竹ちゃん道楽
pcnmitsuko.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
くーちゃんですー。 ..
by honey_mk at 00:20
くーちゃんです ち..
by honey_mk at 00:13
ありがとう!
by honey_mk at 23:20
honey_mkさま ..
by pcnmitsuko at 16:34
くーちゃんです。 ..
by honey_mk at 22:59
かずみさま  きっとか..
by pcnmitsuko at 19:54
mitsukoさん、こん..
by かずみ at 20:41
カズミさま  それなり..
by pcnmitsuko at 10:07
ミツコさん、ご無沙汰して..
by カズミ at 23:03
くーちゃんです(*^-^..
by honey_mk at 23:43
メモ帳
最新のトラックバック
南アルプスの最高峰2座の縦走
from dezire_photo &..
水道橋や円形競技場などロ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
北アルプスで最も美しい山
from dezire_photo &..
秋を感じられる?
from かごの鳥
出戻りさん復活!!
from 仁勢物語
123
from かごの鳥
友達と
from かごの鳥
花と光り
from 智恵子の日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
町内行事
今日は町内恒例のバーベキュー大会です。
毎年8月の最終日曜日に実施されます。

実は、土・日の一泊で朝日岳登山のお誘いがあったのですが
今年は班長なのです。

お世話もしないで遊びに出かけたのでは
不謹慎だと思い諦めました。

しかし町内の方々と汗を流しながらの飲み食いや
大声でのおしゃべりは、身体中の毒気が抜けたようで
スッキリした気分になりました。

お山の爽快さと変わりなかったですよ~☆


バーベキュー会場は、わが愛する公園内にあります。(写真はネットから)
a0104890_15581856.jpg
a0104890_16182729.jpg

近いので殆どの人は歩きですよ! いい運動にもなります。


a0104890_16062830.jpeg

以前と比べスタッフに変化が見られました。
(食べて喋って・・あぁ写真がない!)

スタッフの方はアロハシャツのような涼しげな上着を
着ておられるので何を聞くにも分かり易い。

以前は使った鉄板をきれいに洗って返していました。
何の不満もなく当然だと思っていました。

ただ、あーして、こーしてと結構上から目線の指示でした。

今年はビックリです。 
スタッフが非常に優しく、マメに動かれるのです。

各テーブルごとに、
ごみ袋とヘラ2個がセットされ鉄板(?)もスタッフの方が
洗って下さいます。

ありがたいですね~<(_ _)>

でも、もしかしたら利用者の片付け方が悪くて
二度手間になるのならスタッフでやろう。 かなぁ?

そんな事はないと思いますが、
色々と気遣いして頂き、気分良く楽しく過ごせましたよ~♪

どうぞご利用下さいませ。




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-26 17:11 | 行事・イベント | Comments(0)
体力目安の山Ⅱ
大日岳に友達を案内しました。

軽四の車で称名平の駐車場へ行くには定員一名が限界なのです。
人を乗せようものなら押しても叩いても言う事を聞いてくれません!

馬力が無いんだなぁ。 旦那の車を借りて出かけました。

桂台のゲートは6時前に開き、駐車場で準備をして登山口へ。

6:40 登山口出発
a0104890_22585251.jpg
7:55 牛の首通過

樹林帯を抜けると木道出現
a0104890_22590598.jpg
左側には目指す大日岳
a0104890_22592095.jpg
大日平小屋へ一直線に続く木道 気持ちが良いね
a0104890_23032916.jpg
8:55 ラムサール条約登録湿地の案内 後方は薬師岳
a0104890_22593505.jpg
この辺りが距離的には中間点だそうですが、時間的にはどうかな?
鈍足には全く関係ありません!

a0104890_22594974.jpg
9:00 大日平小屋 15分休憩
a0104890_23332534.jpg
大日岳に向かいま~す
a0104890_23333740.jpg
左に目を移せば大辻山に来拝山かな?
a0104890_23335482.jpg
10:10 最初の水場通過

10:20 この案内板のある水場でゆっくり休憩 
a0104890_23392828.jpg
10:50 一番上の水場通過

時々振り返りながらのんびりと
a0104890_23344940.jpg
a0104890_23343009.jpg
時には左上を眺めたり
a0104890_23483385.jpg
右上を眺めたり
a0104890_23493477.jpg
意味もなく振り返ったり
a0104890_23475155.jpg
11:20 大岩(鏡岩?)通過


そうこうしている内に腹が減ってきました~

11:40 大日小屋の見える登山道にどっかり座りお食事タイム

しっかりと腹ごしらえしてから歩き始めます

12:33 鞍部に到着  

下山者からの情報では、剱岳は拝めないかと思っていたのに
a0104890_00035436.jpg
待っていてくれました~☆
a0104890_00111766.jpg
どうも下りを心配しておられるようなので、ここがタイムリミット!

