竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
山登り、私は筑波山を小学..
by isao1977k at 22:58
「ど」田舎っぺだよぉー。..
by isao1977k at 22:56
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 20:50
富山は自然がいっぱいでい..
by isao1977k at 22:43
むむむ、難しいんだね。 ..
by isao1977k at 23:56
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 20:55
チコちゃんに叱られたかな..
by isao1977k at 22:15
isao1977kさま ..
by pcnmitsuko at 13:49
大きなクロスワード、私も..
by isao1977k at 21:53
お年玉、私もいつの間にか..
by isao1977k at 23:12
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
法語カレンダー
今年も頂いたカレンダーです。
a0104890_21363042.jpg

表紙の言葉は

【 煩悩を断ぜずして涅槃を得るなり 】

仏さまの教えを良く理解していないので

煩悩を断じなくて涅槃を得る事が出来る? おかしいんじゃないの?
煩悩を絶たなければ涅槃とは言えないのでは? でした。

そこでチョコッと調べてみました。が、 
説得力に欠けるので参考資料を一部割愛、編集して掲載します。


私たち凡夫は「煩悩具足」の身であって、
自分自身の力で煩悩を断じ滅することはできません。

親鸞聖人が、「凡夫というは、欲も多く、怒り、腹立ち、嫉み、の
心多く、暇なくして臨終の一念に至るまで、留まらず消えず絶えず」

と示されるとおりです。

阿弥陀さまは、私たちがそのような身であることを、
既によくよくご存じの上で、この凡夫を「必ず救う」と立ち上がられ、
無上の誓願をおこしてくださったのです。
そして私たちは、この仏力・他力によって、
さとりを得ることができるのです。

次に 涅槃をうるとあります。
涅槃」とは阿弥陀仏の極楽浄土です。
涅槃をうる」というのは、
いつ死んでも極楽浄土へ往ける身になるということです。


ふ~~~ん 疲れてきました。

108の煩悩を抱えているから
日々謙虚で感謝の気持ちを持って生活していれば
仏さまは我が身を照らして下さり、きっと極楽浄土へと
導いて下さるのだ。

この程度の理解でしたが、
手を合わせる気持ちは大事にしたいと思う。



by pcnmitsuko | 2019-01-11 22:50 | 未分類 | Comments(1)
Commented by isao1977k at 2019-01-11 23:56
むむむ、難しいんだね。
でも、良い行いをしていれば必ずいい事はやってくるから
神様は(仏様か)見ていてくれるということだよね。
正しくまっすぐ生きよう。