竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
美しき夫婦愛(#^.^#..
by pc-jinko at 06:46
そちらは運動会、春にやる..
by isao1977k at 01:04
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:43
なんか腹が立ちますね! ..
by pc-jinko at 20:54
怖いですね~。 騙され..
by isao1977k at 00:23
idao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 19:54
お祭りは賑やかで良いです..
by isao1977k at 01:04
kyokoさま  自分..
by pcnmitsuko at 23:39
ご無沙汰しております。 ..
by pcnkyoko at 14:47
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 21:46
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング ( 481 )
体力作りにはもってこいの山
無積雪時での大倉山(1443・2m 上市町)は初めてです。

参加者30名・大部隊です。10名づつ3班に分けて登る。
前の班とは3~4分の間隔を開けて進む。自分は最後の3班です。

8:30 登山口出発(標高595m)

駐車地点の奥を5mほど進むと左側に登山口
a0104890_22385997.jpg

a0104890_22392077.jpg

いきなりの急登が1000メートル近くまで続く

9:37 1000m
a0104890_22455059.jpg

11:08 大倉山山頂 三等三角点と祠
a0104890_22543330.jpg

もう少し奥へ進むと、剱岳 雄山 奥大日岳 大日岳
a0104890_22492158.jpg

籔に拒まれこれ以上進めず 山を眺めながら昼食とする
a0104890_2310187.jpg


12:00 下山開始 滑らない様にゆっくりと

13:50 登山口着

展望は期待していませんでしたが、
剱岳から雄山・大日岳が目視出来ただけでもラッキーでした。

展望はさておき、1000メートルまでは急登が続くので
トレーニング効果は絶大でしたが、その急登もススタケ狙いで
ゆっくり登ったので、それほど苦にもならず今日も楽しいお山でした~♪

タムシバ ひかり輝き美しかった~
a0104890_23255410.jpg

a0104890_23263345.jpg

ムラサキヤシオ
a0104890_23271389.jpg

コヨウラクツツジ 果実のようなお花 (初めて教えてもらいました)
a0104890_23363879.jpg


2013年 積雪時の大倉山←クリック
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-05-22 23:58 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
食材確保
明日の宵祭りの食材がゲットできるのでは? と、
淡~い期待を背負ってのお山です。

8:53 出発
a0104890_17574145.jpg

a0104890_1758444.jpg

9:11 御前山登山道入り口
a0104890_17584781.jpg

左方向を見ると、あれは剱岳だね。
a0104890_19185965.jpg

9:20 毛勝三山 剱岳 立山 竜王岳
a0104890_19174319.jpg

鍬崎山や薬師岳も見えたのに・・・パノラマ機能が欲しいなぁ。

10:05~10:15 御前山で一服
a0104890_19241276.jpg

10:28 小佐波御前山の登山口  (林道終点)
a0104890_19322336.jpg

10:35 獅子ヶ鼻  いつ眺めても絵になるなぁ。
a0104890_19304785.jpg

a0104890_19323831.jpg

11:14 登山道を挟んで右に二等三角点 
a0104890_19362411.jpg

左に祠
a0104890_19364654.jpg

広場を素通り、避難小屋も素通りして展望台へ

11:25 展望台 立山が正面に輝いています。
a0104890_19474576.jpg

積雪時にはもっと広く見えるのになぁ。

11:30~12:07 広場へ戻り昼食
a0104890_2013341.jpg

12:37 小佐波御前山登山口

12:50 御前山入り口

13:22 御前山登山口

風の城を通らず手前で樹林帯へ入り、
探し物をしながら階段の下へ出ました。

13:49 無事下山
a0104890_208157.jpg


ほど良い運動は出来たし、ほどほどの食材は確保出来たし、
めでたし・めでた~し。

一足早い祭り気分です。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-05-13 20:22 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
春の里山
5月1日 

5月最初の歩きは、誰でも気軽に登る事が出来る
尖山(559m)と吉峰山(370m)です。
      
8:40 横江の駐車場を出発

集落を抜け橋を渡るとショートカットの近道があります。
a0104890_2395861.jpg

8:57 夏椿峠登山口から入山し、峠経由で山頂へ。

新緑は気持ちが安らぎますねぇ。
a0104890_23134499.jpg

9:28~9:34 夏椿峠で一休みして次に備えましょう。

登山道は歩き易かったこれまでとは一変し、直登の急登となります。
しかも滑り易いのでよじ登る感じです。

9:50 通常の登山道に出ました。 
a0104890_23131716.jpg

9:55 山頂着  
 山は霞んでいましたが、看板を頼りに山座同定。
a0104890_23201795.jpg

10:15 下山 沢沿いを下ります。
a0104890_23211815.jpg

滝の音を聞きながら足取りも快調快調!
a0104890_2322123.jpg

11:15 駐車場着

次の目的地、グリーンパーク吉峰に移動します。
a0104890_034317.gif

皆さんお腹が空いてきたようなので、とりあえず憩いの広場へ。
11:40~12:20 藤棚の下で昼食。
12:55~13:05 アーバンタワー
a0104890_013740.jpg

