「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
カズミさま  kazu..
by pcnmitsuko at 21:43
mitsukoさん、お久..
by カズミ at 22:37
jinkoさま  登山..
by pcnmitsuko at 21:37
ここはお花畑がきれいだと..
by pc-jinko at 12:46
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:28
全部山野草かな。 綺麗..
by isao1977k at 01:04
jinkoさま  最近..
by pcnmitsuko at 20:44
悪天候の中、お疲れさまで..
by pc-jinko at 14:28
jinkoさま  ツチ..
by pcnmitsuko at 19:34
ツチアケビって食べられる..
by pc-jinko at 22:14
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング( 501 )
山の日
8月11日(祝・木)

今年から自然に親しむ日として 『山の日』 が制定され
祝日になったので、その記念に立山を縦走(反時計回り)してきました。

山に行かずして何処へ行く? と言いたいほど
好天に恵まれ心地良い一日でした。

 7:30 室堂出発
a0104890_9292959.jpg

 8:20~8:35 一ノ越 山座同定に心躍る
a0104890_9305766.jpg

a0104890_9531882.jpg

 9:00 三ノ越 休憩しながら山座同定 山がわかると嬉しいねぇ
a0104890_9545618.jpg

a0104890_10141346.jpg

 9:25~9:35 雄山
a0104890_10181269.jpg

10:00 大汝小屋にザックを置き空身で大汝山へ
a0104890_10261858.jpg

黒部湖の向こうには針ノ木岳  
a0104890_10334183.jpg

映画の舞台にもなった大汝小屋
a0104890_10274739.jpg

10:30 富士ノ折立 
a0104890_10545743.jpg

これから目指す真砂岳・別山の稜線の向こうには剱岳
a0104890_1056426.jpg

鹿島槍ケ岳は双耳峰ですが、立山からはどっしりとした構えに見えます
a0104890_1058451.jpg

稜線にはトウヤクリンドウが咲き乱れ癒してくれます
a0104890_10595340.jpg

11:20 真砂岳山頂  以前は何処が山頂か分かりにくかったのですが、
               しっかりとした看板がありました
a0104890_1341553.jpg

12:10~12:50 別山  男前の剱岳を眺めながら昼食
a0104890_1104435.jpg

a0104890_1133768.jpg

13:10~13:20 剱御前小屋 トイレ休憩の後新室堂乗越へ下ります
a0104890_12413184.jpg
 
前方には大日連山
a0104890_12423268.jpg

縦走路を眺めながらテン場がある雷鳥平を目指して
a0104890_12461156.jpg

14:40~14:50 雷鳥平  こんなに多くのテント初めて! 賑わっています
a0104890_12482212.jpg

石畳の通路を挟んで、
手前にはもっともっと多くのテントが張られています 皆さん楽しそう~♪

15:35 室堂ターミナル着
a0104890_12504557.jpg

玉殿の湧水に直行したっぷりと水分補給  おいし~☆
生き返りました!

4時を過ぎても山に雲がかかることもなく、雄大な姿をみせています。
山の日が必ず良い天気になるという特異日になればいいなぁ。emoticon-0157-sun.gif
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-08-15 13:27 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
黒部源流を歩く④ 黒部五郎小舎~北ノ俣岳~太郎平~折立
8月1日(月) 4日目 最終日

黒部源流域の山で唯一残っていた黒部五郎岳です。
天気良し!体調良し!仲間良し! 待ちに待ったこの日がやってきました。

 4:15 黒部五郎小舎を出発(2350m)
a0104890_13375964.jpg

小舎前からカールコースへ(前日に撮影)
a0104890_13385839.jpg

 5:00 岩ゴロゴロのカールからモルゲンロートがきれい
a0104890_13525271.jpg

 6:35 黒部五郎岳の肩 山頂を見上げる
a0104890_1585955.jpg

 6:50 黒部五郎岳山頂(2840m) 360度の展望に大感激!