12:40 大日岳登頂は諦めて下山しましょうね。

13:15 鏡岩通過

13:40 一番上の水場通過

14:00 登りで休憩した水場で10分休憩

15:00 大日平小屋
a0104890_00114707.jpg
持参したお湯が残っていたのでコーヒータイム

いつものインスタントコーヒーなのに特別美味しく感じたよ~

あれあれ、出発しようとしたら雨です。

15:20 急いで上だけ雨具を羽織り歩き始めたのですが、
  空が明るかったので10分程でやみました。良かった良かった。

16:15 牛の首

16:35 猿が馬場 休憩

17:25 登山口着

長丁場でしたが、
ゲートが閉まるまでには充分な時間がありましたね。(^。^)

証明写真撮り忘れたから、又行きましょう。(^_-)-☆



[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-20 23:26 | 登山・ハイキング | Comments(0)
登山体力
自分の登山体力の目安としている山が3つあります。

1つは、立山縦走(時計回りしたり反時計回りしたり)
2つは、室堂から奥大日ピストン
3つは、称名平から大日岳ピストンです。

いづれも単独で行く事ができます。

昨日、8月18日(土)
天気も良さそうなので気まぐれに思い立ち、立山へ行ってきました。

立山ケーブル駅に5時に並んだのですが、
ケーブルは6時30分発の第4便でした。

室堂ではチョコッと考えましたが、反時計回りで決行!
 
 室堂→一ノ越→雄山→大汝山→富士ノ折立→別山→剱御前小舎
→雷鳥坂→新室堂乗越→雷鳥平(テント場)→室堂

7:55 室堂ターミナルを出発し一ノ越へ
a0104890_10180698.jpg
a0104890_10181634.jpg
8:45~9:00 一ノ越
a0104890_10182679.jpg
山座同定などしながら美しい展望に酔っていました
a0104890_10250716.jpg
a0104890_10251921.jpg
何となく見覚えのある稜線が目に付き少々ズームしてみると
a0104890_10253291.jpg
おぉ、あそこは先月末に歩いたよ~☆
a0104890_10254776.jpg
左の燕岳から表銀座~大天井岳~常念岳の稜線です!
一ノ越では初めて確認できたので、嬉しくて嬉しくて~。

嬉しさのあまり長居してしまいましたが、
縦走は始まったばかりです。雄山へ向かいます。 

少々渋滞気味ですが、小さな子供連れが何組も下りて来るので
登り優先とはいきません。 お陰でやさしい登りができました。

10:00~10:18 雄山  富士山を確認してから軽く昼食
a0104890_10533984.jpg
a0104890_10542448.jpg
雄山を後にすると前方に剱岳の勇姿 右の大汝には人の姿
a0104890_11191286.jpg
近づいて見上げると若者で賑わっています ババは遠慮しました
a0104890_11195674.jpg
10:40 大汝休憩所 通過
a0104890_11202728.jpg
大汝休憩所の後に回ると真砂岳から別山の稜線と奥には剱岳
そして手前の富士ノ折立には、やはり人影が
a0104890_11332329.jpg

10:50 丁度団体さんが登っておられるところで直下では、
     無理をしたくない待機組が座って待っておられました
a0104890_11335683.jpg
ここもスルーしましょう

ここからの景色はいいですよ~ 
でも、時計回りの時は一番しんどい登りです・・・
a0104890_11362553.jpg
振り返ると富士ノ折立への厳しい上りが分かります
a0104890_11380614.jpg

真砂岳に近づくとケルンが多数登場します 雰囲気があるなぁ
a0104890_15064270.jpg
室堂の方へ眼を移すと奥大日岳から大日岳の稜線 親しみを感じるなぁ
a0104890_15062654.jpg
11:33 真砂岳山頂 
a0104890_15150735.jpg
一旦下って別山の登りになりますがこれが結構きつかった!
2年前は感じなかったけどなぁ・・・(>_<)

12:30~12:50 別山 剱岳を眺めながらティタイム
a0104890_15151856.jpg
a0104890_15235961.jpg
別山から剱御前小舎の中間あたりに剱岳のビューポイントがあります
a0104890_15265994.jpg

13:10~13:15  剱御前小舎 トイレ休憩して雷鳥坂を下ります

登って来る人もいたので予定を聞いてみると、
剱沢で泊まり明日は剱岳に登る人が大半でした。お気をつけて!
a0104890_15244252.jpg
カラフルなテント もう少しだ
a0104890_15331886.jpg
浄土橋
a0104890_15333205.jpg
14:15~14:25 雷鳥平 テント場のテーブルをお借りしてティタイム

15:10 室堂ターミナル到着  玉殿の湧水を飲んで終了

   今日の水は冷たくて特別に美味く感じた!

