竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 20:57
私の母は耳は遠くありませ..
by isao1977k at 16:07
jinkoさま  安物..
by pcnmitsuko at 23:43
すごくきれい!写真を眺め..
by pc-jinko at 23:18
jinkoさま  そう..
by pcnmitsuko at 21:41
赤いのはナナカマドですか..
by pc-jinko at 00:23
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 17:48
感動しました!わたしはど..
by pc-jinko at 00:06
すごいところを歩いていく..
by isao1977k at 19:40
里に咲く花!、、、、すご..
by pc4kirari at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
単独行 つづき (奥大日岳下山)
10:50 奥大日岳山頂を後にして下山開始

登りは剱岳と共に登ってきました。
下りはお花を愛でながら、雄大な景色を眺めながら
楽しんで歩こう。
a0104890_9594210.jpg

a0104890_9595855.jpg

近年、お花の名前が出てこない!勿論覚える事も出来ない。
そこで間違ってもいいから確認作業をしています。
ですから間違っていたらご免なさい。脳トレの一助と思いご容赦を。
間違いは指摘して下さるとありがたいです。


クルマユリ、ミヤマリンドウ、エゾシオガマ ヨツバシオガマ
a0104890_107672.jpg

ミヤマダイコンソウ、クロトウヒレンとトリカブト、ハクサンフウロ、ミヤマキンポーゲ
a0104890_10102244.jpg

タカネヨモギ?
a0104890_10484716.jpg

ミヤマキンバイ、ミヤマホツツジ、イワイチョウ、シナノキンバイ
a0104890_1013501.jpg

11:28 カガミ谷乗越あたり

12:00ケルンのある地点 ここが室堂乗越かは不明

前方には剱御前小屋への稜線がはっきりと確認出来ます。
a0104890_1191575.jpg

ケルンと剱岳
a0104890_119559.jpg

雄大な景色を眺めながら歩くのは気持ち良いね~☆
a0104890_1112644.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
a0104890_11123535.jpg

12:20 新室堂乗越
a0104890_11131771.jpg

シモツケソウ、コイワカガミ
a0104890_1348284.jpg

ガレ場を下り木道を過ぎると沢沿いの道に出ます。

美しいお花が群生していますがヤマガラシですかね?
a0104890_11155688.jpg

a0104890_11181773.jpg

12:40 浄土沢の橋を渡れば雷鳥沢キャンプ場です。
a0104890_11194051.jpg

a0104890_11195948.jpg

12:45 ここからが長いのですよ~! 魔の階段が待ち構えています。
a0104890_1492720.jpg

a0104890_14113556.jpg

まだまだ続きます。
a0104890_1416302.jpg

左下に血の池
a0104890_1417284.jpg

13:18 ようやく一息つけましたよ。 30分間の修行でした~
a0104890_1494954.jpg

13:22 みくりが池

室堂平のタテヤマリンドウ
a0104890_14233793.jpg

13:35 室堂ターミナル着
a0104890_142412.jpg

湧水の傍らにワレモコウ ほっとさせてくれました。
a0104890_14251427.jpg

奥大日岳のコースは、
お花・展望共に良く、ほど良いトレーニングにもなるので好きな山です。

好きな山に登る事が出来て幸せだな~☆

2年前の奥大日岳(下山)
[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-08-22 21:19 | 登山・ハイキング | Comments(2)
単独行
数日前から天気予報やライブカメラを何度もチェックし、
20日は立山方面は晴れるだろうとふんでいました。

予想的中!
立山三山の縦走か、奥大日岳のピストンか迷いましたが、
お花と展望の良い奥大日岳に決めました。

 6:00 立山ケーブル1便に乗車し6:15発の高原バスで室堂へ

 7:25 登山届を提出し、玉殿の湧水をのんでGO!

