竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
くーちゃんですー。 ..
by honey_mk at 00:20
くーちゃんです ち..
by honey_mk at 00:13
ありがとう!
by honey_mk at 23:20
honey_mkさま ..
by pcnmitsuko at 16:34
くーちゃんです。 ..
by honey_mk at 22:59
かずみさま  きっとか..
by pcnmitsuko at 19:54
mitsukoさん、こん..
by かずみ at 20:41
カズミさま  それなり..
by pcnmitsuko at 10:07
ミツコさん、ご無沙汰して..
by カズミ at 23:03
くーちゃんです(*^-^..
by honey_mk at 23:43
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング( 616 )
歴史ある山
石川県中能登町にある石動山(せきどうさん)で
歴史散策をしてきました。

石動山は、白山を開いた泰澄が奈良時代に開山したと伝えられ
修験者が山ごもりをした信仰の山で、数多くの史跡が残っています。

9:30 氷見から入り旧観坊近くで車を停めます。

旧観坊は
江戸時代に存在した58坊の内現存する唯一の建物です。
a0104890_22014153.jpg
a0104890_22015226.jpg
前にはトイレもあります。

9:50 駐車場出発
a0104890_22080377.jpg
9:59 登山口は伊須流岐比古神社(いするぎひこじんじゃ)
   神社手前の石動山資料館でパンフレットを貰ってからGO!
a0104890_22081688.jpg
鳥居をくぐり石段を上ると講堂跡 山中のほとんどの建物は現存しません 

愛想もないので振り返ると あら、きれい!
a0104890_22191359.jpg
石段を上がると拝殿
a0104890_22214798.jpg
登山道は修験者が歩いた道になっています
五重塔跡、籠堂跡、開山堂跡と徐々に山の奥に入って行きます

こんな感じ
a0104890_22304445.jpg
10:26 梅の宮跡
a0104890_22325905.jpg
a0104890_22332311.jpg
良くわかりません! (-"-)

左に曲がれば石動山大御前(石動山山頂) 右は石動山城址ですが
まず大御前に向かいます

10:35 石動山大御前(564m)
a0104890_22373965.jpg
お社があります
a0104890_22375555.jpg
東方向に見えるのはパノラマ展望台(中央手前)と
右は一等三角点のある高坂山(蔵王山)でしょう
a0104890_22403305.jpg

11:25 早めの昼食をとり山頂を後にします

山頂周囲は美しいブナ林
a0104890_22570439.jpg

11:43 行者堂 ここで荒行をしたのかな?
a0104890_23084749.jpg
再度梅の宮に上がり石動山城址へ
a0104890_23250556.jpg

12:07~12:17 石動山城址
a0104890_23150870.jpg
広いです! そして一面落ち葉の絨毯です
a0104890_23152598.jpg
登山道も負けてはいません!
a0104890_23264644.jpg
共演です
a0104890_23282995.jpg
a0104890_23290115.jpg
a0104890_23292643.jpg
12:30 御廟山
a0104890_23442274.jpg

a0104890_23501230.jpg
12:58 駐車場へ戻り城石線展望台へ
a0104890_23571583.jpg
振り返ると石動山
a0104890_23572908.jpg
a0104890_23574631.jpg
a0104890_23580950.jpg
ここら辺りが荒山合戦古戦場
a0104890_00000277.jpg
13:17 桝形山へ向かいます

13:27駐車場で準備をしてから出発
a0104890_00111277.jpg
a0104890_00105447.jpg
13:39 桝形山(486m)あ~ら、だたっ広いわね~ 
a0104890_00112556.jpg
一升桝を伏せたように平だから桝形山・・・ ですか?

