賑わっていたので人間ウォッチング!


13:25 一ノ越
14:00 立山室堂山荘  玉殿岩屋へ。往復15分
14:25 室堂ターミナル

単独行が面白いのは、
他の登山者と楽しいおしゃべりが出来る事です。

抜きつ抜かれつしていると、自然に会話が生まれるし
休憩の時などは山の話も出来ますしね。

楽しくて面白かったです~♪

by pcnmitsuko | 2015-08-23 21:36 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
変化に富んだ縦走④ 烏帽子小屋~高瀬ダム~七倉
8月10日(月) 三日目

6:00 烏帽子小屋(2550m)出発
 北アルプス三大急登の一つ、ブナ立尾根を下ります。

う~~ん、どこを撮ったのかなぁ? 
たぶん南沢岳・不動岳間の崩壊地だと思います。

6:55 タヌキ岩  どこがタヌキなんだろう?

急登と言っても下りは楽ですよ。 それに反し、
下から登ってくる人達の表情は苦しそうで、足取りも重そうです。

頑張って~!

7:00 三角点(1208・5m)

9:05 濁沢登山口

登山口の前はこれまでの樹林帯とは一変! 広~い河原です。

濁り沢を渡り

キャンプ場先の不動沢の吊り橋を渡り

不動隧道(トンネル)を歩いて

9:35 タクシーが待つ高瀬ダム湯俣登山口着
 
振り返りながら、無事に下山できた事に感謝。

10:00 タクシーにて七倉の駐車場へ。

今回のお山はガイド本によれば、
『メジャーの陰に隠れた名コース』とあります。

地味ゆえに静かで落ち着いた山歩きが出来、
その上歩き応えも十分で、満足感溢れる山行でした。 

あそこを歩いたのだ~。 ばんざ~い!


by pcnmitsuko | 2015-08-20 00:46 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
変化に富んだ縦走③ 不動岳~南沢岳~烏帽子岳~烏帽子小屋
8月9日(日) 二日目後半

12:35 不動岳(2595m)で昼食をとり、南沢岳に向かいます。
 やはり崩壊が進んでいますね。
 
お~い、どこまで下りればいいのですか? 下までじゃ。

荒れた景色ばかりではありません。お花畑も多いのですよ。

こんな環境でも健気に咲いています。

13:40 慎重にね。 滑り落ちたら終わりだよ。

ザレ場や足場の悪い所もあるのですが、緑も多いのです。

お花も結構咲いています。 リンネソウ

14:15 南沢岳頂上(2625m)

振り返って。 広いですよ~

14:35 大休止し、烏帽子岳へLet’s Go  

またまた下ります。 

白いコマクサかな? 

烏帽子岳は目の前です。 

四十八池

15:30 烏帽子岳分岐 ザックをデポして空身で登ります。 

15:55 烏帽子岳頂上  本当の頂上は左の岩のテッペンかな?
      とても登れたものではありません!朽ちた標柱前で


行きは良い良い帰りは・・・・

烏帽子岳  表と裏では山容がかなり違います。お好みはどっち?

ここからは下るだけです。お花を愛でながら烏帽子小屋へ。

17:20 烏帽子小屋着(2520m)

キンキンに冷えたビールが、長い長い行程を労ってくれました。
美味しかったなぁ。

つづく

by pcnmitsuko | 2015-08-18 23:11 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
変化に富んだ縦走② 船窪小屋~船窪岳~不動岳
8月9日(日) 二日目

ご来光  長い行程を前に気持ちを引き締めます。

船窪小屋からの展望(拡大します)

昨年唐沢岳から眺めた稜線を歩くのですよ! 心躍るなぁ。

先ずはスタート前におらがお山にご挨拶
船窪岳(左手前) 獅子岳 鬼岳 竜王岳 立山連峰 剱岳


5:45 見送られて出発(2460m)