13:26~13:36 展望台
14:55 解散

のんびりとお喋りしながら、お花を愛でながら
心地良い散策でした。 楽しかった。

では、お花を少々。

オオデマリ
a0104890_0301146.jpg

ミツガシワ
a0104890_0262386.jpg

イエロースカンク(黄色いミズバショウ)
a0104890_0282019.jpg

ハンカチノキ
a0104890_0274181.jpg

フジ(尖山の林道で)
a0104890_0425068.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2016-05-03 00:43 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
不安を払拭
昨日のお山は天候が今一だったので、
今日に順延となりました。

春の彷徨と違い今回は一応登山です。
痛みが出ないかなぁ。
迷惑をかける事にならないかなぁ。と、
不安が先に立ち、夜は眠る事が出来ませんでした。

しかしスローペースだったので、
体に優しく無理なく歩く事が出来ました。良かったぁ。(^v^)

今日のお山は、新潟県との県境にある白鳥山(1287m)です。

7:55 坂田峠の駐車場を出発(標高600m)山も春めいてきました。
a0104890_22332736.jpg

直ぐに登山口ですが、のっけから急登(金時坂)が始まります。
a0104890_22364431.jpg

900m辺りまでは辛抱の登りです。

1時間ほどで急登を登り終えると残雪の上に出ます。
ここからはアップダウンを繰り返しますが、
お山が一緒なので退屈はしません。

おっ、見慣れた山容に心ときめきます。
左の山は青海黒姫山。そして海谷三山に頸城の山々では?
a0104890_22591786.jpg

a0104890_23183565.jpg

ズーム
a0104890_23184811.jpg

右奥に山頂小屋が見えます。
a0104890_2325302.jpg

小屋が見え始めて1時間ほど経ちます。
急登は辛いけど高度が稼げるのに、小さなアップダウンは
距離が長いです。なかなか頂上に辿りつきません。

一生懸命歩いているのですよ。
a0104890_2333628.jpg

10:30 山頂着  自分なりの山座同定。
a0104890_23482435.jpg

右に目を向けると、中央右に何やらアピールするものが。
a0104890_23493622.jpg

ズーム 剱さまじゃありませんか。 初雪山もどっしりと立派。
a0104890_23503885.jpg

お山の名前は自己満足の域をでませんので、
違っていたらごめんなさい。

11:15 山頂を後にして下山開始。

残雪もありましたが、山は芽吹きが進み優しく微笑んでいます。
a0104890_063670.jpg

13:00 坂田峠着

心配したほど体に負担がかからなかったので、
ほっとしています。 良かった~(^^♪

マンサク
a0104890_011316.jpg

イワナシ
a0104890_014448.jpg

カタクリ
a0104890_03312.jpg

イワウチワ
a0104890_032161.jpg

[PR]
by pcnmitsuko | 2016-04-30 23:57 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(3)
気分直し
4月24日

ブルーな気持ちを断ち切ろうと、春の彷徨に参加しました。

体の痛みは和らいだとはいえ、薬で抑えているだけなので
動きをセーブしながらやわやわと歩いてきました。

8時過ぎに大沢野の寺家公園前を出発し
御前山の麓を周回します。

歩き始めは真っ暗な隧道を3つも通過します。
薄気味悪いったらありゃしない。 皆で通れば怖くないか!
a0104890_2334464.jpg

気色悪いトンネルを除けば、
山菜や路傍の草花と戯れたり、勉強会が始まったりと
野の春は実に楽しかったです。

写真撮影もほどほどにしていたのですが。
そこそこ映っているのだけアップしておきます。

これな~んだ?  ハンカチの木の花が終わった実です。
a0104890_2339290.jpg

ニワトコ  ブロッコリーのようなお花は黄白色に変化。
a0104890_23482976.jpg

ウマノアシガタ?
a0104890_054253.jpg

ヒロハテンナンショウ
a0104890_0103560.jpg

ヒトリシズカ
a0104890_011071.jpg

トキワイカリソウ
a0104890_0114355.jpg

ムラサキケマン  キケマン
a0104890_0123558.jpg

キクザキイチゲ
a0104890_0132652.jpg

キランニシキゴロモ(キランソウとニシキゴロモの雑種)
a0104890_0145263.jpg

カタクリ
a0104890_0152139.jpg

ウワミズザクラ
a0104890_0154786.jpg

カキドウシ
a0104890_0162457.jpg

チゴユリ
a0104890_0165950.jpg

ツルカノコソウ
a0104890_0172522.jpg

ギョイコウ(御衣黄桜)
a0104890_013346.jpg

2時半過ぎに解散し、
寺家公園をちょっとばかし覗いて、お土産と共に帰りました。(●^o^●)
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-04-25 00:23 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(4)
首が・・・・
就寝中の事です。