反対側から下りて
a0104890_00141262.jpg
13:56 駐車場へ 
a0104890_00104269.jpg
振り返って、本日の予定終了しました~。
あとは気を付けて帰るだけ。

歴史の勉強は頭に入らなかったけど、
名残の紅葉は美しかったし、落ち葉を踏みしめての散策は
とても楽しゅうございました。




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-11-25 23:56 | 登山・ハイキング | Comments(0)
ルートを変えて
またまた今年2回目のお山です。
2週間前に登ったばかりの大辻山へ行ってきました。

前回は白岩川の沢ルートから入山し、
高峰山にも足を延ばし周回しましたが、今回は本道ルートです。

国立立山青少年の家の駐車場で合流し
3台の車に分乗して長尾峠に向かいます。

しかし出発が遅かったので長尾峠はすでに満車状態。
そこで林道の路肩に停めました。
a0104890_20595838.jpg
9:37 少し下ると林道9番の標識があり、本道ルートの入り口です。
a0104890_21034220.jpg

登り始めて直ぐに1番の標識があり、このあと頂上の11番まで続きます。
目安になるのでありがたいです。

9:45  2番標識 長尾山との分岐で稜線に出ます

10:00  3番標識 奥長尾山(休憩)
a0104890_21035856.jpg
ブナや灌木はすでに葉を落としているので晩秋の感があります。

10:25 5願標識 カンバ平は広いのですが休まず通過
a0104890_21041387.jpg
10:43 6番標識 ブナ平
a0104890_21253437.jpg
標識の少し先で休憩し、前方の登りに備えます

a0104890_21254847.jpg
a0104890_21260470.jpg
ブナ平に相応しく
端正な巨木や複雑に絡み合うブナも見受けられます
a0104890_21262089.jpg
11:02 8番標識通過

登山道はず~~~と木の根っこ!
a0104890_21263429.jpg

11:10 9番標識 北尾根に合流 右折して山頂へ向かいます

少々開けたところから鍋冠山が見えます
a0104890_21421566.jpg

11:29 10番標識通過

11:32 大辻山山頂 賑わっているようです
a0104890_21490181.jpg
申し訳なさそうに大日岳や立山が・・・
a0104890_21491457.jpg
このあと真っ白になってしまいましたが
昼食タイムは盛り上がりました~

12:16 下山開始

12:37 9番標識 左折して北尾根から本道ルートへ
a0104890_22045269.jpg
13:39 3番標識 奥長尾山

13:54 2番標識 分岐を長尾山へ
a0104890_22052303.jpg
a0104890_22150689.jpg
14:07 長尾山 休憩
a0104890_22172463.jpg
14:24 長尾峠の長尾山登山口着
a0104890_22152599.jpg
a0104890_22153738.jpg
14:31 駐車地点着
a0104890_22154773.jpg
大辻山はわりと簡単に登れる山で、
頂上に着くと絶景が待っているので人気の山です。

今日は残念ながら展望はありませんでしたが、
メンバーの中には久々に会った人も居たので懐かしかったのでしょう
会話が止らない程盛り上がっていました~!

その会話に加わったり、聞き耳を立てたり(笑)
自分も楽しく歩く事が出来ました。

ゆかいな山行でした~(^-^)






[PR]
by pcnmitsuko | 2018-11-11 22:49 | 登山・ハイキング | Comments(0)
今年2回目
6月に祖父岳を周回しましたが、今日は反対回りです。

駐車地点→谷折登山口→祖父岳→桂原登山口→駐車地点

八尾町民広場に集合し、3台の車に分乗して
祖父岳トンネル手前の路上脇で車を停めます。

9:31 出発 谷折登山口へ向かいます
a0104890_19270964.jpg
数分で祖父岳トンネル
a0104890_19281000.jpg
トンネルを抜けて直ぐに右折して林道を進みますが紅葉が美しい
a0104890_19282284.jpg
9:59 登山口はこの一軒家の前で駐車場もあります
a0104890_19293650.jpg
入山前に左手にある神社へ お参りではなくイチイの大木を見に
a0104890_19295857.jpg
10:03 谷折登山口出発 前方は祖父岳
a0104890_19302201.jpg
急登の直登!!!
a0104890_19351376.jpg
a0104890_19352565.jpg
写真を見てビックリ! 
紅葉がきれいだったのねぇ・・下ばっかり見ていたからなぁ・・・
a0104890_19395288.jpg


頂上まで70mの標識 景色でも眺めましょうよ
a0104890_19363000.jpg
10:56 祖父岳山頂
a0104890_19432645.jpg
a0104890_19434071.jpg
遠望は望めませんでしたが、東の方手前にに夫婦岳
a0104890_19443889.jpg
富山平野
a0104890_19445809.jpg
高峰に牛岳
a0104890_19451438.jpg
11:40 昼食後下山開始

下りも楽ではありません! 
滑らないためには、へっぴり腰になろうとも構わないわ~
a0104890_19494123.jpg
a0104890_19495601.jpg
急な下りにも関わらず、山の恵みを見つける達人たち
足元ばかり見ている自分とは大違い! 