お馴染みの立山と浄土山 
a0104890_11124764.jpg

あそこへ行きますよ~
a0104890_11152083.jpg

 7:35 みくりが池 これもお馴染みの風景
a0104890_11193327.jpg

 8:00 雷鳥沢キャンプ場 既に撤収されたようで極少ないです
a0104890_11194814.jpg

浄土沢の橋を渡り大日岳方面へ

ガレ場を登って行くのですが下山者ばかりで登りは誰も居ません。
チョッと寂しくなり振り返ってズームでとらえると男性の姿が・・・良かった~
a0104890_11354432.jpg

 8:35 新室堂乗越 剱御前小屋との分岐 
a0104890_1143475.jpg

稜線歩きの始まりです 右は目指す奥大日岳
a0104890_1358985.jpg

 8:43 突然右側に剱岳が現れ、この先剱岳と共に歩きます。
a0104890_20411628.jpg

 8:50 ケルンのある場所 ここが室堂乗越かな?
a0104890_217572.jpg

 9:10 いい眺めだね~
a0104890_21204144.jpg

振り返って 立山もいいよ~
a0104890_21173429.jpg

手前には2つの池塘 その先には天狗平
a0104890_21251911.jpg

 9:25 カガミ谷乗越(2011のピーク手前あたり) から剱岳
a0104890_21283877.jpg

行く手には奥大日岳 左の丸いのが2606mの山頂 右は2011mの最高地点
a0104890_21305085.jpg

カライトソウ 元気出たよ~
a0104890_21311169.jpg

大日岳だね 鞍部には大日小屋もみえます
a0104890_21324789.jpg

 9:58 左右に2つの山頂がある主稜線に出ました。
a0104890_215024100.jpg

右の最高地点は通行止めになっていますが、
直ぐそこなのと、そちらから眺める剱岳が好きなのでピストンします。

だ~れもいないと思っていたのに若者が二人。写真を撮ってもらいました。

三角点のある2606メートルの山頂(中央奥) 数人の人が見えますよ
a0104890_2146524.jpg

戻って、一般的に山頂と言われている2606mに向かいます。

山頂手前にある池塘
a0104890_21562697.jpg

10:20~10:50 山頂(昼食) 
a0104890_21584184.jpg

a0104890_224217.jpg

剱岳を眺めながら山頂を一人占め~☆

つづく

2年前の奥大日岳←クリック







 
[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-08-21 22:51 | 登山・ハイキング | Comments(0)
思い違い
これまで浄土山の山頂は、富山大学の研究所が建っている処だと
何の疑いもなく思っていました。
a0104890_1339012.jpg

ところが前回の登山で何人もの人に聞かれたので
今更ながら調べてみました。

ネットからの地形図には2831のピークが記されています。
a0104890_13515457.jpg

25000分のⅠの地形図は富山大学立山研究室が記されています。
a0104890_13512459.jpg

「立山の百山」では北峰と南嶺が表示され、2831のピークが北峰だ。
a0104890_13572783.jpg

ウィキペディアでは下記のように記されている。

北峰2,831m、南峰2,830mで南峰には富山大学の研究施設が建っている。

なるほど~、そうだったのかと納得しかかったのだが、

「富山県の山」では

北峰には祠跡が、南峰には富山大学の研究施設がある。と記載されている。

また日本アルプス登山ルートガイドでは

浄土山山頂には軍人霊碑が祭られている石組があります。
浄土山から稜線を歩くと龍王岳手前の分岐に到着します。
ここには富山大学立山研究所の建物があります。


一体北峰はどこを指すのだろう?

登山者が次々と尋ねてきた訳がようやく分かりました。

あるネットからの情報では

一般的に「浄土山」と言うと北峰を指し、
北峰には明治42年に建立され、平成17年に再建された軍人霊碑がある。
この慰霊碑は、日露戦争で戦病死した富山県出身者2595名を祀ったものです。
尚、 南峰には富山大学立山研究所が建てられていると言う事です。


ふ~~~~ん? 