鍬崎山と剱岳を従えた薬師岳はデカイなぁ!
a0104890_15121456.jpg

今回の山行では、ず~と薬師岳に見守られていました。
そのどっしりとした構えは北アルプスの女王に相応しいと実感しました。

左は下山ルートの赤木岳・北ノ俣岳
a0104890_15124168.jpg

カールから黒部源流方面
a0104890_1547197.jpg

双六岳の後ろに聳える槍ケ岳と穂高連峰
a0104890_15495212.jpg

笠ケ岳 その後ろに乗鞍岳と御嶽山
a0104890_15522215.jpg

 7:05 下山ルートを眺めながら山頂を後にします
     穏やかなルートに見えますが、なかなかどうして手強かった!  
a0104890_15134479.jpg

 9:25 赤木岳(2622m) 
     ここまでいくつかのアップダウンを繰り返し長く感じた!

 9:40 振り返ると黒部五郎岳 あれまぁ雲が・・・
a0104890_16305435.jpg

10:20~10:30 北ノ俣岳山頂(2662m)  ここも展望が良い!
a0104890_1631943.jpg

薬師岳 赤牛岳 水晶岳 ワリモ岳 鷲羽岳 祖父岳 黒部五郎岳 
最奥の山々が勢ぞろいし壮観でした。

イワショウブ オヤマリンドウ タテヤマリンドウ
a0104890_16435547.jpg

11:50 太郎山(2373m)  分岐から入ると眼下に太郎小屋 
a0104890_16564833.jpg

ここが頂上と思いきや少し先に岩らしき塊が 手前の方が高く感じたよ
a0104890_16573682.jpg

12:00 太郎平小屋(2330m) 
     パンに飽きたのでラーメンを食べました。 うんまかった~

12:40 さぁ帰りましょう
a0104890_17334515.jpg

13:05 五光岩ベンチ通過

14:10 三角点 休憩

15:35 登山口着
a0104890_1738029.jpg


最奥の山を縦走した3泊4日の山旅が終わりました。
機会があれば何度でも出かけたい山域です。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-08-05 22:12 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
黒部源流を歩く③-2 三俣山荘~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎
7月31日(日)

12:00 三俣山荘(2550m)を出発し鷲羽岳を振り返る 
     名前通りの形に見えなくもないなぁ
a0104890_19581424.jpg

12:45 三俣峠から三俣蓮華岳山頂を見上げる 見た目より急だよ!
a0104890_19591669.jpg

13:00 三俣蓮華岳山頂(2841m) 標柱の横から鷲羽岳・ワリモ岳・水晶岳
a0104890_2005462.jpg

長野・富山・岐阜三県の境界から山頂を振り返る
a0104890_202516.jpg

中央に祖父岳  雲ノ平の奥には薬師岳も
a0104890_2034224.jpg

タカネヤハズハハコ
a0104890_2041958.jpg

14:45 黒部五郎小舎着(2350m) 
3日目の宴会は生ビールで!emoticon-0167-beer.gif体に染み渡る~!
a0104890_20225096.jpg

持ち寄ったつまみは全て食べつくしました~!何もかもうまかった~(^^♪

明朝の出発が早いので今の内にルート案内を撮っておこう
a0104890_20274515.jpg

明日はいよいよ黒部五郎岳です。 わくわくするな~☆

つづく
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-08-04 21:33 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
黒部源流を歩く③-1 高天原山荘~三俣山荘
7月31日(日) 3日目です
 高天原山荘~岩苔乗越~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎泊りです。