どんどん下って、杉等の樹林帯に入ると歩きやすくなります

その道のど真ん中に可愛いナメコちゃんが!
a0104890_19501149.jpg
こんなところに・・踏まなくて良かった~  勿論保護しましたよ

12:35 桂原登山口着
a0104890_19503180.jpg
右折すれば直ぐに舗装された林道へ出ます
駐車地点は直ぐそこです
a0104890_19504706.jpg
今日のメンバーには久々に会う人が多かったので、
お喋りも弾みました。

季節が変われば、メンバーが変われば、
同じ山に何回登っても楽しいものです。


[PR]
by pcnmitsuko | 2018-11-10 20:18 | 登山・ハイキング | Comments(0)
一人のんびりと
天気が良いので近間の呉羽丘陵を歩いてきました。

多目的広場から御鷹台までピストンしますが、
往路の写真は朝の光が邪魔をして良く写らなかったので
帰りに写したものを挟んだりしています。

多目的広場には、
何かイベントがあるようで建物の周辺が賑わっています。
a0104890_21190410.jpg
8:55 建物の右後方のトンネルから遊歩道へ
a0104890_21191851.jpg
白鳥城跡へ向かいます
a0104890_21213689.jpg
9:04 石仏
a0104890_21254320.jpg


9:09 浅田の丘
a0104890_21365415.jpg
この尾根道は階段が多い! 多いというよりは大半が階段だ。
慣れていない人は膝を痛めない様にね。
a0104890_21374730.jpg
9:19 車道を横断
a0104890_22002994.jpg
駐車場になっていますがその奥から尾根道が続きます
a0104890_22004059.jpg
9:36 2回目の車道横断   カフェ青い丘の看板あり
a0104890_22081975.jpg
9:38 しらとり展望台
a0104890_22175522.jpg
展望台からの景色  お山はぼんやりしています
a0104890_22184575.jpg
しらとり広場を通過

9:50 白鳥城跡  右側に一等三角点あり
a0104890_22224236.jpg
10:00 南の駐車場を通過した直後、階段の途中に・・・
a0104890_22271710.jpg
4月にはなかったよ 幻の滝なら行くしかないね

どんどん下っていると開けた場所に 右前方に標識らしきものが
a0104890_22302588.jpg
a0104890_22352170.jpg
10:09 先ずは夫婦滝へ
a0104890_22375092.jpg
あっちゃ~ 手前の二俣の木に魅了されて夫しか写ってないよ!
右端に妻が居るのですが・・・ 

はい、夫婦滝です  岩肌だったのに何故か青く写ってます
a0104890_22494113.jpg
流れは大した事はなかったのですが
地元の方の熱意が感じられてほっこりしました。

少し戻ってわらべ滝へ  う~ん・・・表現しにくいなぁ
a0104890_22561538.jpg
10:27 尾根道に戻ってきました
a0104890_22565302.jpg
幻の滝見学は30分弱でした。 
写真はさっぱりだったので又行かなくっちゃね。

10:44 のぞみの丘  ここまで誰にも会わず1人旅でした~
a0104890_23080819.jpg
階段を下りた先は 栃の木広場? 
a0104890_23152624.jpg
栃の木があるので最近命名されたようです

10:52 きんたろうの森  ファミリーパーク越しの景色
a0104890_23175078.jpg
11:04 眼下に呉羽トンネルの入り口が見えたら
    左に曲がって右の階段へ  
a0104890_23204205.jpg
11:23 御鷹台着 
a0104890_23280597.jpg
とっても静かです。 
頬をなでるそよ風は心地良く、鳥のさえずりも嬉しそう。
柄にもなくロマンチックな気分に浸っていました。