でも北峰とされる2831m地点は軍人霊碑のある場所とは違いますよ!
(写真はネットから)
a0104890_14415478.jpg


立山ガールさんの日記には

ケルン!! 解りにくいのですがここが浄土山ピークです☆とあった。
a0104890_1854337.jpg

ようするに浄土山には北峰と南峰があり、

一般的には北峰の2831mのケルンのあるピークが山頂で、
南峰には富山大学立山研究所の建物がある。

と理解した。

何回も登っている浄土山だが、未だかってケルンを確認した事がないので
次に登る時は見逃さない様に性根を据えて歩こう。

楽しみだね~☆
[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-08-15 19:14 | 登山・ハイキング | Comments(0)
周回コース
8月13日(日) 延期となった立山へ。

立山室堂平→一ノ越→浄土山→龍王岳→室堂山展望台
→室堂平と周回してきました。

浄土山はこれまでに何度も登り、いつも室堂山から登り始めますが
今回は初めての逆コースです。

 6:30 立山ケーブル駅を出発  美女平で高原バスに乗り換え室堂へ

 7:50 歩き始める
a0104890_19114958.jpg
 
先ずは一ノ越を目指す
a0104890_19124176.jpg

 8:35 祓堂通過
a0104890_19214416.jpg

a0104890_1923138.jpg

 8:55 一ノ越着  一ノ越山荘横から龍王岳(中央)
a0104890_20141387.jpg

 ほとんどの登山者は小屋の前から雄山狙いですが我らは

 9:05 一ノ越山荘横から後ろに回り浄土山を目指して出発

 9:30 登山道から龍王岳の頂上をズームすると頂上に立つ登山者発見 
a0104890_19371345.jpg

振り返れば 小屋の向こうに雄山山頂
a0104890_1951169.jpg

左に目を移せば剱岳
a0104890_19513847.jpg

9:40~9:55 浄土山  富山大学研究所の建物あり
a0104890_20461569.jpg

目の前に聳える龍王岳 
a0104890_20493321.jpg

龍王岳直下でザックをデポし、2班に分かれて空身で登る 

10:10 見た目より簡単に登る事が出来て10分ほどで山頂
a0104890_20563048.jpg

10:40 2班が下山
a0104890_2122983.jpg

浄土山に戻り周回コースへ

11:05 軍人霊碑の場所で昼食
a0104890_21121393.jpg

ここで地形図を片手に怪訝な顔をしながらやってきた登山者から

『浄土山はどこですか?』と尋ねられる。

当然のように前方の富山大学の研究所の建物を指差し
『あそこですよ』と教えるが、次々と尋ねにやってくる。

何で~!!! この結果は帰宅して調べたので改めて投稿します。

11:45 下山開始 急勾配で険しい岩ゴロゴロの道を慎重に下ります
    (登りの方が楽だなぁ・・・逆コースの方がいいよ! と心の叫び)

12:15 浄土山登山口と室堂山の分岐に出る
a0104890_21333751.jpg

展望がないとわかっていても展望台へ行きます。 10分ほどです。

室堂山展望台
a0104890_21305839.jpg

晴れていれば絶景ですが何も見えません。
薬師岳から槍ヶ岳の山々、眼下には立山カルデラが広がっているのに・・・。

なかなか帰ろうとしないので促すと心の眼で見てるんだって!
失礼しました。

12:35 分岐に戻る
a0104890_215042.jpg

下山時、太鼓のような音が聞こえ何やら賑やかそうです。

13:20 室堂ターミナル着

ターミナル屋上ではイベントが
a0104890_21562437.jpg

元々は山の日の計画でしたが、
天気面や混雑面から考えると13日で良かったような気がします。

しかし、周回は室堂山からの方がいいと思うよ。

 
[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-08-14 22:41 | 登山・ハイキング | Comments(0)
リモコン片手に
山の日の予定が13日に延期になったので
日中は暇をもてあましました。

昼食後立山のライブカメラをチェック。

先ずは弥陀ヶ原 雲雲だね。
a0104890_21504418.jpg

つづいて室堂
a0104890_2151302.jpg

山頂は雲で隠れているけど雨は降っていないよね。

それでも気になったので15時30分にもう一度
a0104890_21552272.jpg

あらっ、 立山が見えているわ!

