竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp

enjoy myself
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
かずみさま  きっとか..
by pcnmitsuko at 19:54
mitsukoさん、こん..
by かずみ at 20:41
カズミさま  それなり..
by pcnmitsuko at 10:07
ミツコさん、ご無沙汰して..
by カズミ at 23:03
くーちゃんです(*^-^..
by honey_mk at 23:43
honey_mkさま ..
by pcnmitsuko at 22:17
くーちゃんです。 ..
by honey_mk at 15:59
くーちゃんです。 私の..
by honey_mk at 20:56
honey_mk 巻..
by pcnmitsuko at 20:03
くーちゃんですー。 ..
by honey_mk at 00:16
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:登山・ハイキング( 609 )
山よそおう② 籾糠山山頂から~カラ谷登山道~登山口
10:55 籾糠山下山

11:20~12:00 籾糠分岐で昼食
a0104890_15311232.jpg
下山はカラ谷へ下りるので、先ずは籾糠分岐から木平分岐へ

12:13 木平分岐
a0104890_15312958.jpg
ここから左に折れてカラ谷登山道へ

森の中は彩りが良いね~ 気持ちが和みます
a0104890_15374108.jpg
a0104890_15375477.jpg
12:23 水場
a0104890_15380977.jpg
a0104890_15382162.jpg

12:32 カツラの巨木群
a0104890_15383547.jpg
何とも奇妙な・・・ 自然の生命力って神秘的だなぁ
a0104890_15570606.jpg
カラ谷原生林が続きます
a0104890_15572050.jpg
カツラの葉は、ハート形でカラメルのような匂いがしますよ~
a0104890_15574168.jpg
12:56 カラ谷分岐に戻ってきました
a0104890_16052700.jpg
a0104890_16053822.jpg
13:00 天生湿原南分岐を西回りへ
a0104890_16055722.jpg
湿原の紅葉は往きよりも鮮やかだったので、かなり期待していました。
ところが鮮明に写っていな~い!!!  あぁ悔しいな~★
a0104890_16093235.jpg


a0104890_16152862.jpg
a0104890_16164763.jpg
13:09 天生湿原北分岐
a0104890_16204022.jpg
柵越えして、天生湿原散策終了です
a0104890_16212450.jpg
13:30 登山口着
a0104890_16224851.jpg

心地良い歩きが出来ました~♪

籾糠山は、春の水芭蕉の頃や360号線沿いの紅葉が燃えている頃に
何度も訪ねています。

それなのに、今回新しい発見がありました。

入山直後から何となく匂いがするのです。
初めは香というよりは臭いのような感じでしたが
注意して歩いていると森全体が香っているように感じられます。

気になっていたので下山時に、なんか森全体匂ってない? と発すると
どなたかが、匂いも楽しめる山だって! と教えてくれました。

そうなんだ~。 
自分の鼻は利かないと思っていたのに、そうでもないのね。
嬉しいわ~(^v^)

山よそおい、山かおる森の中でリラックスできた一日でした。




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-14 17:12 | 登山・ハイキング | Comments(0)
山よそおう① 登山口~ブナ探勝路~籾糠山山頂まで
昨日、10月6日(土)岐阜県の籾糠山へ行ってきました。

国道360号線を白川から入り天生峠の駐車場に駐車。
a0104890_22361024.jpg
左に曲がると登山口

8:00 協力金一人500円を納めて入山
a0104890_22362290.jpg
振り返って  
a0104890_22363314.jpg
Let's Go
a0104890_22415274.jpg
天生湿原には、動物の侵入を防ぐ柵が設置されています
a0104890_22420680.jpg
最後の方は閉めてね

8:28 天生湿原の北分岐地点

a0104890_23022462.jpg

湿原は一周できるのですが、一方通行なので東周り(左)へ
下山時は西回りで戻ります

a0104890_22421881.jpg
湿原に入ると直ぐに匠屋敷
a0104890_22425551.jpg
紅葉も今が盛りのようです
a0104890_22432462.jpg
8:47 天生湿原の南分岐を左に曲がるとここにも柵
a0104890_23173867.jpg
8:52 カラ谷分岐(Y字路)左は木平湿原へ
a0104890_23212742.jpg
カツラの巨木が多い
a0104890_23222085.jpg