高速道路の先には鍬崎山、薬師岳の山々
a0104890_23390846.jpg
今日のランチはコンビニのいなり寿司にインスタントみそ汁
a0104890_23455492.jpg
11:50 1人ランチを楽しんでから戻りま~す

12:29 のぞみの丘

帰路懐かしい人と出会い10分ほど立ち話をしました。
以前は山の会に参加しておられたのに最近見ないので聞いてみると
身の程を知ったからね。
でもここへはよく来るのよ熊の心配もないし。と明るい表情でした。

いつの日か自分にも訪れるのだろうなぁ・・・。
それまで頑張るぞ~!

13:12~13:22 しらとり展望台でティタイム
a0104890_00042471.jpg
トンネルを抜ければ
a0104890_00081450.jpg
13:55 多目的広場に戻ってきました
a0104890_00084522.jpg
子供の声が弾け、家族連れで賑やかでした~

呉羽丘陵は真新しい標識が随所に設けられて
非常に分かり易くなっていました。 一部を紹介すると
a0104890_00202717.jpg
ねぇ、親切でしょう~☆
楽しみ方が増えました~!



[PR]
by pcnmitsuko | 2018-11-03 23:57 | 登山・ハイキング | Comments(0)
ミニアドベンチャー&秋の山
大辻山と高峰山へ行ってきました。

大辻山は、白岩川ルートから登ります。

8:50 林道10番の登山口を出発 (鳥越峠に車2台デポ)
a0104890_21502485.jpg
前日は雨だったので滑る!滑る! 慎重にね
a0104890_21504433.jpg
お馴染みの縄ばしご
a0104890_21505940.jpg

紅葉を愛でる余裕があるやなしや?

a0104890_21512708.jpg
難所が何カ所もあったのに、残念ながら写真がな~い (;一_一)


沢の流れる音ときれいな紅葉が救いです
a0104890_21515089.jpg


緊張の連続で気が抜けません!

a0104890_21520753.jpg

9:58 8番標識の北尾根ルートに合流  ほっと一息
a0104890_21522262.jpg
a0104890_21523638.jpg
10:03 5分休憩して大辻山山頂を目指します
a0104890_22101189.jpg
ブナはすでに落葉しています

a0104890_22104004.jpg

10:20 標識9番  メインルートと合流


もう少しだよ
a0104890_22111057.jpg

10:38 大辻山山頂着(標識11番)
a0104890_22172912.jpg
あいにく展望は望めません!
a0104890_22181489.jpg
山を眺めながら、ランチいただきま~す 

10:40 山頂をあとにします  谷の紅葉もきれいですよ~

a0104890_22440075.jpg


11:40 標識8番まで戻り長尾根ルートを鳥越峠へ

a0104890_22395200.jpg
山は、赤や黄色に染まってきれいな事!

a0104890_22511838.jpg

a0104890_23031722.jpg

右前方に高峰山が現れました~
a0104890_23033034.jpg
12:42 鳥越峠の登山口に下山
a0104890_23034435.jpg

左に曲がると、直ぐそこに高峰山登山口が
a0104890_23082854.jpg

一息入れていると、あちこちからきれいやったねぇの声
お山の紅葉にみん満足しました~☆

12:47 高峰山登山口出発  登り始めは急斜面
a0104890_23115522.jpg
まだまだ続きますよ 美しい景色が
a0104890_23122188.jpg
燃えている~
a0104890_23123434.jpg

13:22 高峰山山頂  三角点と熊にかじられた標柱あり

a0104890_23124959.jpg
掃き掃除でもしたかのようにきれい! 紅葉の美に負けませんよ


着いた時は真っ白でしたが、少~しだけ
a0104890_23125980.jpg
13:38 山頂でゆっくり寛ぎ下山開始


紅葉を愛でながら
a0104890_23131199.jpg
a0104890_23132626.jpg

14:09 鳥越峠着
a0104890_23133724.jpg

白岩川の沢登りは、滑るので緊張しましたが、
他の登山道も濡れた落ち葉や根っこで、スイスイとは歩けないのです。

瞬時に安全な足場や足掛かりを見つけなければならないので
眠っている脳が刺激されたようで気分爽快。
(単なる自己満足かもね~)