このあと4時半過ぎにテレビを入れると、室堂は雨が降っていました。
やはり山の天気は変わり易いです。

暇なので新聞のテレビ欄をみていると、
大変大変! 夜は山の日の特番が沢山あるじゃないですか。(@_@)

KNB、BBT、NHK総合、NHKBSと重なる時間帯もあるので
リモコン片手に小刻みにチャンネルを変えます。
a0104890_2237278.jpg

奥黒部の縦走は記憶に新しいし、赤木沢は記憶をよみがえらせてくれた。
槍ケ岳、穂高、南アルプスも登ったなぁ。
画面に食らいつくように見入っていました。

みんな山の先輩方のお陰です。
非常に心豊かな山の日になりました~♪ (●^o^●)
[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-08-11 22:37 | 行事・イベント | Comments(0)
足代わり
娘が定時に帰宅できそうなので、
通いババはお休みをもらいました。

その代わり、な君とサッカーの友達3人を

10時半に高岡駅に迎えに行き
a0104890_22251190.jpg


イオンまで送ります。
a0104890_2226465.jpg

そして16時過ぎにイオンに迎えに行き高岡駅へ送りました。

早月中学校、大泉中学校 奥田中学校、西部中学校の4人は
電車で高岡駅へ。

大門中学校の子は自転車で直接イオンへ。 10分だそうです。

な君は10分で来られるっていいなぁと、羨ましそう。

楽しかったのだろうなぁ。

ババも足代わりとして役に立ち、満足です。
a0104890_22402898.png

[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-08-07 22:41 | 家族 | Comments(0)
疲れやすい歩き
昨日、久~~~~しぶりに焼岳へ行ってきました。

男性3名、女性5名。
車2台に分乗し中の湯登山口に向かいます。

出立が遅いので10号カーブの駐車場は満車状態!
a0104890_10535792.jpg

運転手さんは駐車場所を探しに。 初っ端からお世話かけますねぇ。

 8:50 登山口出発 合言葉はゆっくり登ろうね。
a0104890_10541486.jpg

 9:45 樹林帯や
a0104890_1123965.jpg

笹の道を進んでいきます。
a0104890_11232585.jpg

一旦下って、所々に赤いテープが下がっている湿地帯を過ぎると

10:45 広場 ナナカマドが所々紅葉していいアクセントになっています。
a0104890_11322269.jpg

この広場は休憩するにはもってこいの場所 正面には目指す焼岳が!  

もう直ぐだね(^^♪
a0104890_1134250.jpg

甘かった! 

ここまで合言葉を守り過ぎたのでペースが上がりません。
疲れた人や脚が攣った人も居て、立ち止まる回数が増えるのです。

11:30 あの鞍部に早く立ちたい! だけど遠いのだ。
a0104890_13543943.jpg

12:05 まだなの~?
a0104890_13545576.jpg

12:25 やっと南峰と北峰の鞍部に到着です。

眼下には火口湖
a0104890_1474659.jpg

立ち入り禁止になっている南峰
a0104890_1483164.jpg

噴気孔の向こうには北峰  頂上の人達がみえるかな?
a0104890_14112334.jpg

初心者をフォローしながら、北峰の側面を巻いて行きます。
a0104890_14222571.jpg

12:35 山頂直下 中尾峠からの道と合流 
a0104890_143315.jpg

岩場を登り山頂へ
a0104890_14421919.jpg

12:40 北峰山頂
     残念ながら上高地方面が微かに見える程度の視界です。
a0104890_14355086.jpg

下りて昼食
a0104890_14461235.jpg

13:20 下山開始

13:50 向こうの尾根に何やら黒いものが・・・・
a0104890_150234.jpg

熊ちゃんだよ~ 登山道で無くて良かったわ。
a0104890_1514788.jpg

14:35 広場

16:10 登山口着

今回の焼岳は、度々立ち止まったのでペースがつかめず
わりと疲れやすい歩きとなりました。

それを癒してくれたのが楽しく愉快なお喋りです。

大きな声で喋くりまくって登っていると、下山の男性が
“お喋りは疲れるよ” と笑いながら忠告して下さいました。

いかにもしんどそうなパーティなのに、
それを助長するかのような遠くまで響くお喋り。

見るに見かねたのでしょうね。

よ~く理解できますよ。 ありがたいですね。

そんな焼岳登山でした~♪

トンボソウとネバリノギラン
a0104890_1671648.jpg

[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-08-06 16:12 | 登山・ハイキング | Comments(0)
町内ハイキング
町内恒例のハイキングは、乗鞍畳平周辺の散策です。
参加者はほとんどが高齢者。後期高齢者も数名います。

