竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
新しくしたんだね。 無..
by isao1977k at 02:33
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:40
楽しい時間が過ごせて良か..
by isao1977k at 20:56
秋のお散歩、いいね(^-..
by isao1977k at 22:08
jinkoさま  そう..
by pcnmitsuko at 20:52
面白いですね。 トイレ..
by isao1977k at 03:41
え!・・・これ延々と続く..
by pc-jinko at 00:05
jinkoさま  へ~..
by pcnmitsuko at 21:38
すごい落ち葉のじゅうたん..
by isao1977k at 01:39
ちょこちょこっと行ける古..
by pc-jinko at 23:54
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング( 566 )
いつもの尾根歩き
いつもの散歩よりハードで、11時半までに帰宅したい。
さて、何処へ行こう?

古洞の森か呉羽丘陵だ。
より運動量の多い呉羽丘陵に決定!

 8:55 白鳥広場から出発  (帰りに撮る)
a0104890_2161347.jpg

白鳥城跡の三角点
a0104890_216567.jpg

楚々とした紅葉がいいね~
a0104890_2192178.jpg

 9:20 のぞみの丘
a0104890_2195652.jpg

 9:38 呉羽トンネル北側出口付近を見下ろす 
      右側にファミリーパーク入口がある
a0104890_21125756.jpg

左に曲がり右の階段を上がる
a0104890_21134117.jpg

晩秋の景色に彩りを添えてくれます
a0104890_2114650.jpg

 9:55 目的地 御鷹台着
a0104890_2118326.jpg

奥に進むと樹間から富山大学付属病院が望めます
a0104890_2141276.jpg

高速道路の向こうには鍬崎山、薬師岳、鉢伏山
a0104890_21205473.jpg

御鷹台を一人占めしてティタイム (コーヒー、チョコ、クッキー) うまい!

10:10 戻りま~す 
a0104890_21274938.jpg

a0104890_21282681.jpg

a0104890_21291215.jpg

a0104890_2129304.jpg

11:09 白鳥広場着
a0104890_2130637.jpg

トイレの横から上がり、展望台からの眺望
a0104890_21311177.jpg

短時間ながら、晩秋の薫を満喫した散策でした~☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-11-17 21:37 | 登山・ハイキング | Comments(1)
近くてお気に入り
古洞の森を歩いてきました。

一人で歩くつもりで古洞の池駐車場に行くと
山の会のメンバーと出会い同行する事に。

自分はいつも左回りだが、、リーダーは右回りで歩くようだ。

 9:15  駐車場前の案内図を確認して
      古洞ダムの上を渡り右回りに森の中へ入ります。

 9:23 初っ端から、いきなりの階段です
a0104890_20262883.jpg

 9:45 東屋で休憩
a0104890_20303262.jpg

このように聞こえるかなぁ・・・・・半信半疑
a0104890_20312247.jpg

 9:54 東屋地点は各願寺との分岐ですが、我らは池の外周へGO
a0104890_20342083.jpg

 9:59 長沢東城跡 入り口
a0104890_2058139.jpg


a0104890_20583097.jpg

だ、そうですよ!

