竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 20:57
私の母は耳は遠くありませ..
by isao1977k at 16:07
jinkoさま  安物..
by pcnmitsuko at 23:43
すごくきれい!写真を眺め..
by pc-jinko at 23:18
jinkoさま  そう..
by pcnmitsuko at 21:41
赤いのはナナカマドですか..
by pc-jinko at 00:23
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 17:48
感動しました!わたしはど..
by pc-jinko at 00:06
すごいところを歩いていく..
by isao1977k at 19:40
里に咲く花!、、、、すご..
by pc4kirari at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
殺生は避けたいが・・・
2007年10月18日

    退治しても退治しても
a0104890_1944516.gif

                     そんなに顔を触らないで~
                                          

                                                           
a0104890_19462977.jpg
 
                    芸術的なスタイルだけど・・・・


    引越しの予定はないの?
                                 
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-18 20:01 | 自然・花 | Comments(4)
人知れず
2007年10月16日

  関係者以外は
  立ち入らないところに

a0104890_21353055.jpg
a0104890_21364521.jpg

                            目をみはるような銀木犀

a0104890_21431859.jpg

                      優しい香りが漂う
a0104890_2203969.jpg

a0104890_2225440.jpg

             金木犀を追っかけるかのように人知れず咲いている
                       
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-16 22:11 | 自然・花 | Comments(2)
蓼科山
2007年10月15日

登山日 10月14日 曇りときどき薄日
山行    蓼科山 (長野県) 2530m 百名山

 3:00  起床 おにぎり、ゆで卵、漬物その他もろもろ作る
 4:45  自宅出る
 5:10  集合場所出発する。
 8:00  上田菅平IC (北陸自動車道・上信越自動車道をひたすら走る走る)
 9:20  登山口 着  (蓼科7合目)
 9:30    〃  出発
     
※片道 4時間強は 日帰り登山ができる限界だと思う
       そういう意味では記念の山行となった


a0104890_22391845.jpg      
   登山口にある蓼科神社の鳥居
   これをくぐって山頂を目指す                                      


 a0104890_22544148.jpg
a0104890_22552064.jpg
登山道は

ゴロゴロの
岩石だらけ                                                    



                                               紅葉をめでながら
a0104890_2384826.jpg

a0104890_23165838.jpg
a0104890_23173273.jpg  山頂は火山で出来た
  黒い溶岩台地

 山頂の蓼科奥社の石の祠
     安全登山を祈る



雲上の南アルプス   奥から、まだ記憶に新しい北岳! 仙丈ヶ岳 甲斐駒ヶ岳 かな?
a0104890_23201171.jpg

a0104890_23462743.jpg
帰路 白樺湖から見る蓼科山


諏訪富士といわれる山

  山腹・山頂が雲に覆われ
  全体が見れない
    残念だな~!
    大きいよ~!




 14:30 登山口出発
 14:55 白樺湖 みやげ買い物 ちゃっかりと蕎麦食べた人も・・・
 15:20  〃   発
 19:30 集合場所着

快晴とはいかなかったが、車中は、よき仲間とわいわいがやがや・・・最高だった。
               


                                                    
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-16 00:04 | 家族 | Comments(2)
ふりかえれば・・・あっ!
2007年10月14日

             登山中にふっと振り返って見た後方の山
a0104890_23454796.jpg

             あちこちで帯状に白くなっているのが見える。


もしかして・・・これがカシナガ被害ではないのだろうか?
カシナガは幹に穴を掘って入り込み木を枯死させてしまうとか。

近年の被害拡大の主因に

地球温暖化が影響しているという。
カシナガは寒さに弱い。が温暖化により生息域が北上し、
標高が高い山にも広がったという。

ここにも地球温暖化の影響が・・・。
世界規模で早急に取り組まなければ。
大変なことに!!
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-15 00:08 | 雑感 | Comments(9)
ナ~君のお宝
2007年10月13日

今日はナ~君の保育参観日

父ちゃん・母ちゃんと嬉しそうに ♪~スキップ~♪ して帰ってきた。

          「ばあちゃん! ペーパーボックスつくって~!」

はいはい ナ~君のためなら早速つくろうね。
だけど・・・洒落た言いかたするのね~!
婆なら チラシで箱作って~ かな。 (^。^)ほっほ

できあがり~

a0104890_1649238.jpg

a0104890_1651477.jpg





     大事そうに持ってきた
     いちょうのはっぱ
     
     たからばこへ
     とっても満足そうだね!!
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-13 16:57 | 家族 | Comments(6)
夢を持った人生
2007年10月11日

      いきいきとやま健康と長寿の祭典の一環として
            映画 【伊能忠敬】 が上映された。
a0104890_20352089.jpg

伊能忠敬は江戸時代日本全土を測量し日本地図を作ったことであまりにも有名である。

a0104890_20491859.jpg
大変な学問好きで、独学で天体観測や測量術を学んでいた。
彼は 【世界で初めて緯度一度の子午線の長さを算出する】という
大きな夢を抱き、50歳で家督を譲り江戸へ出る。
夢に向かって本格的に天文学を学び、
55歳から18年の歳月をかけて偉業を成し遂げた。



a0104890_2194845.jpg
     驚くのは歩行実測という気の遠くなるようなやり方で
     正確な地図を作ったことだ。
     壮大な夢の実現には、並々ならぬ気力と強い思い入れが
     あったと思う。
     そして歩くことが健康にもつながっている!


     あなたの夢は?
     と聞かれたら言葉に窮する。 みんな仲良く、みんな健康で!
     こんなんじゃ~、長生きできないかなぁ~?