町内を6時10分に出発し
a0104890_2037427.jpg

数回のトイレ休憩を挟んで、畳平には10時に到着しました。

移動が長いように見えますが、
車内のお喋りも認知症予防なので、これも考慮の内ですよ!

10:10 畳平から乗鞍スカイラインを桔梗ガ原まで下ります。
a0104890_21353967.jpg

白山はお花の種類が非常に多かったのですが、
こちらは限定されているものの一種類のお花の数がメッチャ多い!!!

さて何を載せようか迷ってしまいます。

オンタデ
a0104890_2127365.jpg

シナノオトギリソウ
a0104890_21275865.jpg

ウメバチソウ
a0104890_21281914.jpg

コマクサとイワツメクサ
a0104890_21291197.jpg

斜面一面にコマクサです
a0104890_21324753.jpg

我のお眼鏡にかなった女王さま
a0104890_21301679.jpg

ミネウスユキソウとヨツバシオガマ
a0104890_21361793.jpg

ミヤマアキノキリンソウとイワギキョウ
a0104890_21364851.jpg

ヤマハハコ
a0104890_21371255.jpg

テガタチドリ
a0104890_21373618.jpg

クロユリとコバイケソウ
a0104890_21381096.jpg

ミヤマゼンゴ(ハクサンボウフウとよく似ています)
a0104890_21385414.jpg

1時間ほど歩いたので戻りますがシャリバテになったようです。
所構わず腹ごしらえです。
a0104890_21432352.jpg

11:20 大黒岳登山口へ ここはコマクサロードでした~♪
a0104890_223353.jpg

雷鳥さん発見  もたもたしていたので逃げられた~
a0104890_2274915.jpg

11:40 大黒岳山頂 方位盤と休憩所あり
a0104890_2283221.jpg

またまた遭遇  動きが素早い!
a0104890_2214207.jpg

12:00~12:30 畳平で昼食 
a0104890_2216217.jpg

一部の人は昼食後畳平のお花畑を散策されたようですが、
自分は買い物もしないのに試食巡りをしていたので、
行きそびれてしまいました~。(;一_一)
a0104890_22315460.jpg

帰路立ち寄った道の駅での休憩・試食タイムも楽しく
汗もかかないスロー散策でした。
[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-07-30 23:04 | 登山・ハイキング | Comments(0)
切りかえ
ei君の熱い熱い夏が終わりました。
a0104890_2121441.jpg

シード校相手に一方的な試合になるのでは?と
心配していたのですが、善戦しましたよ。

土・日もなく、おまけに試験中にも練習があるような
野球漬けの高校生活。

よく頑張りました~!

ここからは気持ちを切りかえて、
遅れをとった勉学に少しは力を入れてくれるのでは・・・?
a0104890_2161845.png

[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-07-24 21:15 | 家族 | Comments(0)
中止に順延
長野の山へ車を走らせていると雨足が強くなったので引き返しました。
a0104890_20314752.jpg

早朝2時間のドライブでしたが、諦めがつきました。

それならば、ei君の試合が午後からあるので
応援に行けるとふんだのですが、順延になっていました。

さてどう過ごそうかなぁ?。

先ずは昼前に息子宅へ届けもの。
a0104890_20353083.jpg

ゴミが出ない様に、直ぐ食べれるように、タッパに詰めるのですよ。
親心ですねぇ。(^_-)-☆

夕方にはランドの散歩で大汗をかき、スッキリした気分で
一日を終えました。
a0104890_20371733.png

[PR]
# by pcnmitsuko | 2017-07-23 20:39 | 竹ちゃん | Comments(1)