8:57 分岐 山頂へはブナ探勝路から登ります 
       下山は左のカラ谷から
a0104890_23350848.jpg
ブナの巨木  それほどでも・・・( 一一)
a0104890_13532771.jpg
紅葉を愛でながら、慌てず急がずのんびりと  
a0104890_13534913.jpg
丁度良い気候なので、心身のリフレッシュができるわ~
a0104890_13540899.jpg

まぁ! オオシラビソの大木が・・・台風でやられたのかなぁ
a0104890_14192528.jpg
10:06 籾糠分岐 ここで少々腹ごしらえ
a0104890_14244065.jpg
山頂への登り
a0104890_13543025.jpg
山頂下の42の数字は登山口からの距離を示しているのかな?
ず~と数字が表示されていました。42は4200mのようです。
a0104890_14315167.jpg

10:42 山頂着(1744.2m) 三等三角点と奥は猿ヶ馬場山方向
a0104890_14352233.jpg
生憎遠望はなかったのですが、それなりに山座同定しました
a0104890_14525838.jpg
a0104890_14533638.jpg
a0104890_14552957.jpg
山頂は狭くて大混雑です!
入れ替わりに山頂を空けなければなりません。

10:55 下へ下りてから昼食をとる事にして下山しま~す



つづく




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-14 17:07 | 登山・ハイキング | Comments(0)
予定通り実施② ひだまり峠~高清水山~竜の背中道~縄ケ池~若杉

12:30 ひだまり峠で昼食を済ませ高清水山へ向かいます
a0104890_15384178.jpg
左側に竜の背中道への下り、右側に高清水山の登山口
(下山後反対側から撮影)
a0104890_17314544.jpg

12:40 高清水山登山口
a0104890_15391875.jpg
12:55 お月様の頭(ずこ) 命名の意味不明 105.png 展望は良さそう
a0104890_15452805.jpg
12:57 偽ピーク ず~~~と登って来たので頂上かと思ったのに・・・
a0104890_15453964.jpg
下りるんかい!
a0104890_15521416.jpg

13:09 高清水山山頂
a0104890_15455785.jpg
後ろに回っても標柱あり こちらの方がブナの迫力を感じます
a0104890_15465632.jpg
ところで、ここが山頂なのですが国土地理院の地図では
1145mの表示はもう少し先になっています。

確かめたくて行ってみました。
ところが、一旦下って再度登るも先には何もないのです!

ただ登山道の岩が一部盛り上がっているだけ。
ヤマップの地図では1145mのピークはそこを指しています。
a0104890_16053504.jpg

な~~んだ!!!
 

走って来たのに拍子抜けしてしまいました~★  

後を追って来たメンバーには、何にも無くて申し訳なかったなぁ・・・。

戻ろう

 
a0104890_16054769.jpg
こんな事もあるさ・・・。

13:20 山頂に戻り写真を一枚撮ってから下山
a0104890_17084737.jpg
a0104890_17105754.jpg
前方に見える山々はどこだ?
a0104890_17100413.jpg
人形山の稜線に白山連峰かなぁ・・・、手前の低い山には反射板がみえます

13:45 登山口着
a0104890_17184591.jpg
13:55 一服してから竜の背中道へ下ります

この道には杉の大木が自由な姿を披露しています
a0104890_19465675.jpg
a0104890_19470707.jpg



14:18 縄ケ池着  

a0104890_19495299.jpg
駐車場へと進みます

思わずたたずむ
a0104890_19500387.jpg
アケビ発見
a0104890_19501403.jpg
ここで、登山経験の抱負な彼女がですよ

初めて見た~! と歓喜の声をあげる。
そして食べ方を教えてもらい旨い旨いと大興奮。

こっちが驚いたわよ~! (@_@) 
楽しい彼女の初体験でした。

14:35 縄ケ池展望駐車場に到着
a0104890_20030023.jpg

デポしてあった車に乗り若杉に向かいます

14:50 途中夫婦滝に遊んでもらいました~
a0104890_20130662.jpg
a0104890_20133646.jpg
a0104890_20140745.jpg
15:00 若杉の駐車場着

心配した台風の影響はほとんどなく、雨にも会いませんでした。
心身ともに充実の山行で楽しかったです。




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-07 20:18 | 登山・ハイキング | Comments(2)
予定通り実施① 若杉集落跡~高落場山~ひだまり峠
昨日、台風25号の接近で危ぶまれたが
予定通り実施されもやもやが一掃!