GからAへ辿って行きます。  
各地点に説明盤が設置されているので迷うことありません。
a0104890_20594419.jpg

C地点
a0104890_2134867.jpg

A地点 
a0104890_214629.jpg

広いA地点からB地点へ
a0104890_2193938.jpg

10:15 B地点の案内板を確認して戻ります。
a0104890_211446.jpg

10:26 長沢東城址入り口へ戻り、遊歩道を進みます

なんて美しいのでしょう!!!
a0104890_22203741.jpg

a0104890_2221458.jpg

10:41 どんぐり橋
a0104890_2121784.jpg

a0104890_21212467.jpg

どんぐり橋の反対側には富山天文台。 前を通って遊歩道へ

10:58 東屋と案内板あり
a0104890_21331967.jpg

葉っぱの彩りに見とれてしまいます  いいね~
a0104890_21344064.jpg

a0104890_2134597.jpg

景色に見とれるあまり行き過ぎてしまいました~!
戻って、旧富山市では一番標高の高かった中山へ

11:51 中山158m  四等三角点あり
a0104890_21474232.jpg

反対側に下りて再度戻りま~す 歩きを楽しんでいるのですよ~♪

12:10 高塚との分岐
a0104890_21502512.jpg

12:29 長沢西城址案内板
a0104890_21513874.jpg

だ、そうです  再び、どんぐり橋へ

12:35~13:15 どんぐり橋の袂で昼食
a0104890_21545748.jpg

橋を渡り終え、上から見下ろす
a0104890_2211951.jpg

天文台の前から往きとは反対の遊歩道を歩き駐車場へ(出発前に撮影)
a0104890_2214551.jpg

13:40 駐車場着

歩いた距離 8.8km  歩数16,800歩

お喋りしながら楽しい楽しい歩きでした~♪
そして、昼食タイムでは笑い転げるほど可笑しくって、腹筋運動になりました~☆

※昨年、大事な山仲間が亡くなられました。今日は命日にあたります。
  ご冥福を祈り黙とうをささげて解散しました。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-11-12 22:34 | 登山・ハイキング | Comments(3)
わずかな時間で
長い迷走の時間に比べ、わずかな時間で2座縦走!

な~んて大げさですが、笹津山と大乗悟山です。

10月5日(日)

大乗悟山北登山口のある林道に車を駐車。
a0104890_22352419.jpg

11:26 先ずは笹津山へ
a0104890_22452425.jpg

笹津山直下の反射板
a0104890_22464280.jpg

笹津山の山頂は分かり難く、しっかりと確認出来なかった!

確認出来ないまま、反対側の林道へ下りる。
a0104890_22494292.jpg

11:50 鞍部に戻り大乗悟山登山口へ
a0104890_22542422.jpg

a0104890_22544072.jpg

途中鉄塔あり
a0104890_22584038.jpg

鉄塔を過ぎると滑り易い急登が続く ロープが有りがたい
a0104890_23054.jpg

12:20 大乗悟山山頂  小佐波御前山、背後には立山と薬師岳
a0104890_2305121.jpg

水戸黄門さまが助さん角さんを従えているようだ。

ランチタイム
a0104890_2310656.jpg

13:00 下りま~す

13:15 大乗悟山南登山口
a0104890_23131263.jpg

林道歩き
a0104890_23134290.jpg

林道から楡原地内を見下ろす
a0104890_23183666.jpg

紅葉
a0104890_23185441.jpg

13:30 駐車地点に戻る
a0104890_23193762.jpg

爽やかな小春日和のもと、のんびりと
ほとんど汗もかかず、いつもの散歩より楽な歩きでした~ (^_-)-☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-11-05 23:44 | 登山・ハイキング | Comments(2)
お助けマン
笹津山、大乗悟山を歩いてきました。

天湖森森林公園から入るのが一般的ですが、
須原地内から笹津山と大乗悟山の鞍部まで車で入る予定です。

神通第二ダムPに集合し須原地区を目指したのですが、
行き止まりに合い、戻って先に進むのですが何故か変!

変だと思いながらも下見したとの事だったので付いて行きました。

でも変!

ここで登場したのが、スマホに取り込んでおいた登山地図です。
(登山前)
a0104890_21472950.jpg

軌跡と現在位置が記されているので、迷走しているのが良くわかります。

修正して目標の林道に入り、無事に鞍部に辿り付く事が出来ました。
a0104890_2158949.jpg

25分の予定が、1時間かかりましたよ~★

それにしてもGPSアプリ様々です。

どんな仕組みになっているのか、さっぱりわかりませんが
文明の機器の凄さに感服した、忘れられない一日となりました。
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-11-05 22:10 | 登山・ハイキング | Comments(2)
一汗かきました~
明日の山は中止になりました!
どうして週末になると天気が悪いのかなぁ。 非常に残念です。

今日は午前中だけ自由の身なので、
短時間で一汗かける呉羽丘陵へ出かけました。

 8:10 呉羽ハイツ近くのしらとり広場に車を停め出発(トイレあり)
a0104890_19315960.jpg

 8:16 呉羽丘陵で一番標高が高い白鳥城跡 
      遊歩道の左には案内板 右側には三角点
a0104890_1936063.jpg

 8:37 のぞみの丘  
a0104890_19393971.jpg

左に目をやると樹間から剱岳 ズ~ムで引っ張ったよ~
a0104890_1939543.jpg

ミゾソバ
a0104890_21513361.jpg

 8:54 呉羽トンネルの上辺りから道路を見下ろす  
a0104890_19432180.jpg

 9:09 目的地点、御鷹台に到着  汗た~らたら
a0104890_19452016.jpg

コーヒーとミニあんパン1個でティタイム  うまい!

曇り空だがお山はそこそこ見えています。 特に薬師岳がお美しい!