 4:45 高天原山荘(2128m)出発
a0104890_22463263.jpg

 5:45 水晶池入口 水晶岳が見えないので水晶池には寄りません
a0104890_2246485.jpg

 7:00 標高差600メートルをひたすら登っていきます 中央奥は鷲羽岳
a0104890_236487.jpg

 7:30 お花畑 
     ハクサンボウフウとクルマユリが一面に咲いています
a0104890_2341064.jpg

a0104890_13565235.jpg

 8:00 岩苔乗越着(2730m)
a0104890_13573320.jpg

ここで、どうしても鷲羽岳に登りたいご人と
黒部源流の最初の一滴に関心を示すご人と二手に分かれ
三俣山荘で落ち合う事にして再出発します。

 8:10 鷲羽岳組を見送ります いってらっしゃ~い
a0104890_1464691.jpg

黒部源流の登山道は沢音が心地よく
穏やかな景色を眺めながら下るので非常に快適です
a0104890_14184130.jpg

左に三俣山荘 右に三俣蓮華岳
a0104890_14194614.jpg

 9:10 分岐 
a0104890_1542361.jpg

この辺りに源流がありそうなのでザックを下ろし手分けして探します
見つからないのでそのまま三俣山荘方面に進むと

 9:20
a0104890_15122465.jpg

鷲羽岳に向かう沢なのでここを分け入るのかもしれませんが、縄が張られています
誰彼と見境もなく侵入されると自然破壊に繋がりますものね

諦めて先に進むと直ぐに開けた場所があり黒部川水源地の碑が建っています
背後には鷲羽岳(2924m)が聳えています
a0104890_15342128.jpg

これからは上りになります あれは黒部五郎岳のカールだね 待っててね~
a0104890_15411970.jpg

10:25 三俣山荘着(2550m)
a0104890_1666100.jpg

鷲羽岳組はまだです。チョッと遅いので何度も見上げます。
a0104890_16155665.jpg

11:15(?)山頂の展望があまりにも素晴らしいので長居していたそうです。

揃ったところで昼食をとり三俣蓮華岳に向かいます。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-08-04 21:32 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
黒部源流を歩く②-2 高天ヶ原温泉~夢の平・竜晶池ピストン
7月30日(土) 高天原山荘で昼食後高天ケ原温泉、夢の平、竜晶池へ

12:35(?) 高天ヶ原に向けて出発

12:55 温泉沢着 
a0104890_10532788.jpg

手前には露天風呂がありますが、沢向こうには男女別の風呂
a0104890_10582122.jpg

温泉に入る前に夢の平、竜晶池へ行ってみましょう

13:10 分岐 先ずは左の夢の平へ
a0104890_1174672.jpg

13:16 夢の平 極楽浄土だね
a0104890_1119132.jpg

13:27 竜晶池 
     自然がそのまま息づいて神聖な場に見えます 
a0104890_1143366.jpg

極楽浄土と神聖な池で心が洗われました。
片手落ちにならないように温泉で体もしっかりと洗ってきましたよ。

15:00 高天原山荘に戻る

温泉と小屋とは少々離れています。
直ぐそばにあればいいのにとは思いますが、
温泉に入れるだけでも幸せ~☆です。

明日も頑張るぞ~!
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-08-03 21:32 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
黒部源流を歩く②-1 薬師沢小屋~高天原山荘
7月30日(土) 薬師沢小屋から大東新道を通り高天原山荘へ

 6:00 薬師沢小屋(1920m)を出発 歩き始めは小雨
a0104890_19583382.jpg

河原へ下ります
a0104890_2031972.jpg

高天原と雲ノ平との分岐を過ぎてすぐに雨具を脱ぐ

しばらく本流に沿って進みますが、分かりにくい!
a0104890_2013274.jpg

 8:00 ルートを探しながら高巻きしたり下ったりと結構大変よ! 
a0104890_20274126.jpg

 8:20 B沢出合い 本流を離れ右のB沢を登る
a0104890_20333589.jpg
 
a0104890_20375482.jpg

 8:30 渡りきった所に現在地の表示 気持ちがほんわかします 
a0104890_20421358.jpg

斜面一面に咲いているのは何だったっけ? ヒメシャジンですか?
a0104890_2046512.jpg

尾根を登ったり沢に降りたりしてB沢、C沢をクリア 結構しんどいよ!
a0104890_20582426.jpg

可愛いウメバチソウ
a0104890_21274924.jpg

D沢を渡ったあたりから見え隠れする山が気になっています
 
 9:50 E沢で休憩
a0104890_2130552.jpg

気になっていたお山は薬師岳です どっしりと構えていますね
a0104890_2130515.jpg

10:47 高天原峠(2250m 休憩) 雲ノ平方面と合流
a0104890_21411354.jpg

11:45 岩苔乗越分岐 明日はここまで戻り岩苔乗越を目指します
a0104890_21462191.jpg

水晶岳が姿を現しました
a0104890_2147893.jpg

高天ケ原の湿原 真正面に水晶岳 いい雰囲気だなぁ
a0104890_21475667.jpg

11:53 高天原山荘着
a0104890_21491668.jpg

昼食後、身を軽くして楽しみにしていた温泉へ
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-08-03 21:10 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
黒部源流を歩く① 折立~薬師沢小屋
黒部源流域の山で登っていないのが黒部五郎岳です。