南砺市の、高落場山~高清水山を周回してきました。

国道304号線から縄ケ池に通じる林道へ入ります。
途中、若杉集落跡の石碑の手前が駐車場です。
a0104890_10200033.jpg


若杉集落跡→唐木峠→高落場山→ひだまり峠→高清水山
→縄ケ池→若杉 と周回します

車四台と運転手は、縄ケ池の駐車場に向かい三台をデポして
一台が戻ってきます。


待っている間、熱心にお勉強中
a0104890_10264771.jpg
8:55 駐車場の前が登山口 Let’s Go
a0104890_10265777.jpg

旧五箇山街道で石畳の道ですが、ぼ~~としていると滑りますよ!
結構緊張しながら進んで行きます

a0104890_10271577.jpg

9:30 唐木峠  皆大汗かいたので5分休憩
a0104890_13172603.jpg
このまま直進すると人喰い谷で通行止めになっています。
恐いもの見たさで覗いてみたい気もしますが、左の坂を登ります。

a0104890_13173567.jpg
ここからは急登ですよ!

10:05 展望の良いところで休憩 
a0104890_13450140.jpg
医王山と福光、城端平野 その向こうには宝達山
a0104890_13451450.jpg
結構な急登に加え
倒木や荒れている所も多々ある中スローペースがありがたい。
a0104890_13551781.jpg
ブナがいいねぇ

a0104890_13590770.jpg
a0104890_13565756.jpg
a0104890_13571606.jpg


10:55 分岐(T地路)  道宗道に出ました
a0104890_14011236.jpg

先ず右へ進み、高落場山を往復してきます


11:00~11:12 高落場山

a0104890_14142611.jpg


医王山
a0104890_14151037.jpg
反対方向は何も考えずに撮ったのでわからないが、
たぶん白木峰や金剛堂山などそっちら辺だろう・・・
a0104890_14155556.jpg

分岐に戻り高清水山へ向かいます
a0104890_14323121.jpg

この道はいいですよ~☆ お気に入りです

a0104890_14314736.jpg


兜ブナ
a0104890_14402419.jpg

ブナこぶ君にぞうさんブナ
a0104890_14412929.jpg
その他、取ってつけたような名前も色々ありましたが、それも一興
楽しませてくれます。

いい道でしょう(^-^)
a0104890_14444943.jpg
11:42 分岐 左は草沼山の巻き道なので右へ

a0104890_14520973.jpg
11:49 林道へ出ました ここにも高落場山登山口の標柱あり
   この林道は車が通れるのでここから登ると楽ですよ

a0104890_14524089.jpg
右へ曲がりひだまり峠へ
a0104890_14531002.jpg

12:00 ひだまり峠着 日差しを避けて手前で昼食
a0104890_14534194.jpg
つづく

[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-07 19:06 | 登山・ハイキング | Comments(0)
歩きたくて
またもや強い台風25号が発生したらしい!
週末の山が中止になりはしないかと心配で心配で
じっとしておられません。

幸いに今日はいい天気です。
そこで上市町の手頃で人気のある山
城ヶ平山からハゲ山を歩いてきました。

大岩川親水公園の駐車場はガランとしていて一番乗りです。
平日とはいえ出足遅いなぁ・・・。

7:50 駐車場出発

9:00 登山口は2分程の距離にありますが左手前にある
 きれいな建物でゆっくり用を足してから歩き始めます
a0104890_16523656.jpg
登山道脇には野の花が楚々と咲き目を楽しませてくれます ミゾソバ
a0104890_16525640.jpg
9:15 集落跡 水は流れていませんでした
a0104890_16530865.jpg
9:25 ベンチがあるので一息入れる場所です
a0104890_16535498.jpg
 杉林を上って来たので、止まると汗が吹き出しました。
 どうしてこんなに汗かきなんでしょう! 年と共に量産しています。
 