曇り空だったのに山の紅葉も美しかったし
満足な山行でした~♪



[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-28 23:58 | 登山・ハイキング | Comments(0)
初めての山
マイナーな山でありながら
なぜか登山者を惹きつけるクズバ山へ行ってきました。

初めての山なのでネットで調べると、かなりの急登らしい。
覚悟して出かけます。

東小糸谷の登山口は
馬場島を過ぎて立山川に沿って走り、橋を渡った対岸の河原です。
(※写真は下山時に撮ったものが多いです)

7:00 登山口出発  橋のこちら側
a0104890_21124501.jpg
アキギリ  
a0104890_21144349.jpg
高落場山の登山道ではラショウモンカズラだと言う
声もありましたが、ちょっと違うような気がしていました。
だって花はほとんど同じですが、咲く時期と葉っぱが違う!

今日判明しました アキギリです。

 

丸太の橋を3回渡ります
a0104890_21223017.jpg
7:53 中山との分岐 1130m (休憩)
a0104890_21294668.jpg
分岐からはひたすら急登です。
いえいえ急登と言うよりは激登です!!!

しっかり勉強してきたので激登にひるむ事はありません。(^_-)-☆
事前勉強は大事ですよ~。

この激登、写真はありませんが四つん這いで登りました。
それも延々と続いて長い!!!

9:45 1625m地点

分岐からここまで標高差500m。長くて最強の激登だ~
しかし展望が素晴らしい!

剱岳
a0104890_21532463.jpg
釜谷山と猫又山
a0104890_22122266.jpg
ここから登りがないわけではありません。
いくつかのアップダウンを繰り返しながら進みます。


こんな細尾根も
a0104890_22360124.jpg

美形のダケカンバ
a0104890_22291354.jpg
早月川の先には富山平野と海
a0104890_22294355.jpg
10:55 クズバ山 山頂着(昼食) 早月尾根、存在感ある~
a0104890_22301996.jpg

a0104890_22352297.jpg
奥大日岳
a0104890_22472485.jpg
大日岳の山座同定間違ってた~ (;一_一) 
奥大日岳の右側だったのに・・・
まぁ、しょっちゅうだから気にしないけどね。

間違えて覚える。が信条です。(ははは~かなりの負け惜しみ)

たぶん奥大日岳 中大日岳 大日岳と続く大日連山
a0104890_22522789.jpg
11:35 下りま~す  下山は怖いよ! 慎重に

振り返って
a0104890_22560763.jpg

激下りで緊張の連続ですが、見上げれば
a0104890_22564317.jpg

12:30 1625m地点

13:52 分岐
a0104890_22592533.jpg
振り返って
a0104890_22594177.jpg
渡渉を3回
a0104890_22595385.jpg
14:30 登山口着
a0104890_23001206.jpg
熊にも会わず無事に下りてきました。

山頂の景色はこれまでとは違った角度で見られたので
新鮮で良かったわ~。(^v^)
気分も爽快、疲れ知らずでした。



[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-18 23:43 | 登山・ハイキング | Comments(0)
初体験
籾糠山は森を守るために
数ヶ所に携帯トイレ用テントブースが設置されています。

以前から興味はあったのですが、
使い方が分からないと不安なので利用できませんでした。

パンフレットにはちゃんと使い方が載っているのですよ。
a0104890_13291751.jpg

しかし、読んでもわからな~い!!! (;一_一)



昼食をとった近くにもありました。


a0104890_13283902.jpg
チャンスです。 仲間がいるもの。

そ~と近づいみると、使い方が書いてあります。
a0104890_13285277.jpg

・・・・・よくわからない。

中を覗いてみました。
a0104890_13290393.jpg

ティッシュ付きの携帯トイレが用意されています。
それを一旦は手にとって用を足そうとしたのですが、
何か変!

先に使用した先輩を呼びに行き、手ほどきを受けることに。

>便座下ろして!