この映画は
伊能忠敬が日本地図を作る過程での苦労、あらためて夢を持った人生の素晴らしさと、
それを支える健康の大切さを訴えている。 (チラシ記載)
  

    
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-11 22:02 | 自然・花 | Comments(6)
今どきの解体
2007年10月10日

最近家の解体をよく見かける。

外壁をはずし、窓枠をはずし、瓦は今から葺き替えるのかと思うほど
一枚一枚丁寧にはずしている。
感心するが、
かっては重機で一気に壊していたのに・・・。なんてきれいな仕事をする業者だろう。
おもわずトラックのネームに目がいく。

まぁこんなご時勢だ。
ご近所さんに迷惑をかけないよう細心の注意を払っているのだろう。が
日数もかかるし解体費用も高くつくだろうな・・・
ぐらいに思っていた。

建築関係者に聞いてみると

       【建設リサイクル法】 という法律が施工され
             廃材たとえば  コンクリート
                       木材
                       アルミ
                       ガラス 
       などを分別し専用リサイクル施設に運ぶそうだ。

な~るほど。
一気に解体すれば分別しにくいからなぁ!

と思いきや懐かしい場に遭遇した。

a0104890_2317148.jpg

                うう~ん??  重機だよ!
               
                ほこりを抑える為水をかけてはいるが・・・
                よく見ると、相当古い建物で
                トタンと木材ぐらいだ。
                重機で納得!

これからの改築は、解体費用がかかるよ~!







 
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-10 23:41 | 自然・花 | Comments(0)
あぁ かぐわしきかな!
2007年10月09日

玄関に出ると何とも言えずかぐわしい。
おっ! お向かいさんの金木犀か?
いつのまにやら咲きほこり、いい香りが漂っている。
この時期のご馳走である。



a0104890_17121093.jpg












a0104890_17154127.jpg

                        今年もありがとう!
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-09 17:23 | 自然・花 | Comments(5)
第一期反抗期・・・?  
2007年10月08日

娘が週末から二泊の予定でやって来た。

電話を受けた時は、イライラする事が多く、ストレスがたまっている様子なので
【おいでおいで待ってるよ!】 な~んて 上機嫌で言ったものの内心は
山行きた~~い! 
でも、孫の顔見れるから・・まぁいいかっ♪

     年初め、娘が第二子出産のため2ヶ月ほど滞在した。
     当事孫は3歳の誕生日を迎えたばかり。
     じいちゃんじいちゃん、ばあちゃんばあちゃんと、よく呼んでくれた。
     【お手手を合わせていただきます!】 孫の一声で楽しい食卓を囲んだ。
     事あるごとに、ありがとう、ありがとうを連発した。
     帰る時も部屋に向かって 【ありがとうございました~】 と一礼して驚かせた。

             一言一句、とっても可愛げがあった。
             一挙一動、そのしぐさはなんともいえず愛くるしかった。


あれから7ヶ月。 わずか7ヶ月の間に・・・。

     いらっしゃ~い!  返事がない。 黙って上目づかいでニヤニヤ。
     催促しても口は閉じたまま。 照れているのかと思いきや・・・、あれまぁ!
     ♪~●×☆!○△!☆▼~♪   意味不明のことば!!
     全然聞こうとしない。 耳をかさないのだ!

いただきます とも言わない。 食卓に足をかけたり行儀の悪いこと!
事あるごとに、爺婆に 【へ~んなおじさん、 へ~んなおばさん】 とはぐらかす。

                  あの可愛い ナ~くん はどこ?
                  なんとなく意地悪になっている。
                  娘は反抗期だという。
                  これも成長の証だろうか。

いつまで爺婆に憎まれ口をたたくのだろうか?
元気が一番。大目に見てますよ。
a0104890_16553787.jpg

                    シール貼りに熱中する ナ~くん
                         こんな姿もあるよ! 
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-08 17:13 | 家族 | Comments(6)
親ごころ
2007年10月04日

スイミーさんのブログにあった柳行李。
懐かしい~~!! と共に
いろいろな事が思い出される。
a0104890_22595848.jpg

親元を離れる時、当事の引越しは柳行李1ヶと布団袋1ヶ。
 
父親に駅まで運んでもらいチッキで送った。
 当事チッキという鉄道便が小荷物の送り手段であり、
 柳行李が旅行カバンや収納具だった。 そして・・・


           行李には親の愛がいっぱい詰まっていた。
           行李が届いていると真っ先に駆け寄り
           何が入っているか、わ~くわくした。
           行李掛けという独特の縛りは、父親を身近に感じた。

あの行李は今・・・?
たぶん建てかえたときに処分されたと思うが、
手元になくて残念である。
a0104890_2311935.jpg
      だが、あの布団袋は一緒に嫁入りを果たす。
      今も名札は父親の筆跡のままである。
      中には、持たせてくれたどんすの掛け布団。
      客布団だからあまり使われもせず見捨てられてしまった。
      羽毛布団に慣れてしまうと重たくて使う気がしないのだ。


a0104890_2322234.jpg


               これまでに何度も何度も捨てようと思った。
               しかし捨てることができない。
               親への思い、いやそうではなく、
               どんな思いで私を育ててくれたか
               よく分かっているから・・・。
               親の思いいが詰まったものをぞんざいに扱えないのだ。

         
          さぁ~て この葛藤! いつまでつづくやら!  ?(゜o゜)?
[PR]
# by pcnmitsuko | 2007-10-04 23:33 | 雑感 | Comments(7)