鍬崎山 薬師岳 北ノ俣岳かな
a0104890_19534768.jpg

高速道路が鍬崎山まで続いているみたいだよ
a0104890_1954923.jpg

 9:25 帰りま~す

お名前は?
a0104890_21522059.jpg

カラタチバナ?
a0104890_21532299.jpg

 9:55 のぞみの丘
a0104890_21191038.jpg

ここで、以前一緒に山に登っていた仲間二人(姉妹)に偶然出会う!
何とも懐かしや~。

彼女たちは五福公園から出発しているのでここでUターンするとの事。
近況を話しながら一緒に下りてきました。

 10:20 しらとり広場着 マイカーが待ってます
a0104890_21333921.jpg

8時10分に出発、御鷹台で15分休憩、10時20分に戻る。

2時間10分の歩きで大汗を流す。 何と効率が良いのでしょう。
だからこの散策道好きなんです!

昼にはまだ時間があるので、トイレの横からしらとり展望台へ。
a0104890_21381778.jpg

初老の男性と山を眺めながら山談義  楽し~♪
a0104890_2139925.jpg

10:30 駐車場発

今日は短時間で大汗をかく事が出来て大満足でした~☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-10-28 21:59 | 登山・ハイキング | Comments(3)
泥んこ
干支の山、白鳥山(新潟県との県境)に行ってきました。

これまで何回となく登っていますが、秋は初めてじゃないかなぁ?
その初めての秋は、泥ん泥んの登山道が大歓迎してくれました!

坂田峠から栂海新道を登り、山姥コースを下ります。

坂田峠P→金時坂→シキ割の水場→山姥平→山姥コース分岐→山頂

山頂→山姥コース分岐→鼓滝(視界悪く確認出来ず))→山姥の洞
→山姥コース登山口(駐車スペースあり)→林道歩き→坂田峠P 周回


坂田峠 駐車場は2ヶ所あります(手前左と右に曲がった林道沿い)
a0104890_1921276.jpg

栂海新道の案内
a0104890_19215479.jpg

 7:30 出発  赤の矢印は親不知からの栂海新道
a0104890_19362254.jpg

いきなりの急登が続きます! これが噂の金時坂ですが金時の頭まで続く
a0104890_20493610.jpg

来る度に思うのだが何が金時なのか? さつま芋しか思い浮かばない・・・

 8:16 金時の頭  春には朽ちて落ちていた標識が新しくなっています
a0104890_2174095.jpg

 8:28 シキ割の水場
a0104890_2115055.jpg

ブナ林の尾根道に入る

 9:28 山姥平
a0104890_21114771.jpg

 9:42 山姥コースとの分岐
a0104890_2193844.jpg

10:00 白鳥山山頂  避難小屋あり
a0104890_2118296.jpg

裏へまわり、先ずは天を仰いでから昼食  小屋の中で摂る人も
a0104890_211923.jpg

ガスって展望は良くないが一瞬をとらえて中央に剱岳、右に初雪山
a0104890_21245187.jpg

頂上まで順調に登ってきましたが、登山道は泥ん泥んで
何処をどう歩けばいいのか? これが延々と続いたのですよ。
にもかかわらず皆さん上手に歩いておられました。  さ~すが!

10:40 下山  

10:50 分岐  山姥コースへ下ります
a0104890_2153438.jpg

靴底は泥で溝などありません! 滑らない様に気を付けてね
a0104890_21535277.jpg

11:50 山姥洞  この岩の上で山姥が踊ったそうですよ
a0104890_2156197.jpg

12:15 山姥コース登山口着  広い広い駐車スペースあり
a0104890_21572968.jpg

林道歩き
a0104890_21582367.jpg

12:45 坂田峠P着
a0104890_2159696.jpg

山姥コースは木の根っこが多く滑りやすかったのですが、
山慣れした人達ばかりなので何て事はなかったようです。

泥んこ登山でしたが、
雨は降らなかったし、それなりに楽しかったです~♪
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-10-21 22:29 | 登山・ハイキング | Comments(3)
リベンジ & もう一座 (つづき)
10月8日(日)

酸ヶ湯温泉で身も心も洗い流しスッキリした気分で
安比高原(あっぴこうげん・岩手県)に移動します。

お宿のディナーです。
a0104890_2128676.jpg

メニューがまっことユニーク。  頭を柔らかくして解読してね。
a0104890_2134175.jpg

美味しゅうございました。
a0104890_21402589.gif

10月9日(月・祝)