あぁ!さっきから何か変だと感じていたのは便座が上がっていたからだ。

・・・バッカじゃないの~


あぁあ、この硬い頭に効く薬はないだろうか?

初体験は、笑うに笑えませんでした~★

a0104890_14121874.jpg


[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-15 20:04 | 登山・ハイキング | Comments(0)
山よそおう② 籾糠山山頂から~カラ谷登山道~登山口
10:55 籾糠山下山

11:20~12:00 籾糠分岐で昼食
a0104890_15311232.jpg
下山はカラ谷へ下りるので、先ずは籾糠分岐から木平分岐へ

12:13 木平分岐
a0104890_15312958.jpg
ここから左に折れてカラ谷登山道へ

森の中は彩りが良いね~ 気持ちが和みます
a0104890_15374108.jpg
a0104890_15375477.jpg
12:23 水場
a0104890_15380977.jpg
a0104890_15382162.jpg

12:32 カツラの巨木群
a0104890_15383547.jpg
何とも奇妙な・・・ 自然の生命力って神秘的だなぁ
a0104890_15570606.jpg
カラ谷原生林が続きます
a0104890_15572050.jpg
カツラの葉は、ハート形でカラメルのような匂いがしますよ~
a0104890_15574168.jpg
12:56 カラ谷分岐に戻ってきました
a0104890_16052700.jpg
a0104890_16053822.jpg
13:00 天生湿原南分岐を西回りへ
a0104890_16055722.jpg
湿原の紅葉は往きよりも鮮やかだったので、かなり期待していました。
ところが鮮明に写っていな~い!!!  あぁ悔しいな~★
a0104890_16093235.jpg


a0104890_16152862.jpg
a0104890_16164763.jpg
13:09 天生湿原北分岐
a0104890_16204022.jpg
柵越えして、天生湿原散策終了です
a0104890_16212450.jpg
13:30 登山口着
a0104890_16224851.jpg

心地良い歩きが出来ました~♪

籾糠山は、春の水芭蕉の頃や360号線沿いの紅葉が燃えている頃に
何度も訪ねています。

それなのに、今回新しい発見がありました。

入山直後から何となく匂いがするのです。
初めは香というよりは臭いのような感じでしたが
注意して歩いていると森全体が香っているように感じられます。

気になっていたので下山時に、なんか森全体匂ってない? と発すると
どなたかが、匂いも楽しめる山だって! と教えてくれました。

そうなんだ~。 
自分の鼻は利かないと思っていたのに、そうでもないのね。
嬉しいわ~(^v^)

山よそおい、山かおる森の中でリラックスできた一日でした。




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-14 17:12 | 登山・ハイキング | Comments(0)
山よそおう① 登山口~ブナ探勝路~籾糠山山頂まで
昨日、10月6日(土)岐阜県の籾糠山へ行ってきました。

国道360号線を白川から入り天生峠の駐車場に駐車。
a0104890_22361024.jpg
左に曲がると登山口

8:00 協力金一人500円を納めて入山
a0104890_22362290.jpg
振り返って  
a0104890_22363314.jpg
Let's Go
a0104890_22415274.jpg
天生湿原には、動物の侵入を防ぐ柵が設置されています
a0104890_22420680.jpg
最後の方は閉めてね

8:28 天生湿原の北分岐地点

a0104890_23022462.jpg

湿原は一周できるのですが、一方通行なので東周り(左)へ
下山時は西回りで戻ります

a0104890_22421881.jpg
湿原に入ると直ぐに匠屋敷
a0104890_22425551.jpg
紅葉も今が盛りのようです
a0104890_22432462.jpg
8:47 天生湿原の南分岐を左に曲がるとここにも柵
a0104890_23173867.jpg
8:52 カラ谷分岐(Y字路)左は木平湿原へ
a0104890_23212742.jpg
カツラの巨木が多い
a0104890_23222085.jpg