 長居無用で、ほぼ直角に左に折れ木の階段を上って行きます。

倒木が道を塞いていますが面白~
a0104890_17265222.jpg
a0104890_17273830.jpg
この先何カ所かありました


9:43 ロープのある岩場 全く問題なし
a0104890_16540748.jpg
9:48 城ヶ平山頂 広いよ~
a0104890_16544412.jpg

山頂は一人占めだろうと思っていたのに意外や意外!
向こうの西種から入ったご夫婦に先を越されていました。

少しお話をしてから写真を撮り先に進みます。

a0104890_20114039.jpg
a0104890_20112871.jpg
a0104890_20115313.jpg
9:58 傾いている桜(?)の木
a0104890_20121851.jpg
3座揃い踏み
a0104890_20312082.jpg

10:08 中浅生との分岐
a0104890_20162660.jpg
10:23 峠山山頂
a0104890_20165641.jpg
a0104890_20333199.jpg
a0104890_20335787.jpg
下り始め前方には袖山とハゲ山のツーショット
a0104890_20341646.jpg

10:30 西種との分岐
a0104890_20401814.jpg
10:38 ハゲ山山頂 
a0104890_20403015.jpg
何度も登っているハゲ山ですが、いつも剱岳方向ばかり注目し
城ヶ平山は、登って来た方向だと軽視していました。

愛されている城ヶ平山ですよ。確認しなくっちゃ。
さてさてどれかな? 広くて平な山だから・・・



a0104890_20410571.jpg

チョッと木が邪魔だなぁ
ズームにしてみると
a0104890_20412004.jpg
OH! 標識と人らしい姿が・・・、
 しっかりと確認したのは初めてなので何となく嬉しいわ~


10:48 戻りま~す

11:00 峠山

11:30~55 城ヶ平山 景色を眺めながらのんびりと昼食
a0104890_21064919.jpg
a0104890_21070618.jpg
a0104890_21072285.jpg

12:10 
a0104890_21090192.jpg
12:18 集落跡
a0104890_21091865.jpg
12:30 登山口着  用を済ませ顔を洗ってスッキリスッキリ!

12:37 駐車場着
a0104890_21093278.jpg

今日は小佐波御前山にしようか迷いましたが
適当なアップダウンが楽しめて良かったです~☆






[PR]
by pcnmitsuko | 2018-10-03 21:42 | 登山・ハイキング | Comments(0)
気ままに
剱御前山に登るつもりで出かけました。

立山は相当混雑するだろうと予想はしていましたが、
その通りでした。

5時時点でケーブル駅に近い駐車場は既に満車で
橋を越えて左の河原の奥の奥に誘導されました。
ケーブルは7時の便で、室堂へは8時着でした。

室堂から周回します。

①雷鳥沢へは、2年ほど前に整備されたという道を下る。
②雷鳥坂から剱御前小舎へ行く。
③小舎前の剱御前山へ登り、三角点のある所まで足を延ばして
 剱岳を眺めながら昼食をとる。
④新室堂乗越へ下りる。
⑤テント場を通りみくりが池経由のいつものルートで室堂へ戻る。

8:15 室堂ターミナル出発 色づき始めていますよ~
a0104890_21550056.jpg
入り口は、一ノ越に向かって歩き室堂山荘前の広場を過ぎて直ぐです
a0104890_21551068.jpg
8:23 左に入ります
a0104890_21551835.jpg
所々に標識があるので不安はありません
a0104890_22130846.jpg
紅葉を愛でながらルンルン気分で下って行きます
a0104890_22135355.jpg
a0104890_22142579.jpg
8:45 一ノ越ルートと合流します 振り返って撮影
a0104890_22145887.jpg
沢に出ました 色とりどりのテントが目に入ってきました
a0104890_22250542.jpg
橋を渡って
a0104890_22254063.jpg