寝返りをした途端、首の右から肩にかけて痛みが走りました。
いや~な予感がしたのですが、眠気の方が勝りそのまま
寝入ったようです。

朝起きようとしたら首が動きません!
a0104890_959192.jpg

首に障害を持つ自分としては一大事です。

どうしたもんじゃろのぉ・・・・・ 

平気を装っていますが、気持ちは結構ブルーです。

家事をする気にもならず、
首に湿布を貼りパソコンを開いて検索です。

寝違えの原因
•寝違いで首が痛くなり動かなくなる原因は、
寝ている間に脇の内側を通る腋窩神経(えきかしんけい)が
圧迫されること。
•腋窩神経は首を支える筋肉につながっていて、
ここが血行不良でしびれると首に痛みが発生する。

【根本治療】脇の下の筋肉を伸ばし、血行をよくする

1.リラックスして手をダラーっと下げる。
2.首の痛む側の手をゆっくり後ろに、
 自然に止まるところまで引き上げる。
3.止まったところで、20秒数える。
4.次に肘を110度に曲げた(鈍角)状態から前方に上げていく。
 おそらく真上まで上がる。
5.その状態で20秒。
6.以上を3セットほどすれば神経が開放されて首が動かせる。
 重症な人はさらに2〜3セット続ける。

首や肩の痛いところを揉んだり、湿布を貼っても治らないが、
上記の方法で脇の下の血行を回復したら、
動かない首がすぐ動くようになる。

ほんとうかなぁ・・・。 騙されたと思ってやってみよう。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-04-19 10:24 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
観音巡り
高校生の頃、友達と遊びに行った大川寺遊園地。
電車を2回乗り継ぎ、時間をかけて行ったものです。

色々な遊具があったはずなのに記憶に残っているのは、
ゴーカートに興じている姿です。 車に憧れていたのかなぁ。 

そんな記憶に残る遊園地ですが、20年前に廃園となっています。
今はどうなっているのか知りたい気持ちもあり
大川寺三十三観音巡りに参加しました。

大川寺駅に車を停め9時に出発
a0104890_2295579.jpg

先ず不動寺(尼寺)に寄って観音さまの場所を確認
a0104890_22372572.jpg

a0104890_22373959.jpg

尼寺の横から舗装された道路に出ると一番発見
a0104890_22445938.jpg

かっての遊園地へ入ります
a0104890_22492774.jpg

わぉ~! 見事に自然返りしています
a0104890_011390.jpg

少しホッとしました。
a0104890_0235459.jpg

昭和33年の国体では、この地で昭和天皇皇后をお迎えして
馬術競技が行われたそうです。
それを記念して碑が建っていました。
a0104890_2332910.jpg

a0104890_2352985.jpg

すっかり忘れ去られた感じで侘しい。

直ぐ横には売店跡の建物
表現の自由を主張する輩に乗っ取られています。
a0104890_23115048.jpg

屋上からの展望は遮るものがないので絶景です!
わが県が誇る山々が一望できるのです。
a0104890_2336475.jpg

a0104890_23371011.jpg

a0104890_23405486.jpg

帰り際に剱岳と大日岳
a0104890_23414079.jpg

再び観音巡り
a0104890_235327.jpg

長閑ですなぁ。 向こうに見える山はなんちゅう山だろ?
a0104890_23552778.jpg

まだ十三番までですよ。 必死に探しましょう。
a0104890_02665.jpg

a0104890_074525.jpg

三十三番は曹洞宗・大川禅寺横にありました。
a0104890_0184365.jpg

a0104890_019672.jpg

反省:
観音様を感じる事もなく、終始写真に拘った事を懺悔します。
次があれば、しっかりとお参りしよう。

また、思い出の遊園地の現状には驚きましたが、
観音さまのたたずまいとしては静かで良いのかもしれません。
穏やかな一日でした。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-04-17 23:57 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)
課題はスローウォーク
岐阜県の福地山(1671.7m)へ行ってきました。