いつもの事ながら登りになるとペースが落ちてしまう。
致し方ないかなぁ・・・。


3年前に時計回りで縦走 ↓







[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-19 15:59 | 登山・ハイキング | Comments(0)
手抜き
歳を重ねるにつれて調理法が変わってきました!


たとえば 『焼きナス』 の進化(?)です。

1) 最初は名前の通り、ナスを直火orグリルで焼き
   皮をむいて味付けしていたのです。

これは香ばしくて実に美味しい! これが本命なのだが・・・

a0104890_19443344.jpg

Ⅱ) 次にナスを1個づつラップで包み、チンしてから皮をむく。

1個1個ラップして2~3個まとめてチン。結構手間がかかるんだなぁ。


Ⅲ) 最近やり始めたのが、
   初めから皮をむき、大きいのは半分に切ってラップをかけてチン。

a0104890_19444437.jpg
出来上がった物から出し汁に漬けこんでいけば良い。
急いでいる時は最強の味方だ!


しかし、焼いた時の特有な香りが漂ってこない。
風味というか何かが足りない様に感じるが、それでも美味しく食べられる。


手抜き=進化 なのだ~! (^_-)-☆


[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-16 20:28 | 食べ物 | Comments(0)
お経
個人山行の予定でしたが、
大気が不安定なので延期にしました。

そこで娘家族と墓参りです。

先ずは本家のお墓へ。
a0104890_20294333.jpg
お寺の境内にあるので、
お布施を包んでお経を唱えてもらいます。
a0104890_20301778.jpg
このお布施ですが、結婚当初から変わらず3000円!  
二男坊の分家でですよ。

今考えて見ると、当時の給料ではデッカイ金額だったのだ~・・・。

しかし、義父のお達しだったので何も違和感ありませんでした。
昔は純情だったのねぇ。(^◇^)  懐かしいわ~!


次に自分の実家のお墓へ。 

公営の墓地なので、お寺さんはいません。

しかし、我が家には二人の子坊主が居てお経をあげてくれます。
a0104890_21174186.jpg
ありがたいですよ~☆

二人には 『お寺さんありがとうございました』と
謹んで封筒を手渡しました。

お兄ちゃんはにんまり、弟は小遣い増えた~と嬉しそう。


子坊主さん、いつもいつもお経をあげてくれて
ありがとうね。




[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-12 21:37 | 家族 | Comments(0)
八方尾根 下り
昨日、就寝前にお部屋でストレッチ体操をしました。

その際、
山の達人たちは足指がガーと開く人が多いね。と言うと

開くよ! と、皆さんガーと開いてみせるのです。
a0104890_13025094.jpg
出来ないのは私だけで、開いたのは口! (;一_一)

そこで提案がありました。 
足指を使ってスーパーの袋を順に送っていくのです。
a0104890_13023738.jpg
皆さんスイスイと指渡ししてきます。
私の所で止まってしまうのですが、足裏が攣ってしまいギブアップ!

あぁあ・・・

余談でした~

a0104890_13110516.gif

2日目 8月6日(月)

6:40 準備体操をしてから唐松山荘を出発

7:00 難所を無難に通過して、先ず目指すは丸山です
a0104890_13202582.jpg
7:18 丸山は止まらないで通過 背景の山は高妻山、戸隠山方面
a0104890_13203752.jpg
7:37 扇雪渓 休憩
a0104890_13205130.jpg
足早の下山ですが、お花にもスポットライトを当てないとね
a0104890_13260553.jpg
a0104890_13295779.jpg
a0104890_13321400.jpg

8:12 ダケカンバの登山道
a0104890_13262296.jpg
8:26 往きは尾根道を通りましたが、八方池へ下ります
a0104890_13263546.jpg
a0104890_13421539.jpg
ハクサンシャジンは至る所で見られます

あの高台で休憩しましょう
a0104890_13423070.jpg
物凄い個体数のクガイソウ ビックリです
a0104890_13430982.jpg
景色を眺めながらのんびりと
a0104890_13424824.jpg
8:50 休憩タイム終了

実は、
今回の山行の最大の目的は宴会167.pngではないのですよ!
そんな軽いノリで参加したのではありません。な~んてね (^_-)

八方尾根に生育する固有種 ハッポウタカネセンブリ に
お目にかかることです。

歩き始めてすぐ木道脇に、それらしきお花発見!

あった~あれだー!!! 思わず叫びました。

2ヶ所で写真を撮りまくりましたが、
マイカメラは小さなお花が苦手! 果たして写っているだろうか?
a0104890_14074918.jpg
う~ん・・・

a0104890_14084299.jpg
あかんわ~

a0104890_14091381.jpg
これもダメ!  