大走りの分岐
a0104890_22261037.jpg
9:17 浄土川に架かる橋の手前に出ました
a0104890_22264044.jpg
奥大日岳の方へ進みます
a0104890_22403869.jpg
9:20 直進は大日 右へ入って雷鳥坂
a0104890_22395002.jpg
登山道の紅葉
a0104890_22413061.jpg
a0104890_22484327.jpg
10:45 剱御前小舎着
a0104890_22422726.jpg
階段を上り、小舎の前に出た途端に強風です!

これからが本番なので、とりあえずトイレ。
トイレの前にある台の上にストックを置くと、
風で5~6cm移動するのですよ。 ザックを乗せて離れました。

用を足し、帽子が飛ばない様にしっかり止め登り始めたのですが、
か細い乙女には堪えます。
男性が一人下りてきたので状況を聞くと
頂上までは行ったが三角点は行くまでもなく無理だと。

素直に諦めました。 次があるさ。

10:55 トイレの横から新室堂乗越へおり始めます。
     何故か風は吹いていません! 変な感じ。

きれいだねぇ

a0104890_23171883.jpg
奥大日岳方向
a0104890_23201042.jpg
朝からアホみたいに剱御前山しか頭になかったのですが、
ここで、はたと気付きました。

剱さまにお目にかかっていないじゃない!

そこで時間も浮いた事だし、室堂乗越まで足を延ばす事に。


11:53 奥大日岳に向かう道にでました
a0104890_23205528.jpg
 
そこには剱御前、雷鳥平、奥大日と、3方向書かれた傾いた標識があります
a0104890_23212555.jpg
ここが新室堂乗越なんだろうなぁ・・・・

12:06 室堂乗越  剱岳を拝みながら昼食
a0104890_23481060.jpg
ケルンの向こうには立山、浄土山
a0104890_23485102.jpg
剱御前小屋からの稜線 あそこから下りて来たんだ~
a0104890_23492945.jpg
12:30 戻りま~す

12:45 新室堂乗越

木道の先にテント場
a0104890_23560970.jpg

13:00 雷鳥坂登り口

13:03 浄土橋
a0104890_23563884.jpg
テント場でお茶してから魔の階段で帰ります。
a0104890_00001138.jpg
室堂平は草紅葉がきれいですよ
a0104890_00005663.jpg
14:00 室堂ターミナル着


剱御前山は登る事が出来なかったけど、次の楽しみにとっておこう。
今日は、気ままな歩きで楽しかった~♪



[PR]
by pcnmitsuko | 2018-09-23 23:56 | 登山・ハイキング | Comments(0)
4週間ぶり
朝起きると日が差しています。 これを逃してなるものか!

旦那は地区の敬老会に出席するので
昼食の準備はしなくていいし、これはチャンスです。

ところが当地の大〇屋は、
毎週月曜日に商品がⅠ割引きで買えるのです。但し午前中だけ。

これも捨てがたい!

それならば、遅くてもそれなりに満足出来そうな尖山にしよう。
4週間ぶりだから足慣らしに丁度良いだろう。

10:50 家を出発

11:45 横江の駐車場を出発

駐車場はほぼ満車です。
右上のちょこんと頭を出しているのが尖山。



a0104890_19361919.jpg

道路を横断し横江の集落を進み橋を渡ります。
a0104890_19362945.jpg
尖山の矢印は右折になっていますが、左前方の樹林帯へ入ります。

a0104890_19363901.jpg
簡易水道(?)の建物が見え林道に出ます。 右折。

a0104890_19365047.jpg
a0104890_19495545.jpg

11:54 Y字路を左にとると前方には目指す尖山が。

a0104890_19500677.jpg
路傍には秋の野の花が これ何だったっけ?
a0104890_19502097.jpg
ゲンノショウコ
a0104890_20011947.jpg
ツリフネソウ
a0104890_20013046.jpg
突き当たりに夏椿峠への登山口がありますが、道なりに右へ。
a0104890_20103797.jpg
12:00 登山口
a0104890_20014848.jpg

ぼちぼちと下りて来る人達とすれ違います。

12:05 左側に水場
a0104890_20022890.jpg
冷たくて美味しかった!