振り返ると、
唐沢岳から餓鬼岳・燕岳・大天井岳・穂高連峰・槍ケ岳(拡大)

5:55 七倉岳の分岐  これより下りです。 

真っ白で不気味な崩壊地を眺めながらどんどん下っていきます。
お花はきれいですよ。

6:45 船窪乗越(2180m) 下ったり登ったりとアップダウンの多い事!
7:05 船窪岳頂上の標柱(2303m)

第二のピークへ向かいますが難所続きです。


不動岳です。まだ遠いなぁ。

下りま~す。

樹林帯の中に消えると心細くなるわ。 待って~。

何やら渋滞しているようです。 ズームでとらえると

なるほどね~ 手がかりがなさそうです。

足場の悪い厳しい登山道ですが、お花は絶えることなく咲いています。

8:40 船窪岳第2ピーク(2459m)

10:10 不動岳の崩壊。稜線に出ると気持ちがいいねぇ。

黒部湖の向こうには五色ヶ原~立山連峰

崩壊地と共に歩く縦走です。

11:30 おっ、頂上だと思いきやニセピークでした!

11:55 やっとこさ不動岳頂上です。(2595m)

ここまで6時間もかかりました。
まだまだ南沢岳、烏帽子岳が待っているのなぁ・・・。

まぁ、先の事は考えないでゆっくりしましょう。

つづく

by pcnmitsuko | 2015-08-18 00:15 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
変化に富んだ縦走① 七倉~船窪小屋(船窪新道)
昨日の夕食に何を食べたかさえ、うろ覚えなのに
一週間以上も前の記憶を辿る事が出来るかしら? 

8月8日(土) 大沢野行政センターを5時30分に出発し、
         松本経由で長野県の大町市に入ります。

9:00 七倉山荘前の駐車場着(一般車両終点)
9:30 スタート(1058.9m)

トンネルに入ると直ぐに右折し登山道へ。

ジグザクの急登を、汗タッラタラ状態で登っていきます。

胸突き八丁ならぬ鼻突き八丁ですって! おぉ怖っ。

ハシゴの急登が多いのです。あちこちから腹付き八丁だとの声。 
言い得て妙なり。 笑っちゃいますねぇ。

木の根も負けてはいませんよ。 盛んにアピールしています。

この急登はどこまで続くのやら・・・。 
振り返れば唐沢岳と餓鬼岳。(昨年歩いたなぁ) 

右前方にはでーんと構えた北葛岳。 
 
噂では、下山に使うブナ立尾根(三大急登)よりもハイレベルとか。
ガッツリ登りたいお方はどうぞどうぞ。お勧めですよ~。

14:30(2300m) 天狗の庭着 
  暑いのでチョコチョコと休憩をとったり食事もしていたので
  やっとこさ天狗の庭に着きました。
  視界が開けたのでしばらく展望を楽しみます。

高瀬ダムの向こうには槍ケ岳の勇姿。

餓鬼岳、唐沢岳、燕岳、穂高連峰、槍ケ岳の展望です。

あれっ、左に目を移すと七倉ダムも見えますよ。

ここは両方のダムが見えるポイントでした~。

天狗の庭から船窪小屋にかけてはお花畑が続きますが、
お山の同定に夢中になり、お花の写真はわずかです。



針ノ木岳と蓮華岳

立山連峰 剱岳(中央) 針ノ木岳

15:30 船窪小屋に到着(2460m)
     鐘をついて到着を祝い、先ずは一服とお茶のおもてなし!

本日のお宿です。

標高差1400mを登って来ましたよ~!
それにしてもよく汗をかいたものです。

汗っかきの自分は
いつもなら顔じゅう塩の結晶でざらざらになっているはずですが、
何とした事か滑々なのです!

思うに、
汗は顔にとどまる事もなくひたすら流れ落ちたと言う事でしょうか。

こんな事もあるのですね。

くどいようですが急登マニアのお方、お勧めですよ~!