切り取ってみました  これで良しとしよう 
a0104890_14145292.jpg
出合えて良かった~☆  目的達成~

9:02 八方ケルン
a0104890_14320226.jpg
9:08 第2ケルン
a0104890_14370753.jpg
第2ケルンを過ぎてから往路と違い
一般の人が歩く木道のルートへ下ります。

キンコウカ 
a0104890_14380068.jpg
a0104890_14383320.jpg
お花の種類を挙げればキリがないのですが、
春の花から秋の花まで多様に咲いていたので嬉しかった!


あ~ら、八方池山荘が見えてきましたよ。 もう終わり?
a0104890_14464007.jpg
この時点では、
例のお花が果たして写っているかどうか不安で、心ここにあらず!
戻ってじっくりと撮り直したい気分でした。

一応アップできたので良かったわ~☆

9:40 登山口の八方池山荘着 山行終了


ゴンドラ山麓駅までおり、八方の湯で汗を流し帰路に着きました。

おわり









[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-07 19:19 | 登山・ハイキング | Comments(0)
トレッキング&山登り 八方尾根登り
8月5日(日)~8月6日(月)
長野県白馬村にある唐松岳へ1泊で行ってきました。

1日目

八方尾根スキー場のゴンドラに乗り
a0104890_20223117.jpg
2本のリフトを乗り継いで
a0104890_20225940.jpg
八方池山荘前に(1830m)
a0104890_20224120.jpg
山荘前からは鹿島槍ケ岳、五龍岳を望む事が出来ます
a0104890_20415865.jpg
9:40 八方池までのトレッキング客も多い中、出発

山荘を振り返る
a0104890_20421854.jpg
9:58 八方山(1974m)の三角点と第1ケルン
a0104890_20473687.jpg
もう少し進めば白馬岳が拝めるぞ~
a0104890_20475595.jpg


10:10 第2ケルン(2005m)
a0104890_20510748.jpg
10:16 八方ケルン(2035m) でかくて顔みたいだなぁ
a0104890_20553145.jpg
唐松岳~不帰ノ嶮Ⅲ峰、Ⅱ峰、Ⅰ峰~天狗の頭
a0104890_20561215.jpg
天狗の頭~白馬鑓ケ岳 杓子岳や白馬岳には雲が・・・

a0104890_20562724.jpg
10:33 八方池 第3ケルン(2080m)
a0104890_21103466.jpg
a0104890_21104537.jpg
残念ながら山は映っていませんが、それでもいい眺めだね~

お花も花盛り! 
多くのお花に出合いましたが後続に迷惑がかかるのでほんのわずかだけ

だって全部載せるとなると、きりがないほど多くの種類でした~!

ハクサンシャジンとミヤマトウキ  
a0104890_21472219.jpg
タテヤマウツボグサとシモツケソウ
a0104890_21460319.jpg
八方池を眺めながら昼食

八方池から登山らしくなります 登山道は石や岩のごろごろ道ですが
樹林帯に入るとダケカンバの樺帯
a0104890_21512504.jpg
11:47 扇雪渓(2320m)ですが帰りに寄る事にしてスルーし尾根道へ
a0104890_22124276.jpg
12:20~12:50 丸山(2420m) お山を眺めながらゆっくりと休憩
a0104890_22164444.jpg

a0104890_23152563.jpg

13:30 唐松岳山荘直下 

    巻き道は崩壊し通行止めなのでルートは尾根道に変更

この道で、登山常識を覆すような現象が・・・

  13:30 過ぎると下り優先!!!  になるのですよ

すれ違い出来ないので、下山者が多い時間帯なんでしょうね

a0104890_22403550.jpg
a0104890_22402098.jpg
13:43 唐松岳山荘着(2610m)  
    小屋前では唐松岳を眺めながら宴会しているようです
a0104890_22255210.jpg
14:00 受け付けを済ませてから空身で山頂へ

14:18~14:35 唐松岳山頂(2696m)


a0104890_22471393.jpg

剱岳、立山を望む事が来ます

a0104890_22472997.jpg
小屋へ戻りま~す
a0104890_22474328.jpg
トウヤクリンドウとコマクサ
a0104890_22521209.jpg
小屋へ戻り部屋を確認してから、夕食前の宴会です。
小屋泊まりの楽しみは何と言っても宴会167.pngと楽しいおしゃべりです。
満足満足125.pngでした~♪

八方尾根はお花と展望が良くて魅力的でしたよ~☆

つづく








[PR]
by pcnmitsuko | 2018-08-06 23:19 | 登山・ハイキング | Comments(0)