予想通り、雪はありません。
申し訳程度の雪が頂上にチョコッとあっただけです。

カンジキ・アイゼン装備の雪上登山が
おしゃべり楽しい、早春ハイキングに転じました。

登山者用駐車場 以前はなかったのにいつ出来たのかしら?
a0104890_2045643.jpg

朝市前を通り
a0104890_20524691.jpg

トレッキングマップのある道路を横断し登山口へ
a0104890_20531987.jpg

9:10 登山口出発
a0104890_20551878.jpg

マップでは、頂上まで2時間30分です。
足場が良いので、我が会ならそんなにかかるはずがありません。

ところがリーダーから前代未聞の課題が!
頂上予定は11時30分だから、そのペースで登りなさい。 と。

先頭集団の健脚兵隊は、3歩進んで2歩下がるような
スローウォーク修行を強いられるのです。

登り初めは植林の杉林
a0104890_2119554.jpg

間もなく焼岳の展望(下山時撮影)
a0104890_21195826.jpg

10:10 つづら折れの登山道は谷側コースと尾根コースがあります。
     迷わず尾根コースへ
a0104890_21352818.jpg

10:25 第一展望台 穂高連峰がそそり立つ
      (クリック・虫眼鏡で拡大します)
a0104890_23113595.jpg

a0104890_2310674.jpg

10:33 無然平(谷側コースと合流)
a0104890_9125773.jpg

10:44 再度尾根コースへ
a0104890_2156739.jpg

11:05 第二展望台 穂高連峰~焼岳

11:23 第三をスルーして第四展望台 

11:30 頂上着  素晴らしい! ぴったしカンカンですよ。
            次世代のリーダー達に大拍手~。
a0104890_22121453.jpg

頂上展望

三等三角点と大木場ノ辻の後方に笠ケ岳
a0104890_23313217.jpg

a0104890_23315742.jpg

蒲田川の谷間から一気にそそり立つ槍ケ岳~穂高連峰(拡大)
a0104890_23334418.jpg

穂高~焼岳
a0104890_849080.jpg

頂上では持ち寄りのご馳走を頂きながらまったりとくつろぐ。

12:30  下山開始  急がず慌てずのんびりと。

12:44 登りでスルーした第三展望台 焼岳の景観
a0104890_2339276.jpg

登りは尾根コースだったが、下りは谷側コースへ
a0104890_23395172.jpg

13:44 登山口着
a0104890_23434438.jpg

ああ、面白かった~♪

健脚隊の皆さん、ペースダウン歩きで
お疲れになったことでしょうね。

またお願いしますよ。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-04-10 23:52 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
手近なお山
呉羽丘陵を歩いた事が無いと言う山友を誘って
チョコッと散策してきました。

生憎立山連峰は霞んで見えませんでしたが、
春告げ花が愛らしく咲いていました。

a0104890_21451817.jpg

a0104890_21453510.jpg

a0104890_21455031.jpg

a0104890_21473188.jpg

a0104890_21474938.jpg

呉羽丘陵は我が家から近いうえにアップダウンもあるので
ほど良い運動の場になっています。

今日も高校生がバスで乗り付け、トレーニングをしていました。
若いっていいなぁ。 

自分も、それなりにトレーニングしなくちゃ。
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-04-02 22:56 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)
大展望
今日は五箇山の猿ヶ山の予定でしたが、
登山口の小瀬には雪が無く籔こぎは必至です。
そこで糸魚川市の放山に変更となりました。

これがバッチグーでした~☆
天候、展望はすこぶる良し。 おまけに籔こぎなし。 
いい事ずくめの快適なカンジキ登山の始まりです。

笹倉温泉の指示で従業員宿舎前に駐車し準備。

8:00 温泉前から雪の田んぼを横切って林道へ。
     
8:30 カンジキを装着し右の斜面に取り付く
a0104890_22143265.jpg

8:50 何気なく振り向くと OH! 鉢山・阿弥陀山・烏帽子岳
a0104890_22183769.jpg

9:10 登山道と並行して鉾ヶ岳、権現岳。
a0104890_22204592.jpg

取り付きからず~と急登です。
a0104890_22261061.jpg

9:30 360度の絶景! 始まり、始まり~。
a0104890_222732100.jpg

噴煙をあげる焼山
a0104890_22284082.jpg

10:15 火打山から烏帽子山(拡大)
a0104890_2234533.jpg

頂上はどれだ~?
a0104890_23124395.jpg

a0104890_2313017.jpg

11:00 頂上だと思ったのに・・・・
a0104890_233622.jpg

a0104890_23275892.jpg

阿弥陀山~権現岳(拡大)
a0104890_23314084.jpg

11:20 放山山頂

大毛無山~火打山(拡大)
a0104890_2353493.jpg

下手な写真では伝わりにくいのですが、
360度の展望がま近に広がっているのです。
これを絶景と言わずして何と言いましょうや。

12:10 下山
a0104890_041375.jpg

a0104890_042923.jpg

a0104890_044790.jpg

13:50 景色に見とれながらゆっくりと下山 
      
真っ白に輝く雪原。 
日本とは思えない様な素晴らしい風景。
大展望に感嘆した山行でした~☆
[PR]
by pcnmitsuko | 2016-03-27 23:58 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)