つづく

  
by pcnmitsuko | 2015-08-17 00:09 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
記憶を辿る
昨年の9月末に餓鬼岳から唐沢岳に登っていますが、
今回、その時唐沢岳から眺めた稜線を歩く事が出来たのです。

記憶を辿ってみます。

2014.09.27(一日目) マニアックな縦走①

2014.09.28(二日目)マニアックな縦走②

では後日。

 

by pcnmitsuko | 2015-08-11 13:08 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
静かでキツイ山行
8月8日から10日にかけて、
山小屋2泊の縦走をしてきました。

明日から忙しくなって、パソコンを開く余裕があるかどうか?
先ずは行程だけを記しておきます。

長野県の七倉ダムから高瀬ダムに至る周回コースです。


七倉山荘前P→船窪新道(急登)→船窪小屋(泊)→船窪岳→不動岳
→南沢岳→烏帽子岳→烏帽子小屋(泊)→ブナ立尾根(日本三大急登)
高瀬ダム→(タクシー)→七倉山荘前P

きつくて歩き応えのある山行でした!
しかし変化に富み面白いコースでした。

ぼちぼちとアップしていきます。


by pcnmitsuko | 2015-08-10 23:50 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
これも散策
半島遊歩道は、広くて歩き易い平坦な道でした。
登山装備の恰好で歩くには似つかわしくない遊歩道です。

そこでダム見学の後似つかわしいコースを歩く事に。
で、選ばれたのが先にパスしたあの猪根谷コースです。

旧有峰青少年の家の横から裏山へ入ると、永遠の木(とわのき)の標柱。
そんな名前の木あったかしら? 一体どんな木?

おおっ! なんか絡み合っていますよ!

ブナとミズナラです。 仲睦まじい姿ですが国際結婚ですか?

ここからは実に楽しい歩きが出来ました~♪

小さな沢を渡ったり


下っては

登り

下っては

登り

階段もあり

結構アスレチックで面白かったです~♪

トチバニンジン

散策を侮っていましたが、充実した散策で満足満足。

by pcnmitsuko | 2015-08-02 22:16 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
有峰散策
昨日、連日の猛暑を避けて避暑気分で参加しました。

遊歩道は幾つかありますが、
先ずは有峰ハウス前の駐車場から一番近い
猪根山探勝路(植物観察コース)に入ります。

このコースは「樹木名あてクイズ」の案内板が立てられており、
それを解きながら歩けるようになっています。


ホツツジです。 

展望台からは有峰湖や薬師岳、北ノ俣岳が望めました。


サルナシの花と実

マタタビの実

旧青少年の家の横にでました。一服しながら次のコースを考えます。
案内板によれば猪根谷歩道は急坂もありもしかすると籔もありそうです。

楽味を覚えてしまったせいか、満場一致でここはパス。

駐車場に戻り、車を移動して半島遊歩道へ。
林の中を往復する超のんびりコースです。

アカモノが群生していたので味見。 甘くて美味しかったです。

おっ! もしかして妖怪か?面白い造形美があちこちに見られます。

広すぎて林の中とは思えませんが、遊歩道終点のようです。

三等三角点もあり前方には有峰湖が広がっています。

ところで、有峰ダムの見学を1時30分に予約してあります。
間に合うように移動し昼食後参加しました。

有峰記念館からバスでダム手前まで行き、ダム上の道路を行きます。

道路を横切るとエレベーターの前です。 気温26.9度。

エレベーターで100メートル近く下りると気温9.4度。 さぶ!

大きくて全貌が写りません。

北電の方が色々説明しておられますが、気温9.4度が影響したのか
お腹の調子が悪くなりひたすら我慢です。

説明はもういいです。頭に入らないのだから早く済ませてね。
ひたすら祈っていました。

そして誰よりも早くバスを下り、例のところへ直行したのでした。
お恥ずかしい限りです。

つづく

by pcnmitsuko | 2015-08-02 20:50 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)