遠く離れた東北まで遠征したのですから、八甲田のリベンジだけで
済ませるわけにはいきません。。

せめてもう一座。  その一座は八幡平(はちまんたい)です。

有料の駐車場に車を停め出発
a0104890_21573979.jpg

 9:08 登山口は道路を挟んだ目の前
a0104890_2158181.jpg

左回りで周回
a0104890_21581550.jpg

  9:22 見返り峠
a0104890_21593344.jpg

 9:35 池塘の奥に八幡沼が見えてきました
a0104890_2203358.jpg

 9:52 分岐 右へ曲がり源太森へ向かう
a0104890_2216698.jpg

源太森への登り
a0104890_2217268.jpg

 9:52 源太森 
a0104890_2341231.jpg

秋田駒、鳥海山、岩手山など展望が良いらしいが、ガスってて何も見えねぇ

長居無用で分岐まで戻り再び湿原を進みます
a0104890_22255641.jpg

10:15 陵雲荘と八幡沼
a0104890_22274083.jpg

10:25 八幡平頂上 
a0104890_22324934.jpg

a0104890_2344357.jpg

10:45 鏡沼 コーヒータイム
a0104890_22362053.jpg

11:00 登山口着
a0104890_2236522.jpg

登山中はガスっていて、視界は良くありませんでした。 

残念でしたが帰路、車中からの紅葉に心奪われ撮影タイムをとりました。
a0104890_22535491.jpg

a0104890_22541272.jpg

a0104890_235308.jpg

a0104890_2355283.jpg

車中からも歓声があがります  上手く撮れないけどね
a0104890_2361623.jpg

東北山行は紅葉三昧の旅でした~☆
友とのお喋りも弾み、笑いこけながら実に楽しかったです~♪

長距離の運転ありがとうございました。<(_ _)>
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-10-11 23:34 | 登山・ハイキング | Comments(0)
リベンジ & もう一座
2年前八甲田山で暴風に合い、
明治の八甲田雪中行軍ならぬ暴風行となりました。

沢を流れる水は巻きあがり逆流しています!
前へ進むどころか体を維持するのに精いっぱい。

危険なので頂上を踏むどころか早々に撤退したのでした。

ず~と消化不良だったので再挑戦です。

10月7日(土) 移動日で十和田湖湖畔のホテルに泊る。

10月8日(日) 八甲田山(青森市) 

朝の散歩

ホテルは秋田県にありますが直ぐ横は青森県  県境です
a0104890_9385965.jpg

a0104890_941651.jpg

乙女の像(高村光太郎作) モデルと言われる愛妻智恵子さんは逞しかったのですね
a0104890_9452676.jpg

a0104890_11144060.gif

ホテルを後にして奥入瀬渓流を眺めながら
酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)近くのPに向かいます。

 9:25 八甲田大岳登山口(駐車場前)を出発 左回りに周回します
a0104890_11161892.jpg


 9:38 火山性ガスの影響 2年前より広がっているようだ・・・
a0104890_11373032.jpg

美しい紅葉の中を進みます
a0104890_11391419.jpg

10:35 沢に架かる橋 
a0104890_1139575.jpg

振り返ると岩木山の頭  2年前はこの先で撤退 
a0104890_11402716.jpg

11:00 左側に大岳が見えはじめました
a0104890_11444355.jpg

ズ~ム  OH!じぐざくに登ってるよ~
a0104890_11454026.jpg

11:45 山頂は目の前です
a0104890_11475520.jpg

11:50 八甲田大岳山頂  広い山頂は大賑わい 
a0104890_14105316.jpg

12:30 下りま~す
a0104890_22201176.jpg

井戸岳と避難小屋
a0104890_22212887.jpg

12:50 前に団体さんが居たので、この小屋で用を足すのに15分もかかりました (-"-)

毛無岱に入ると草紅葉が美しい!!!  写真は今一ですが・・・
a0104890_22271741.jpg
 
木の間から突然現れた絶景に思わず見とれる
a0104890_223516.jpg

時々振り返ったり
a0104890_22354820.jpg

a0104890_22382540.jpg

どこを眺めても美しい紅葉
a0104890_2240470.jpg

14:40 酸ヶ湯温泉の屋根が見えてきました 終着だよ
a0104890_2253168.jpg

a0104890_22533094.jpg

駐車場から大岳
a0104890_2316396.jpg

紅葉に酔いしれた八甲田山でした~☆

酸ヶ湯温泉で汗を流し次の目的地、安比高原に向かいます。

つづく
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-10-10 23:24 | 登山・ハイキング | Comments(2)
マイナーなコース
先週は裏剱、
昨日は後立山連峰を眺めながらの歩きでした。