8:57 分岐 山頂へはブナ探勝路から登ります 
       下山は左のカラ谷から
a0104890_23350848.jpg
ブナの巨木  それほどでも・・・( 一一)
a0104890_13532771.jpg
紅葉を愛でながら、慌てず急がずのんびりと  
a0104890_13534913.jpg
丁度良い気候なので、心身のリフレッシュができるわ~
a0104890_13540899.jpg

まぁ! オオシラビソの大木が・・・台風でやられたのかなぁ
a0104890_14192528.jpg
10:06 籾糠分岐 ここで少々腹ごしらえ
a0104890_14244065.jpg
山頂への登り
a0104890_13543025.jpg
山頂下の42の数字は登山口からの距離を示しているのかな?
ず~と数字が表示されていました。42は4200mのようです。
a0104890_14315167.jpg

10:42 山頂着(1744.2m) 三等三角点と奥は猿ヶ馬場山方向
a0104890_14352233.jpg
生憎遠望はなかったのですが、それなりに山座同定しました
a0104890_14525838.jpg
a0104890_14533638.jpg
a0104890_14552957.jpg
山頂は狭くて大混雑です!
入れ替わりに山頂を空けなければなりません。

10:55 下へ下りてから昼食をとる事にして下山しま~す



つづく




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-14 17:07 | 登山・ハイキング | Comments(0)
予定通り実施② ひだまり峠~高清水山~竜の背中道~縄ケ池~若杉

12:30 ひだまり峠で昼食を済ませ高清水山へ向かいます
a0104890_15384178.jpg
左側に竜の背中道への下り、右側に高清水山の登山口
(下山後反対側から撮影)
a0104890_17314544.jpg

12:40 高清水山登山口
a0104890_15391875.jpg
12:55 お月様の頭(ずこ) 命名の意味不明 105.png 展望は良さそう
a0104890_15452805.jpg
12:57 偽ピーク ず~~~と登って来たので頂上かと思ったのに・・・
a0104890_15453964.jpg
下りるんかい!
a0104890_15521416.jpg

13:09 高清水山山頂
a0104890_15455785.jpg
後ろに回っても標柱あり こちらの方がブナの迫力を感じます
a0104890_15465632.jpg
ところで、ここが山頂なのですが国土地理院の地図では
1145mの表示はもう少し先になっています。

確かめたくて行ってみました。
ところが、一旦下って再度登るも先には何もないのです!

ただ登山道の岩が一部盛り上がっているだけ。
ヤマップの地図では1145mのピークはそこを指しています。
a0104890_16053504.jpg

な~~んだ!!!
 

走って来たのに拍子抜けしてしまいました~★  

後を追って来たメンバーには、何にも無くて申し訳なかったなぁ・・・。

戻ろう

 
a0104890_16054769.jpg
こんな事もあるさ・・・。

13:20 山頂に戻り写真を一枚撮ってから下山
a0104890_17084737.jpg
a0104890_17105754.jpg
前方に見える山々はどこだ?
a0104890_17100413.jpg
人形山の稜線に白山連峰かなぁ・・・、手前の低い山には反射板がみえます

13:45 登山口着
a0104890_17184591.jpg
13:55 一服してから竜の背中道へ下ります

この道には杉の大木が自由な姿を披露しています
a0104890_19465675.jpg
a0104890_19470707.jpg



14:18 縄ケ池着  

a0104890_19495299.jpg
駐車場へと進みます

思わずたたずむ
a0104890_19500387.jpg
アケビ発見
a0104890_19501403.jpg
ここで、登山経験の抱負な彼女がですよ

初めて見た~! と歓喜の声をあげる。
そして食べ方を教えてもらい旨い旨いと大興奮。

こっちが驚いたわよ~! (@_@) 
楽しい彼女の初体験でした。

14:35 縄ケ池展望駐車場に到着
a0104890_20030023.jpg

デポしてあった車に乗り若杉に向かいます

14:50 途中夫婦滝に遊んでもらいました~
a0104890_20130662.jpg
a0104890_20133646.jpg
a0104890_20140745.jpg
15:00 若杉の駐車場着

心配した台風の影響はほとんどなく、雨にも会いませんでした。
心身ともに充実の山行で楽しかったです。




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-07 20:18 | 登山・ハイキング | Comments(2)