大東新道と共にいつの日か登りたいと思っていました。
今回誘って頂き双方とも念願が叶い、
気持ちの良い山歩きをしてきました。

7月29日(金) 折立から薬師沢小屋まで

 7:30 折立ての登山口(1350m)を出発し、
     直ぐ先の慰霊碑で安全祈願
a0104890_15421671.jpg

 8:30 急な登りなのでアラレちゃんで一息入れます
a0104890_15423626.jpg

a0104890_15442588.jpg

 9:10 三角点(1871m) ベンチがあるので休憩
a0104890_1558896.jpg

登山道は少し緩やかになり、景色を眺めながら順調に登っていきます
a0104890_1645629.jpg

10:00 何やらちょこちょこと動く物が? オコジョです 動かないで~
a0104890_16142116.jpg

ガスってきましたが、一歩一歩進んでいきます
a0104890_16195273.jpg

10:40 五光岩ベンチを通過

11:45~12:45 太郎平(2330m昼食) 
          残念ながら何も見えません
a0104890_1626137.jpg

これから薬師沢へ下ります 
木道が乾いていたので安心して下る事が出来ました

13:00 第一渡渉 三つの橋があります
a0104890_16342026.jpg

13:35 第三渡渉(左俣出合)
a0104890_16363024.jpg

14:45 薬師沢小屋着(1920m)
a0104890_16374146.jpg

沢山のお花に癒されながらここまでやってきました。
しかし新しいカメラは少々使い難いので、
肉眼の焼きつけが多く、写真はわずかです。わずかの中から

キンコウカ クロトウヒレン トリカブト 
ミヤマアキノキリンソウ ミヤマリンドウ イワオトギリ
a0104890_17271860.jpg

a0104890_170336.gif

明日は待望の大東新道から高天原へ向かいます。
未知のルートに期待が膨らむよ~。(^^♪
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-08-02 21:18 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
三度目の正直④ 上河内岳 畑薙登山口へ下山
7月18日(月・祝) 晴れました~☆

先ずは富士山にご挨拶
a0104890_2140393.jpg

  5:35 上河内岳を目指し茶臼小屋を出発
a0104890_2142631.jpg

左に茶臼岳が見えてきました。
a0104890_21472789.jpg

  5:50 分岐に出ると、兎岳・聖岳・大河内岳の頭が。いい眺めです。
a0104890_21504139.jpg

  6:05 突然姿を現した上河内岳。 思わず叫ぶ。男前だなぁ!
a0104890_21542938.jpg

  6:15 早々に男前に出会ってしまったので、
      目的達成!って感じになってしまいました。

登頂は健脚組に任せて、のんびりと小屋へ戻る事にします。
a0104890_220786.jpg

前日縦走した茶臼岳から光岳方面
a0104890_2226667.jpg

茶臼岳
a0104890_22262675.jpg

カメラ第一だったのが、お天気が良いとお花にも心が動きます。
a0104890_22362847.jpg

a0104890_23111781.jpg

  8:25 小屋で談笑していると上河内岳組みが帰って来ました。

  8:50 みんな揃ったところで下山開始。

振り返って茶臼小屋。 お世話になりました。
a0104890_22494090.jpg

急下降
a0104890_22534384.jpg

ややこしい足元
a0104890_22555263.jpg

踏み抜きそうな吊り橋
a0104890_22545880.jpg

 13:10 慎重に下りて、登山口の大吊橋を渡り終えました。

ここから駐車場まで40分の林道歩きです。 苦手だなぁ~。

 14:15~15:15 前泊した白樺荘でひと風呂浴び帰路に着きます。

辛うじてシンデレラは免れましたが、移動の長かった事!
3年越しの光岳は本当に遠い存在でした。

運転して下さったお二人さん、ありがとうございました。

おわり
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-07-22 23:11 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
三度目の正直③ 茶臼小屋から光岳往復
7月17日(日)曇り 山の中は霧がたちこめ幻想的