滝 いつもより水量が多いかな
a0104890_20025737.jpg

次々と下山者とすれ違うので、頂上は混んでいたのだろうなぁ。
そんな事を考えながら、沢音を聞きながら歩いて行きます。


石を踏んで沢渡
a0104890_20104922.jpg
続いて木の橋(?)渡り
a0104890_20033375.jpg
樹林帯なので何となく暗いのですが、沢音が心地良いよ~。

a0104890_20264747.jpg
道なりに左へ曲がると登山道らしくなってきます。

a0104890_20274494.jpg
頂上まで400m
a0104890_20515698.jpg
a0104890_20524397.jpg
頂上まで200メートル
a0104890_20532118.jpg
案内板があると嬉しいねぇ


階段の途中で夏椿峠からの道と合流します。
a0104890_20583329.jpg

12:30 山頂着 
a0104890_21115343.jpg
 

みんな下山してしまい、だ~れもいません。 山頂一人占め!


a0104890_21123222.jpg

立山や北アルプスは望めませんでしたが、
大辻山が存在感示していました。

a0104890_21130843.jpg

しばらくして、追い越してきた金沢のご夫婦が到着されました。
富山の山は結構登っておられるようで話が弾む。


13:00 下山開始

13:25 登山口
a0104890_21143693.jpg
13:40 横江の駐車場着
a0104890_21134517.jpg

下山時雨に降られましたが、
想定内だったので長靴、傘スタイルを楽しみました。

4週間ぶりのお山は大満足でした~☆





[PR]
by pcnmitsuko | 2018-09-17 21:27 | 登山・ハイキング | Comments(0)
体力目安の山Ⅱ
大日岳に友達を案内しました。

軽四の車で称名平の駐車場へ行くには定員一名が限界なのです。
人を乗せようものなら押しても叩いても言う事を聞いてくれません!

馬力が無いんだなぁ。 旦那の車を借りて出かけました。

桂台のゲートは6時前に開き、駐車場で準備をして登山口へ。

6:40 登山口出発
a0104890_22585251.jpg
7:55 牛の首通過

樹林帯を抜けると木道出現
a0104890_22590598.jpg
左側には目指す大日岳
a0104890_22592095.jpg
大日平小屋へ一直線に続く木道 気持ちが良いね
a0104890_23032916.jpg
8:55 ラムサール条約登録湿地の案内 後方は薬師岳
a0104890_22593505.jpg
この辺りが距離的には中間点だそうですが、時間的にはどうかな?
鈍足には全く関係ありません!

a0104890_22594974.jpg
9:00 大日平小屋 15分休憩
a0104890_23332534.jpg
大日岳に向かいま~す
a0104890_23333740.jpg
左に目を移せば大辻山に来拝山かな?
a0104890_23335482.jpg
10:10 最初の水場通過

10:20 この案内板のある水場でゆっくり休憩 
a0104890_23392828.jpg
10:50 一番上の水場通過

時々振り返りながらのんびりと
a0104890_23344940.jpg
a0104890_23343009.jpg
時には左上を眺めたり
a0104890_23483385.jpg
右上を眺めたり
a0104890_23493477.jpg
意味もなく振り返ったり
a0104890_23475155.jpg
11:20 大岩(鏡岩?)通過


そうこうしている内に腹が減ってきました~

11:40 大日小屋の見える登山道にどっかり座りお食事タイム

しっかりと腹ごしらえしてから歩き始めます

12:33 鞍部に到着  

下山者からの情報では、剱岳は拝めないかと思っていたのに
a0104890_00035436.jpg
待っていてくれました~☆
a0104890_00111766.jpg
どうも下りを心配しておられるようなので、ここがタイムリミット!