10月1日(日) 晴れ

立山ケーブル→室堂→一ノ越→東一ノ越→タンボ平→黒部平
→黒部湖(ケーブル・ロープウェイ・トロリーバス)→室堂→立山駅

 6:40 立山ケーブルに乗車

 8:00 室堂出発  

室堂の紅葉はピークを過ぎて枯草色
a0104890_9252473.jpg

 8:50 一ノ越(10分休憩)  ほとんどの人は雄山狙いで賑わっている
a0104890_9262933.jpg

お山はスッキリ 東一ノ越への登山道見えるかな?
a0104890_92873.jpg

一ノ越から黒部湖まで標高差1250m ひたすら下るのです
a0104890_950487.jpg

御山谷は美しく紅葉
a0104890_9502537.jpg

 9:48 東一ノ越(10分休憩) 登山ルートは左のガレ場を降りる
a0104890_9512348.jpg

後立山連峰と黒部湖  白馬三山 五龍岳 鹿島槍ケ岳 唐松岳
a0104890_1317628.jpg

東一ノ越までは緩やかな下りだったが、
ここからはガレ場で滑りやすかったり、足元不安定なので要注意。
a0104890_13202657.jpg

a0104890_13223535.jpg

10:45 このルートでは、申し訳ない程のわずかな登り 
a0104890_13305248.jpg

11:30 後立山連峰と大観望  頭上にロープウェイ
a0104890_13323434.jpg

11:55 黒部平駅と黒部湖の分岐  直進し黒部平駅へ
a0104890_13391387.jpg

12:00 黒部平駅(昼食) 東一ノ越から~大観望~大汝山~富士ノ折立
a0104890_13505563.jpg

12:40 分岐に戻り黒部湖を目指す

13:10 ロッジくろよん
a0104890_13554088.jpg
 
13:45 黒部湖 カンパ谷橋
a0104890_14163517.jpg

13:50 黒部ケーブル駅着  黒部ダム散策
a0104890_1401215.jpg

14:20分のケーブルに乗り14:40分発のゴンドラに乗り換え
a0104890_14122029.jpg

a0104890_14124142.jpg

トロリーバスの待ち時間があったので大観峰の展望台へ
a0104890_1423891.jpg

赤沢岳 黒部湖の背後にはスバリ岳 針ノ木岳
a0104890_14232262.jpg

15:30 室堂着  予定通り

ところが室堂ターミナルでは高原バス乗り場に長蛇の列!!!
列は遅々として進みません。

行程通りだったのに、ここで沈没か? と思いきや

『美女平は1時間半待ちです。 この混雑を緩和するため
立山駅の直行バスを5台動かしますのでご了承ください』とのアナウンス。

ご了承しますとも! 異論なんてあるはず無いでしょ。
とっさに前に並ぶ人数を大まかに数える。
並んだタイミングが良かった~☆

美女平駅では大勢の人が外に溢れていました!

ご免なさいね。お先に失礼しますよ。

お陰で5時前に立山駅に着く事が出来ました。

運が良かったし、
下りのスペシャリストになった気分です。(^_-)-☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-10-02 20:49 | 登山・ハイキング | Comments(2)
写真
カメラは、いつまでも時計代わりの領域を出ません!
上手に撮ろうとか、勉強してみようとかは一切ありません。

だから、下手ですよ。

下手は下手なりに満足しているので記憶を辿ってみよう。
a0104890_9124746.gif

写真は拡大します。

1日目  
別山乗越(剱御前小屋)から  後立山連峰はず~と見守ってくれました
a0104890_961416.jpg

剱沢キャンプ場から  八峰
a0104890_98218.jpg

2日目
池の平小屋と池平山
a0104890_9251299.jpg

3日目
池平山登頂前に、おはよう~
a0104890_9292792.jpg

池平山登山道から  手が届きそう!
a0104890_9305442.jpg

小屋を後にした直後  眼下に平の池
a0104890_9362297.jpg

仙人峠から  剱岳と池平山
a0104890_938161.jpg

キングさま
a0104890_938313.jpg

仙人池にて
a0104890_941619.jpg

剱の左は、別山、真砂岳、富士ノ折立 だそうです
a0104890_9392477.jpg

4日目
水平歩道  2度目なのでそれほど危険は感じない
a0104890_9433615.jpg

その油断が事故を招くのだ
a0104890_9441612.jpg

あくまでも慎重に
a0104890_9444351.jpg

充実した4日間でした~☆

カメラさん、
これからも時計代わりでお付き合いしてね。 よろしく~

おわり
[PR]
by pcnmitsuko | 2017-09-29 19:14 | 登山・ハイキング | Comments(3)