  5:50 茶臼小屋出発
a0104890_20262553.jpg

  6:20 茶臼岳 全く展望なし
a0104890_20274353.jpg

  7:00 希望峰(仁田岳との分岐) 視界も無いのに仁田岳へ。
a0104890_2033152.jpg

ハイマツを手でかき分け、脚で押し出し、下半身はじっとりと濡れる。

  7:20 仁田岳山頂 な~んも見えない。
a0104890_2037474.jpg

よう来たなぁ と山の神様の声が聞こえたような・・・。

  7:40 分岐に戻る 
 
  9:05 易老岳(易老渡との分岐)
a0104890_20481275.jpg

 10:05 三吉平(休憩) 
a0104890_20523936.jpg

山の中は、ず~とこんな感じ。 良く言えば幻想的なんだけどねぇ・・・。
a0104890_21114960.jpg

鳥海山でカメラが壊れ、今回は新品です。
今日のような湿気のある天候では頻繁に出し入れしたくありません。

瑞々しく可愛いお花がたくさん出迎えてくれたのにカメラの方が大事で
ほとんど撮っていませんが、何故かイチヤクソウがありました。
a0104890_21195658.jpg

ここから登山道は一変します。 岩ご~ろごろです。
a0104890_21203442.jpg

 11:10 静高平(水場あり)
a0104890_21242084.jpg

木道も現れます。 何となく先が見えてきました。
a0104890_21225828.jpg

 11:40 光小屋着
a0104890_21252337.jpg

当初の予定では光小屋泊だったのですが、茶臼小屋へ戻る事に。
空身で光岳へ向かいます。

 12:00 光岳山頂 どこもかしこも展望なし。(ここは元々ないそうです)
a0104890_21324044.jpg

 12:30 小屋に戻り昼食後 戻りま~す。
a0104890_2284057.jpg

 14:30 易老岳 気持ちが急いていたのか、2時間でやっと休憩です。

この2時間の歩きが、3日間で一番辛くてしんどい時間でした。

 16:10 希望峰(休憩) 手前でも水飲み休憩しましたよ。だって持たないよ~。

 17:00 茶臼岳

 17:30 茶臼小屋着
a0104890_21481913.jpg

光小屋は変な小屋で、50歳以上3人以内なら食事を出してくれますが、
それ以上の人数では出ないのです。

とんぼ返りだったら不必要な荷は茶臼小屋にデポして来られたのですが。
急遽変更になったんで重い荷を背負っての往復でした。 

肩の痛かった事!  11時間40分のロングトレーニングでした。

つづく
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-07-21 22:09 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
三度目の正直② 畑薙登山口から茶臼小屋まで
7月16日(土) 曇り

5:20  前泊した白樺荘を出発し沼平駐車場に移動

5:50  ゲート前を通過し林道を歩く
a0104890_5281294.jpg

6:35  登山口の畑薙大吊橋を渡って対岸へ(181.7m)  揺れるよ~
a0104890_533554.jpg

7:05  ヤレヤレ峠 一息つく
a0104890_5341134.jpg

朽ちた吊り橋や(定員5名で4つ)、ややこしい鉄ばしごあり
a0104890_540470.jpg

2つ目の吊り橋でスッテンコロリン! スネに傷を持つ女に (;一_一)

8:15  ウソッコ沢避難小屋  これから中の段まではかなりの急登
a0104890_5561812.jpg
 
9:10  中の段 まだまだ登りは続くよ
a0104890_615565.jpg

9:55~10:15  横窪峠から下って横窪沢小屋へ  大休憩
a0104890_655161.jpg

利用もしないのに、待っていたとばかりに労いのお茶。
このお茶は香りがあって実に美味しかった。 ありがとう!

11:00  ベンチがあるので休憩
a0104890_6172740.jpg

ここにも倒木を利用したベンチがあります。ほほ笑ましい案内板も。 
先客がいたので通過します。
a0104890_6201138.jpg

11:30  水場 この水も美味しかったな~
a0104890_6243091.jpg

11:55~12:15  樺段(昼食)
a0104890_6271340.jpg

一服いかが? させてもらいました。
a0104890_6351615.jpg

ず~~~と、下を見ながら樹林帯を歩いてきましたが、ようやくお花出現
a0104890_6391947.jpg

12:55  茶臼小屋着 歩き始めて7時間です。
a0104890_22442028.jpg

小屋の周辺の花々が、疲れた体を癒してくれます。
a0104890_22423634.jpg

5時の夕食まで長いよ~。 宴会だね~☆ 

19:00  富士山です! 
一日の終わりにきて、ようやく気持ちがときめきました。
a0104890_22503478.jpg

急傾斜を辛抱しながら登って来たご褒美ですね。

さぁ、シュラフに潜って寝よう。

つづく
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-07-20 23:09 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)