12:40 大日岳登頂は諦めて下山しましょうね。

13:15 鏡岩通過

13:40 一番上の水場通過

14:00 登りで休憩した水場で10分休憩

15:00 大日平小屋
a0104890_00114707.jpg
持参したお湯が残っていたのでコーヒータイム

いつものインスタントコーヒーなのに特別美味しく感じたよ~

あれあれ、出発しようとしたら雨です。

15:20 急いで上だけ雨具を羽織り歩き始めたのですが、
  空が明るかったので10分程でやみました。良かった良かった。

16:15 牛の首

16:35 猿が馬場 休憩

17:25 登山口着

長丁場でしたが、
ゲートが閉まるまでには充分な時間がありましたね。(^。^)

証明写真撮り忘れたから、又行きましょう。(^_-)-☆



[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-20 23:26 | 登山・ハイキング | Comments(0)
登山体力
自分の登山体力の目安としている山が3つあります。

1つは、立山縦走(時計回りしたり反時計回りしたり)
2つは、室堂から奥大日ピストン
3つは、称名平から大日岳ピストンです。

いづれも単独で行く事ができます。

昨日、8月18日(土)
天気も良さそうなので気まぐれに思い立ち、立山へ行ってきました。

立山ケーブル駅に5時に並んだのですが、
ケーブルは6時30分発の第4便でした。

室堂ではチョコッと考えましたが、反時計回りで決行!
 
 室堂→一ノ越→雄山→大汝山→富士ノ折立→別山→剱御前小舎
→雷鳥坂→新室堂乗越→雷鳥平(テント場)→室堂

7:55 室堂ターミナルを出発し一ノ越へ
a0104890_10180698.jpg
a0104890_10181634.jpg
8:45~9:00 一ノ越
a0104890_10182679.jpg
山座同定などしながら美しい展望に酔っていました
a0104890_10250716.jpg
a0104890_10251921.jpg
何となく見覚えのある稜線が目に付き少々ズームしてみると
a0104890_10253291.jpg
おぉ、あそこは先月末に歩いたよ~☆
a0104890_10254776.jpg
左の燕岳から表銀座~大天井岳~常念岳の稜線です!
一ノ越では初めて確認できたので、嬉しくて嬉しくて~。

嬉しさのあまり長居してしまいましたが、
縦走は始まったばかりです。雄山へ向かいます。 

少々渋滞気味ですが、小さな子供連れが何組も下りて来るので
登り優先とはいきません。 お陰でやさしい登りができました。

10:00~10:18 雄山  富士山を確認してから軽く昼食
a0104890_10533984.jpg
a0104890_10542448.jpg
雄山を後にすると前方に剱岳の勇姿 右の大汝には人の姿
a0104890_11191286.jpg
近づいて見上げると若者で賑わっています ババは遠慮しました
a0104890_11195674.jpg
10:40 大汝休憩所 通過
a0104890_11202728.jpg
大汝休憩所の後に回ると真砂岳から別山の稜線と奥には剱岳
そして手前の富士ノ折立には、やはり人影が
a0104890_11332329.jpg

10:50 丁度団体さんが登っておられるところで直下では、
     無理をしたくない待機組が座って待っておられました
a0104890_11335683.jpg
ここもスルーしましょう

ここからの景色はいいですよ~ 
でも、時計回りの時は一番しんどい登りです・・・
a0104890_11362553.jpg
振り返ると富士ノ折立への厳しい上りが分かります
a0104890_11380614.jpg

真砂岳に近づくとケルンが多数登場します 雰囲気があるなぁ
a0104890_15064270.jpg
室堂の方へ眼を移すと奥大日岳から大日岳の稜線 親しみを感じるなぁ
a0104890_15062654.jpg
11:33 真砂岳山頂 
a0104890_15150735.jpg
一旦下って別山の登りになりますがこれが結構きつかった!
2年前は感じなかったけどなぁ・・・(>_<)

12:30~12:50 別山 剱岳を眺めながらティタイム
a0104890_15151856.jpg
a0104890_15235961.jpg
別山から剱御前小舎の中間あたりに剱岳のビューポイントがあります
a0104890_15265994.jpg

13:10~13:15  剱御前小舎 トイレ休憩して雷鳥坂を下ります

登って来る人もいたので予定を聞いてみると、
剱沢で泊まり明日は剱岳に登る人が大半でした。お気をつけて!
a0104890_15244252.jpg
カラフルなテント もう少しだ
a0104890_15331886.jpg
浄土橋
a0104890_15333205.jpg
14:15~14:25 雷鳥平 テント場のテーブルをお借りしてティタイム

15:10 室堂ターミナル到着  玉殿の湧水を飲んで終了

   今日の水は冷たくて特別に美味く感じた!

いつもの事ながら登りになるとペースが落ちてしまう。
致し方ないかなぁ・・・。


3年前に時計回りで縦走 ↓







[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-19 15:59 | 登山・ハイキング | Comments(0)
八方尾根 下り
昨日、就寝前にお部屋でストレッチ体操をしました。

その際、
山の達人たちは足指がガーと開く人が多いね。と言うと

開くよ! と、皆さんガーと開いてみせるのです。
a0104890_13025094.jpg
出来ないのは私だけで、開いたのは口! (;一_一)

そこで提案がありました。 
足指を使ってスーパーの袋を順に送っていくのです。
a0104890_13023738.jpg
皆さんスイスイと指渡ししてきます。
私の所で止まってしまうのですが、足裏が攣ってしまいギブアップ!

あぁあ・・・

余談でした~

a0104890_13110516.gif

2日目 8月6日(月)

6:40 準備体操をしてから唐松山荘を出発

7:00 難所を無難に通過して、先ず目指すは丸山です
a0104890_13202582.jpg
7:18 丸山は止まらないで通過 背景の山は高妻山、戸隠山方面
a0104890_13203752.jpg
7:37 扇雪渓 休憩
a0104890_13205130.jpg
足早の下山ですが、お花にもスポットライトを当てないとね
a0104890_13260553.jpg
a0104890_13295779.jpg
a0104890_13321400.jpg

8:12 ダケカンバの登山道
a0104890_13262296.jpg
8:26 往きは尾根道を通りましたが、八方池へ下ります
a0104890_13263546.jpg
a0104890_13421539.jpg
ハクサンシャジンは至る所で見られます

あの高台で休憩しましょう
a0104890_13423070.jpg
物凄い個体数のクガイソウ ビックリです
a0104890_13430982.jpg
景色を眺めながらのんびりと
a0104890_13424824.jpg
8:50 休憩タイム終了

実は、
今回の山行の最大の目的は宴会167.pngではないのですよ!
そんな軽いノリで参加したのではありません。な~んてね (^_-)

八方尾根に生育する固有種 ハッポウタカネセンブリ に
お目にかかることです。

歩き始めてすぐ木道脇に、それらしきお花発見!

あった~あれだー!!! 思わず叫びました。

2ヶ所で写真を撮りまくりましたが、
マイカメラは小さなお花が苦手! 果たして写っているだろうか?
a0104890_14074918.jpg
う~ん・・・

a0104890_14084299.jpg
あかんわ~

a0104890_14091381.jpg
これもダメ!  


切り取ってみました  これで良しとしよう 
a0104890_14145292.jpg
出合えて良かった~☆  目的達成~

9:02 八方ケルン
a0104890_14320226.jpg
9:08 第2ケルン
a0104890_14370753.jpg
第2ケルンを過ぎてから往路と違い
一般の人が歩く木道のルートへ下ります。

キンコウカ 
a0104890_14380068.jpg
a0104890_14383320.jpg
お花の種類を挙げればキリがないのですが、
春の花から秋の花まで多様に咲いていたので嬉しかった!


あ~ら、八方池山荘が見えてきましたよ。 もう終わり?
a0104890_14464007.jpg
この時点では、
例のお花が果たして写っているかどうか不安で、心ここにあらず!
戻ってじっくりと撮り直したい気分でした。

一応アップできたので良かったわ~☆

9:40 登山口の八方池山荘着 山行終了


ゴンドラ山麓駅までおり、八方の湯で汗を流し帰路に着きました。

おわり









[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-07 19:19 | 登山・ハイキング | Comments(0)